岡崎 剛柔(おかざき・ごうじゅう)

岡崎 剛柔(おかざき・ごうじゅう)

岡崎 剛柔(おかざき・ごうじゅう)と申します。 異能力バトルや現実の武術、格闘技の描写を使った小説を書いています。
6
「ケンシン、てめえは今日限りでクビだ! このパーティーから出て行け!」  ある日、空手家兼サポーターのケンシンは勇者のキースにそう言われて勇者パーティーをクビになってしまう。  そんなケンシンをクビにした理由は魔力が0の魔抜けだったことと、パーティーに何の恩恵も与えない意味不明なスキル持ちだったこと。  そしてケンシンが戦闘をしない空手家で無能だったからという理由だった。  ケンシンは理不尽だと思いながらも、勇者パーティーになってから人格が変わってしまったメンバーのことを哀れに思い、余計な言い訳をせずに大人しく追放された。  しかし、勇者であるキースたちは知らなかった。  自分たちがSランクの冒険者となり、国王から勇者パーティーとして認定された裏には、人知れずメンバーたちのために尽力していたケンシンの努力があったことに。  それだけではなく、実は縁の下の力持ち的存在だったケンシンを強引に追放したことで、キースたち勇者パーティーはこれまで味わったことのない屈辱と挫折、そして没落を経験していくこととなる。  一方のケンシンは勇者パーティーから追放されたことで自由の身になり、国の歴史を変えるほどの戦いで真の実力を発揮することにより英雄として成り上がっていく。  その途中においてケンシンは自分しか使えない継承スキル【神の武道場】を使い、王女(おうじょ)、漢女(おとめ)、聖女(せいじょ)を自分の弟子として鍛え上げることで、一人の空手家としても大きく成長することとなる。  これは後世において【大拳聖(だいけんせい)】と呼ばれた空手家と、その空手家を最後まで支えた【三拳姫(さんけんき)】と呼ばれた三人の女性の若き日の物語――。 【親愛なる読者様へのお知らせ】 ※勇者サイドの話は基本的に【ざまぁ】の前ふりか【ざまぁ】シーンになっています。 ※この作品は小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています
24hポイント 71pt
小説 11,943 位 / 144,012件 ファンタジー 2,079 位 / 34,650件
文字数 298,051 最終更新日 2022.06.19 登録日 2022.01.28
 ※あらすじの最後に読者さまへの大切なお知らせがあります 【あらすじ】 「龍信、貴様は今日限りで解雇だ。この屋敷から出ていけ」  孫龍信(そん・りゅうしん)にそう告げたのは、先代当主の弟の孫笑山(そん・しょうざん)だった。  数年前に先代当主とその息子を盗賊団たちの魔の手から救った龍信は、自分の名前と道士であること以外の記憶を無くしていたにもかかわらず、大富豪の孫家の屋敷に食客として迎え入れられていた。  それは人柄だけでなく、常人をはるかに超える武術の腕前ゆえにであった。  ところが先代当主とその息子が事故で亡くなったことにより、龍信はこの屋敷に置いておく理由は無いと新たに当主となった笑山に追放されてしまう。  その後、野良道士となった龍信は異国からきた金毛剣女ことアリシアと出会うことで人生が一変する。  とある目的のためにこの華秦国へとやってきたアリシア。  そんなアリシアの道士としての試験に付き添ったりすることで、龍信はアリシアの正体やこの国に来た理由を知って感銘を受け、その目的を達成させるために龍信はアリシアと一緒に旅をすることを決意する。  またアリシアと出会ったことで龍信も自分の記憶を取り戻し、自分の長剣が普通の剣ではないことと、自分自身もまた普通の人間ではないことを思い出す。  そして龍信とアリシアは旅先で薬士の春花も仲間に加え、様々な人間に感謝されるような行動をする反面、悪意ある人間からの妨害なども受けるが、それらの人物はすべて相応の報いを受けることとなる。  笑山もまた同じだった。  それどころか自分の欲望のために龍信を屋敷から追放した笑山は、落ちぶれるどころか人間として最悪の末路を辿ることとなる。  一方の龍信はアリシアのこの国に来た目的に心から協力することで、巡り巡って皇帝にすらも認められるほど成り上がっていく。  中華風・追放ざまぁ活劇、ここに大開幕!! 【読者さまへの大切なおしらせ】  ①この物語は全67話で完結いたします。  ②全67話はすべて書き上げてありますので〝絶対にエタりません〟。  ③この物語はガチの中華武侠小説ではありませんので、肩肘を張らずにお楽しみください。  ④この作品は小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています。  ⑤R-15ありは保険としてつけてあります。  
24hポイント 21pt
小説 22,849 位 / 144,012件 ファンタジー 3,729 位 / 34,650件
文字数 238,025 最終更新日 2022.05.03 登録日 2022.04.21
 男爵令嬢であるマイア・シュミナールこと私は、招待された王家主催の晩餐会で何度目かの〝公衆の面前での婚約破棄〟を目撃してしまう。  公衆の面前での婚約破棄をしたのは、女好きと噂される伯爵家の長男であるリチャードさま。  一方、婚約を高らかに破棄されたのは子爵家の令嬢であるリリシアさんだった。  私は恥以外の何物でもない公衆の面前での婚約破棄を、私の隣にいた幼馴染であり恋人であったリヒトと一緒に傍観していた。  私とリヒトもすでに婚約を済ませている間柄なのだ。  そして私たちは、最初こそ2人で婚約破棄に対する様々な意見を言い合った。  婚約破棄は当人同士以上に家や教会が絡んでくるから、軽々しく口にするようなことではないなどと。  ましてや、公衆の面前で婚約を破棄する宣言をするなど茶番か悲劇だとも。  しかし、やがてリヒトの口からこんな言葉が紡がれた。 「なあ、マイア。ここで俺が君との婚約を破棄すると言ったらどうする?」  そんな彼に私が伝えた返事とは……。
24hポイント 35pt
小説 17,786 位 / 144,012件 恋愛 8,198 位 / 44,951件
文字数 7,660 最終更新日 2022.03.27 登録日 2022.03.27
 俺ことテリー・ダマスカスは一仕事を終えたあとに、今まで一緒に闘ってきた幼馴染であり仲間であり恋人であったアリスにこう言った。 「アリス、悪いが今日で君はこのパーティーから抜けて貰う。正直なところ、君の実力では今後も俺たちのパーティーでやっていくことは難しいだろう。このままだと君は確実に大怪我するか、最悪だと死に至るかもしれない」  これは本心であり本音ではなかった。  それでも俺は今後の自分たちのためにも伝えるしかなかった。 「……うん、分かったよ。そうだよね。これ以上、足手まといの私がいたら皆の迷惑だもん。ごめんね、テリー。今までずっと嫌だったんだよね?」  アリスは俺に対して怒りもせずに、俺と僧侶のマイアを見て「お幸せにね」と薄っすらと涙を浮かべた笑みとともにパーティーから抜けた。  そして、これは2週間前にパーティーに入ってきた僧侶マイアに提案されたことだった。  アリスがこれからもっと危険な目に|遭《あ》う前に辞めさせるべきだと。  Aランク冒険者となり勇者パーティー候補となった【飛竜の牙】の中で、アリスだけがCランクを超えるほどレベルが上がらず、この国では珍しく魔法が使えない体質だったからだ。  それでも俺は一向に構わなかった。  俺が頑張ってアリスを守ればいいのだと。  そう、今の恋人であるマイアに提案される前までは……。  だが、このときの俺は知らなかった。  アリスを追放したことが俺の破滅に向かう大きな一歩だったことと、愛くるしかったマイアという女の本性が別にあったことに――。  これは自分勝手な理由で恋人と別れたことによって、後悔と絶望と懺悔する男の物語。  全5話構成となっており、初めて恋愛系の作品を書いてみました。  あたたかい目で読んでいただけると幸いです。
24hポイント 63pt
小説 12,690 位 / 144,012件 恋愛 6,053 位 / 44,951件
文字数 8,982 最終更新日 2022.02.20 登録日 2022.02.20
「グレン、お前はクビだ! この勇者パーティーから出て行け!」  ある日、荷物持ちのグレンは勇者であるアレスにクビを言い渡される。  理由は荷物持ちのくせに、満足な働きができなかったからだった。  くそっ、俺は頑張って荷物持ちをしてきたんだぞ。  などと思っても遅かった。  余計なことを言ったことで殺されそうになったグレンは、家に帰るなり元大賢者の母親に事情を話す。 「はあ? いきなりクビでパーティーから追放ってどういうことやねん!」  事情を知った元大賢者の母親は怒り狂い、グレンを連れて冒険者ギルドへと向かう。  その後、元大賢者の母親による冒険者ギルドでのカチコミが行われることとなる。  当然ながら単なる荷物持ちだったグレンは、事の成り行きを盛大に心の中でツッコみ続けた。  やがてすべてが終わったとき、なぜかグレンは冒険者たちの神と呼ばれる存在になってしまう。  これは後世において、魔王を倒した荷物持ちの物語?
24hポイント 42pt
小説 15,864 位 / 144,012件 ファンタジー 2,705 位 / 34,650件
文字数 10,203 最終更新日 2022.01.27 登録日 2022.01.27
 日本史上において剣聖と呼ばれた男がいた。  その男の名は宮本武蔵。  あるとき武蔵は天から降り注ぐ光の滝に飲まれてしまい、気がつけば現代の高校生たちと一緒に魔法や魔物が存在する異世界へと召喚されてしまう。  そこで武蔵は異世界を救う〈勇者の卵〉として迎えられるはずだったが、武蔵は魔法が使えない〈外の者〉というレッテルを張られて魔物が住む森へ追放されそうになった。  けれども武蔵は本物の剣聖による剣技と度量を一国の王や騎士団たちに見せつけたことにより、街中への追放だけにとどまるという前代未聞の処分を下される。  そして武蔵は街中への追放処分となったさいに、自分と同じく魔法が使えない〈外の者〉として追放される予定だったJKの宮本伊織と師弟関係を結び、街中へと追放されたあとは生活の糧を得るために冒険者ギルドへと足を運んだ。  しかしその冒険者ギルドは一風変わった中華風の冒険者ギルドであり、ギルド長を務めていたのは黄姫と名乗る金髪エルフの凄腕の拳法使いだった。  やがて武蔵たちは黄姫からこの世界には【天理】と【魔法】という二つの特殊な力が存在していることを聞かされ、このときを境に武蔵たちは異世界での凶悪な魔物たちや、強力な天理使いや魔法使いたちとの死闘を繰り広げることになる。  これは日本史上において剣聖と言われた男が、JKの弟子とともに魔法や魔物が存在する異世界において最強の【大剣聖】になるべく成り上がっていく物語。  ※この物語はシリアスとアクション成分がふんだんに盛り込まれており、昨今の流行りである【追放ざまあ】などの描写はほぼ皆無となっています。その代わり【本物の剣聖】である宮本武蔵と、【JKの弟子】である宮本伊織が異能力の存在する異世界において〝リアルかつガチ〟に闘い抜く描写に重点を置いていますので、ただの主人公最強とは一味違った重厚で手に汗握る物語が読みたい方は必見です!!!  ※この作品は小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しています  ※6月7日タイトルを変更しました。  ※旧タイトル:異世界、やぶれたり! 本物の剣聖、宮本武蔵による異世界再修業剣劇譚~
24hポイント 14pt
小説 26,948 位 / 144,012件 ファンタジー 4,446 位 / 34,650件
文字数 282,657 最終更新日 2021.08.17 登録日 2020.12.21
6