3
児童書・童話 完結 ショートショート
 これは、母親が聞かせてくれなかったおとぎ話──── ※1話完結で、四つの章に色で分かれています。 ※物語はランダムで投稿しますので、章が突然飛ぶことがあります。 ※気になったタイトルのどこからでもお楽しみいただけます。 ※最初の「四色の魔導書」を先に読まれると、より世界観を楽しめると思います。 ※更新は不定期です。
24hポイント 0pt
小説 95,905 位 / 95,905件 児童書・童話 1,839 位 / 1,839件
文字数 5,814 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.12.24
 現代日本に越してきた魔法使いさんは、人間の男の子に恋をしてしまいました。それは、叶わぬ恋でした。それでも、二人は幸せそうなのでした。 ※一話1000文字程度の毎日更新です。 ※12月24日に完結しました!ありがとうございました!
24hポイント 0pt
小説 95,905 位 / 95,905件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 44,658 最終更新日 2018.12.24 登録日 2018.11.30
※新人賞用に書いてた原稿そのままです。  神が消えて二千と五十九年が経ったリンザルガス大陸には、八つの巨大洞窟(ダンジョン)が点在している。洞窟内には魔物と呼ばれる獣たちが生息し、それらを狩って生計を立てる駆除者(モグラ)が日夜構わず洞窟を訪れ狩りに精を出していた。魔物たちは皆特殊な能力(エルーク)を持っており、駆除者は魔物を狩りその能力と適合することで宿主(コンテネル)となれる。  傾城の美貌を持つ主人公サニアは、『石化の黒猫(クーマチカ)』と『破壊の烏(フォルドラビン)』の宿主であり、最強組合(ユニオ)『闇荒(ダークライ)』に加入していた。『闇荒』が掲げる目標は、八つある巨大洞窟の一つアリダン洞窟の魔物統括『烈火の堕竜(トゥーズシャールカ)』の討伐であり、物語はその火竜との戦いから始まる。結果、『不死身の剣士(ハルハタンカルダー)』と名高いリーダーを筆頭にサニアは仲間たちを失い、火竜に敗れる。  数年後、サニアは自称上級野良(ソロ)駆除者フリージアと寄合(チャパト)を組んで魔物狩りに勤しんでいた。サニアを欲しがる組合は多く、その中の一人上位組合『春過(スプリント)』の当主オーガンは、サニアの熱烈なストーカーだった。オーガンの誘いを断り続けていたサニアだったが、ある事をきっかけに、彼の連れ、巨乳眼鏡のマリンダを含む四人でオーガンの手伝いをすることになる。しかし、名の知れた組合当主オーガンは、お人好しの上に顔が広く、サニアたちはそれに付き合わされ問題事に巻き込まれていく…
24hポイント 0pt
小説 95,905 位 / 95,905件 ファンタジー 26,029 位 / 26,029件
文字数 150,236 最終更新日 2018.09.06 登録日 2018.08.03
3