1

真眼の魔技師と太古の魔導書

 かつて『科学技術』の栄えた世界は滅び、『魔法技術』の世界が出来た。    その世界で生きる遠野レンは『魔法世界』では落ちこぼれであった。何故ならば普通の魔法が扱えないから。彼の眼は普通の人に見えない『本来の魔法式』を映し出している。   それ故に自分以外の者が使っている魔法式との間に齟齬が発生してしまう。そのせいか進級に必要な魔法を使えず、既に留年。    それでも彼は義姉や、元気な後輩(今は同級生)と楽しく毎日を過ごしていた。―――そんなある日。学校に一人の『魔技師』の少女がやってくる。少女との出会いから彼の物語は始まる。
24hポイント 71pt
小説 2,146 位 / 17,414件 ファンタジー 908 位 / 6,419件
文字数 48,566 最終更新日 2017.04.13 登録日 2017.03.17
1