狐様

狐様

初めまして!小説に憧れ登録いたしました。書いてて小説の難しさが一段とかんじています。そんな初心者ですが、よろしくお願いします
2
 【ーーー・・・自分の身分とは何か、私は身分よりこの退屈なお城からでたい・・・】  そんな19歳の主人公クリスカは古都レミウス街の公爵家の四次のお姫様。 人と会話するのが得意ではなく、少しボーっとする事を回りから注意されるクリスカだが、 特技があった、剣術の腕は輝くほど素敵な能力を持っていた。 そんなクリスカには悩み事が1つあった。         《退屈》この文字だけである この一言にすぎなかった、毎日同じ事の繰り返し、しかしながら、唯一この城に 2週間に1回ほどの私の楽しみがあった、同じ武道の稽古をするエルフィーゼ(エル)彼女の 存在がこの暇な人生を大きく変えた。 *12月21日 タイトル付け加えで変更しています。 *12月25日表紙製作中です、寂しいので私のトップ画(異世界は天狐様の力で!)のキャラ で完成まで代用しています。
24hポイント 670pt
小説 1,262 位 / 41,068件 ファンタジー 428 位 / 14,256件
文字数 110,441 最終更新日 2019.02.18 登録日 2018.12.17
「私の知っている狐さんは焦げ茶色だったり白だったり・・・そして小さくあまり人懐っこくは ないけど、その顔は可愛らしくもふもふしていて今にも抱きたいくらいの可愛さ! ・・・けど目の前の狐さんは」 真っ白な毛、大きな爪や、大きな牙まるで熊のよりでかい体格、そして喋れる けどなんだろう・・・一緒にいると暖かく幸せ、もっと側にいたい・・・・ 力のない主人公由香里は異世界で天狐様の力を借りて生き延びるお話 ※脱字等申し訳ありません。日々チェックしてないように書いていきます。
24hポイント 35pt
小説 7,221 位 / 41,068件 ファンタジー 1,998 位 / 14,256件
文字数 102,479 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.09.10
2