ノバラコ

ノバラコ

幻想と少女を愛する通りすがりの野ばら。
2
ライト文芸 完結 ショートショート
「わたし」は地味な魚。地味な色を見兼ねた人間が、魚に色を与えようと持ち掛ける。 ある日、「わたし」は素敵な赤色のものと出会う。それは「林檎」という果実で―― 短い、少しだけ奇妙な、百合のようなはなし。
24hポイント 0pt
小説 124,802 位 / 124,802件 ライト文芸 5,145 位 / 5,145件
文字数 1,932 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.08.01
ライト文芸 完結 ショートショート
青年・クラウは気が付いたら廃墟化した遊園地にいた。目の前には兎の着ぐるみを着た風船売りが。風船売りは、遠い昔に別れた幼馴染・ルビーがここにいると言う。 彼女が何故ここにいるのか?風船売りの正体は?クラウの心に残る謎は――恋の色彩と共に霞んでいく。 それでも忘れないで、その色彩は一瞬のものであると。廃墟と同じように、すべては終わった世界であると。
24hポイント 0pt
小説 124,802 位 / 124,802件 ライト文芸 5,145 位 / 5,145件
文字数 5,318 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.08.01
2