1
12歳の時に行う魔眼選定の儀式。同世代から「勇気の魔眼」「聖女の魔眼」「守護の魔眼」「賢者の魔眼」などとても強力な「魔眼」が選定されていた。 だが単なる村人の「ゼロ」は魔眼を得られず、無能の烙印を押された為、家族に捨てられ森をさ迷っていた。 そして、魔物に見つかり死を感じた瞬間。「ゼロ」は真なる「魔眼」に目覚めるのであった!! これは、偶然チートを手に入れた村人の最強でチートな冒険記。
24hポイント 42pt
小説 7,291 位 / 46,959件 ファンタジー 2,044 位 / 15,707件
文字数 13,526 最終更新日 2017.12.21 登録日 2017.11.20
1