兼永

兼永

兼永(かねなが)です。マイペースに書きたいものを書いております。
6
「わすれないでね、 わたしの言葉を」 暖かな春に憧れた雪の花は 己が枯れ落ちる運命を知りながらも 最後まで、願い続けた―― これは緑に抱かれた町を見守り続けた、丘の上に咲く、わたしと「あなた」の記憶を繋げる物語。
24hポイント 0pt
小説 140,758 位 / 140,758件 ライト文芸 6,050 位 / 6,050件
文字数 93,546 最終更新日 2022.04.10 登録日 2019.02.13
緑丘工場火災。 それは、 深夜の緑丘市 寝静まった町で突如として起こった 日本史上最悪の薬品工場火災。 死者四名、 重傷者二十八名、 軽症者七十六名。 死者四名。 工場内部の爆発源に居た工場員三名と医師一名。 医師一名。 この医師は何故、 工場火災の現場と邂逅したのだろう。 火災から二十年後に明かされる真実。 医師一名。 その医師の名は、神谷優輝。
24hポイント 28pt
小説 21,561 位 / 140,758件 ライト文芸 388 位 / 6,050件
文字数 28,858 最終更新日 2022.04.09 登録日 2022.03.27
緑に抱かれた丘が見守る町、緑丘市の中核をなす星辰医科大学には、死神と戦う者達が存在する。 彼らはあらゆる知識、技術を以って ひとつでも多くの命を繋ぎ止める。 今日もこの病院では様々な物語が生まれるーー
24hポイント 0pt
小説 140,758 位 / 140,758件 ライト文芸 6,050 位 / 6,050件
文字数 119,143 最終更新日 2022.02.19 登録日 2019.02.12
怪異なる四人の噺家が紡ぐ 奇異なる物語。 龍神ダムで多発する行方不明者。 一番最初の行方不明者である「鏡いなり」は、 とある者達から「あかず」と呼ばれ、 恐れられ、 慕われる謎に包まれた少女であった。 「花は鳥と踊り風吹き月に沈む」 古の巫女が紡いだ言霊。 巫女に絶対的な忠誠を誓う怪異なる噺家達。 怪異なる噺家は、 鏡いなりを「次なるあかず」と呼び、 人が都市伝説として創り上げた異界の深淵に閉じ込めた。 次なるあかずを救う宿命を持つ青年、 獅童千里は、鏡いなりの軌跡を辿りながら、 古の巫女…… あかずの真意に迫る。 怪異噺あかず
24hポイント 0pt
小説 140,758 位 / 140,758件 キャラ文芸 3,377 位 / 3,377件
文字数 89,040 最終更新日 2022.01.23 登録日 2021.01.03
星辰医科大学付属病院で命を救われた青年『 磯谷直哉』は、 尊敬する不器用な医師『貝塚真緒』に命のバトンを繋ぐ為、 救命士になる道を選択した。 緑に抱かれる丘は、静かに刻まれる命のカウントダウンを優しく見守り続けた。 「The Last 100 day」
24hポイント 28pt
小説 21,561 位 / 140,758件 ライト文芸 388 位 / 6,050件
文字数 126,539 最終更新日 2021.07.21 登録日 2019.03.03
緑の丘から町を見守る天使は その町に生きる者を 哀しい運命から回避させる為に ほんの少し悪戯をして あたたかな道へと導く 人々は己の身に起こった不思議な出来事を 「奇跡」と呼んだ。 その奇跡が誰の手によって起こされているかを 知る者は、居ない。
24hポイント 0pt
小説 140,758 位 / 140,758件 ライト文芸 6,050 位 / 6,050件
文字数 35,468 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.02.17
6