紅柄ねこ(Bengara Neko)

紅柄ねこ(Bengara Neko) (著者名:紅柄ねこ)

【長編を執筆中、ある程度書き次第投稿していきます】 皆さま、見てくださいましてありがとうございます。 少しでも面白いと思っていただける作品作りを、そして皆様からの意見や感想をお待ちしております。
9
【さまざまなキャラクターの視点から、次第に明らかになっていく過去と、これからを繋ぐ剣と魔法のストーリー  というのを書きたかったので慣れていないこともあり読みづらかったらごめんなさい。  話の途中で過去の話が入るのもわざとです】 「どいてろ小娘っ!」  雨の降り滴る木々の中、革の装備に身を包んだ男たちが剣を漆黒の翼を持つ魔物に向けている。 「痛っ……ち、違うの!  その子たちはっ!」  押しのけられ、近くの木に身をぶつけながら女は叫ぶ。  しかし、無情にもそれは雨音にかき消され、男の握る剣は魔物へと突き立てられる。  悲痛な叫び声が聞こえ、なおも男たちはその手を止めようとはしない。 「核だっ! 核を破壊すれば魔物は倒せるっ!」  ボロ布を身に纏った見たことのない魔物。  全身を鱗に覆われ、角を生やし、また羽を持つものもいる。  未知の魔物となれば、始末できる時にしてしまうべきだ。  そう判断した町の者たちは一斉に山狩りを行ったのだ。  ボロ布は剥ぎ取られ、小型の魔物の胸には丸く青みがかった核が現れた。 「や、やめてっ!」  どうにか身を起こし、女は魔物の元へと向かう。  ……が、一歩及ばない。  剣先を突き立てられた核は、まるでガラス玉のように砕け散る。   「あっちにもいたぞっ!  2匹だっ!」 「おうっ、見失うなよっ!」  男たちは女と魔物を放置して先へ向かう。 「お願い……やめて……」  魔物の亡骸を抱き、泣き崩れる女であった。  ……時は過ぎ。  魔物と冒険者の棲まう世界カルディナ。  その冒険者たちと、魔物の素材を扱う職人たち、そして間を取り持つ職員が集う商業組合。  町でもっとも大きく背の高い建築物はギルドと呼ばれ、近くの村からやってくる者たちの道標ともなっている。  パティの愛称で呼ばれる少女。  いつからかそのギルドの最上階、町の外まで見渡せる物見部屋に棲みついた少女は、今もまた一人で魔物の素材に向き合っている。  少女たちは一体何を思うのか。 【剣と魔物と魔道具の世界、そこで暮らすパテマと若き冒険者シンをとりまく世界のお話】
24hポイント 0pt
小説 111,073 位 / 111,073件 ファンタジー 28,921 位 / 28,921件
文字数 139,449 最終更新日 2021.02.24 登録日 2020.12.16
《物見の塔の〜を投稿中ですが、気晴らしに書いています。》 「はぁ……チート能力ですか?」 「そうそう!  転生っていったらスキル取り放題とかハーレムでウハウハとか、強い魔物が仲間になったりとかあるじゃん!」 「いや、たしかに貴方の思うようなファンタジーに近い世界ではありますが。  そのような能力を個人的に授けるなど……」  天界、それは死者が見たただの夢だったのかもしれない。  目の前に女神が存在し、剣と魔法の世界へ旅立てる……  そんなことが起きるはずもない。  そう思っていた一斗であったが、実際に目の前にしては興奮せざるを得なかった。 「そこをどうにかっ!  こんな機会逃してしまったら、俺はもう悔やんでも悔やみきれねぇっ!」 「し……仕方ないですね。  私が持つのは世界をつなぐ力。  与えることは無理ですが、一部を貸し与えることならできます……」 「本当ですかっ!」 「ちゃんと毎月返済を……」 「借りますっ! 貸してくださいっ!」  この時の俺は逃すまいと焦っていた。  女神が言いたかったのはいわゆる利子のことだったのだ。  借りるからには色をつけて返さねばならない。  その額たるや月に50000ゴールド。  しかも転生してから気付かされたことだが、返済が滞れば即時魂が喰われるのだそうだ。  能力は魂に定着してしまう故に、取り立てはこうする他ないのだと書かれていた…… 「ま……マジかよ……」  最初の5年は猶予ありとは追記されていたものの、まさか0歳スタートでこれはないだろう……  俺の転生生活は、いきなり窮地に立たされることとなってしまったのだった……
24hポイント 7pt
小説 28,039 位 / 111,073件 ファンタジー 5,415 位 / 28,921件
文字数 41,873 最終更新日 2021.01.27 登録日 2020.12.31
 レベルも上がらない、魔法も使えない。  それに加えて装備の適性なんて全くない。  そんな【遊び人】という『大外れ最低最悪ジョブ』が、よりにもよって俺ラグナに授けられた。  しかしそれは、誰もが知らない『最上位職』であったのかもしれない。  死んだことにされギルドカードは紙切れとなった。  そんなラグナが獣人の少女と共に街を捨て、近くの森で自由気ままに生活するほのぼのストーリー。
24hポイント 7pt
小説 28,039 位 / 111,073件 ファンタジー 5,415 位 / 28,921件
文字数 38,088 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.08.23
ファンタジー 連載中 長編 R15
 15歳ですべての者に授けられる【スキル】、それはこの世界で生活する為に必要なものであった。  世界は魔物が多く闊歩しており、それによって多くの命が奪われていたのだ。  ある者は強力な剣技を。またある者は有用な生産スキルを得て、生活のためにそれらを使いこなしていたのだった。  エメル村で生まれた少年『セン』もまた、15歳になり、スキルを授かった。  冒険者を夢見つつも、まだ村を出るには早いかと、センは村の周囲で採取依頼をこなしていた。
24hポイント 28pt
小説 17,669 位 / 111,073件 ファンタジー 3,185 位 / 28,921件
文字数 634,954 最終更新日 2020.08.25 登録日 2018.12.29
 不思議なことにゲーム世界に迷い込んだ。  私のキャラクターはサブアカウントで作ったネタキャラだが、これで生きていかなくてはいけないの?  キャラクターネームは『ミルフィーユ』15歳くらいの可愛い女の子ぉ……なのに初期装備は可愛くない……  趣味のお菓子作りに振り切ったキャラクターで、私は冒険者として生きることになってしまった。  ニホンモモンガの『ポーチ』と共に森を山を。  双剣使いの『フラン』がお店で居眠りを?  現実となったゲーム世界は、どこか不思議なスキルに満ち溢れた世界。  ゲーム好きの少女が降り立ったVRではない場所は、冒険と人情に溢れていた?
24hポイント 14pt
小説 23,731 位 / 111,073件 ファンタジー 4,259 位 / 28,921件
文字数 40,921 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.03
 強力なスキルを貰って、異世界に召喚されたクロウの第二の人生がここに始まる。 「んっ……また抱きついて……ったく」  小さな小動物みたいな獣人エゾリス族のヤエは、まだ子供である少年の眠る布団に潜り込んでいた。  先日はハーフビーストのサクアが下着姿で寝ていたし、一体何が目的だよ……  長いエゾリス族の耳がピコピコ動いている。  すでに起きているのに、まだ寝たフリか…… 「いい加減にしろよ、ヤエっ!」 「ピエッ⁈」  全くもう……大人しくしていれば可愛らしいのに……  まぁ……それでも可愛いけどさ…… 〜獣人たちに出会う15年前〜  就活生『三波 烏(クロウ)』は25歳であった。  名前のせいか、面接官の印象もあまり良くないようだ。  今日も就活後には近所のファミレスで、何か資格を取ろうかとパンフレットを読んでいた。  これまでも何かの役に立つかと思って、勉強はしてきた。  実際には働いてからでないと取得できないものもあって、時間を無駄にしてきたかもしれない。  だが、そんな無駄よりも、もっともっと俺の人生が無駄になる事件が起きてしまったのだ。  転生先は剣と魔法の世界だった。  しかし、三波クロウのもらったスキルは『ドリンクバー(スープ・サラダ付き)』だった。  これは……さすがに。  異世界から来たものだから、クロウには魔法は使えなかったのだ。  このスキルだけで、魔物の蔓延る異世界を生き抜くことができるのか???
24hポイント 14pt
小説 23,731 位 / 111,073件 ファンタジー 4,259 位 / 28,921件
文字数 148,222 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.04.24
『まるで異世界のようなゲーム世界で、第二の人生を楽しむおっさん』  虐められていた高校生時代、さらには大学には行かずに引きこもった男『松風 神(じん)』  就活はしたものの、幾度も面接で失敗し、挙句には『ぷっ……雷神は来ていないのかね?』なんて名前で小馬鹿にされるものだから諦めてしまっていた。  ある日、自宅に届いた俺宛の小包には、【デイズフロント-オンライン】そしてそれが当たったらしい言葉が綴られた手紙が一つ。  そんなものに応募した覚えは無いし、そもそも聞いたことの無いゲームであった。 「まぁいい……どうせ暇だったしな。  試しにプレイしてやるとするか……」  いたずらにしては金がかかり過ぎている。  本体同梱の『フルダイブ型MMORPG』 まともに購入したら一体いくらかかるのか……  そしてこのゲームとの出会いが、俺の人生をガラッと変えてしまうのだった。
24hポイント 0pt
小説 111,073 位 / 111,073件 ファンタジー 28,921 位 / 28,921件
文字数 80,319 最終更新日 2020.03.28 登録日 2020.03.28
【更新をやめております。外部URLの作品3章から読み直していただければ一応完結までお読みいただけます】 https://ncode.syosetu.com/n1436fa/ アウロス暦1280年、この世界は大きな二つの勢力に分かれこの後20年に渡る長き戦の時代へと移っていった リチャード=アウロス国王率いる王国騎士団、周辺の多種族を率いて大帝国を名乗っていた帝国軍 長き戦は、皇帝ジークフリードが崩御されたことにより決着がつき 後に帝国に組していた複数の種族がその種を絶やすことになっていった アウロス暦1400年、長き戦から100年の月日が流れ 世界はサルヴァン=アウロス国王に統治され、魔物達の闊歩するこの世界は複数のダンジョンと冒険者ギルドによって均衡が保たれていた
24hポイント 28pt
小説 17,669 位 / 111,073件 ファンタジー 3,185 位 / 28,921件
文字数 164,046 最終更新日 2018.12.19 登録日 2018.11.24
3章からお話が違っております。 こちらで書き直そうと思い、色々と考えていたのですが、悩んだ挙句なろうの公開版をそのまま置くことにしました。 ラストは色々と諸事情により打ち切りのように終わっておりますが、すっきり終わりたい方向けに途中で区切りも設けております。 ラストはグダグダですのでご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 19,948 位 / 19,948件 ファンタジー 8,002 位 / 8,002件
登録日 2019.01.27
9