結城れんり

結城れんり

4
私には、2人の幼馴染がいる。一人は正直言ってキモい。すきあらばセクハラしようとしてくる。もう一人ははっきり言ってウザい。病んでるような発言ばっかり。そんな2人が常にまとわりついてくるおかげで、私は彼氏ができたことがない。親友は高校でやっとできたのだけれども。「突然だけど、付き合ってくれない?」そう学園の王子から言われたときは、こいつも頭とち狂ってるのかと思った。…案の定頭がおかしかったようで、「世界を救うことに、付き合ってくれないかい?」って言われたときには、正直寒気がした。
24hポイント 0pt
小説 59,040 位 / 59,040件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 15,023 最終更新日 2018.03.01 登録日 2017.08.26
恋愛 連載中 長編
お隣にすんでいる私の幼馴染、堀出真。 彼はイケメンで人格者で運動神経抜群なリア充である。 ……頭は少々悪いが。 そんな脳筋リア充王は、なぜか私……深神なずなのことがお気に入り…… 「なずちゃーん!好き好き好き!!」 いや、こいつただの犬だわ。
24hポイント 7pt
小説 16,749 位 / 59,040件 恋愛 5,720 位 / 14,246件
文字数 13,630 最終更新日 2018.02.24 登録日 2017.12.22
恋愛 連載中 長編
―――拝啓、勇者様。           あなたは今、どこで何をしていますか? 前世の記憶を持ったまま生まれた「元賢者」のリリー。 私立の“鳳学園中等部魔法科”にはいったことにより、前世の記憶が鮮明になったりならなかったり……。
24hポイント 7pt
小説 16,749 位 / 59,040件 恋愛 5,720 位 / 14,246件
文字数 2,125 最終更新日 2017.06.28 登録日 2017.03.14
恋愛 連載中 長編
「あなたには、きっと、分かりませんよ……?」 そういって、顔を背けた私。 「……そっか」 私の言葉に、傷ついたような表情の彼。 「だからもう、近づかないでください」 私は笑顔で言い放つ。 「……ごめんね」 足音が遠ざかる。 どうして。 どうしてこんなこといわなければならないの? 誰もいなくなった部屋の中、泣きながら自分に問いかけた。
24hポイント 0pt
小説 59,040 位 / 59,040件 恋愛 14,246 位 / 14,246件
文字数 3,261 最終更新日 2017.05.16 登録日 2017.05.12
4