宝ひかり

宝ひかり

~文章のミルフィーユ~ 恋愛小説を書いています。アメージング出版様より、二作書籍発売中。
4
恋愛 連載中 長編
若くして結婚した、幸いより《ゆき いより》は夫の浮気によって、離婚を選択する。 結婚してまだ半年、一緒に住み始めてたったの三ヶ月だった。 三年付き合って積み上げたものが、いとも簡単に崩れ落ちる瞬間、いよりの心に深い傷ができてしまった。 ──苦しくても、苦しくても、それでも生きなければ。 前を向いて、歩かなければ。 そんな中、離婚をして二年、いよりの前に現れたのは、篝千《かがり せん》。 元夫の駿《しゅん》とは真逆の性格の千に、いよりは次第に惹かれるが、どうしても奥深い傷は癒えぬまま、どうすることもできなかった。 傷つけられたいよりと、傷つけた駿。 そして、傷を負ったいよりを想う千。 三人それぞれの思いが、複雑に絡み合う。 執筆期間 2018.02~2018.10
24hポイント 14pt
小説 11,494 位 / 47,190件 恋愛 3,838 位 / 11,204件
文字数 90,077 最終更新日 2019.01.31 登録日 2019.01.04
「環菜先輩、もう、遅いですか」 *  雅環菜《みやび かんな》は吹奏楽部でチューバを吹く、高校二年。  しかし、高校入学から一年が経った最中、新入部員の中に、中学の頃すれ違ってしまった嶌梓《しま あずさ》を見つけてしまった。  好きのタイミングが違い、空回りに終わった環菜と梓。  中学の頃はバスケ部だったのに、どうして梓君は吹奏楽に入部したのだろう。  もう、気まずい思いはしたくないんだけれどな……。 * 小柄なチューバ奏者×年下フルート男子  一人ではできない、皆がいるからこそできる演奏って、ありますね。  一人だけの“音”が、様々な音色が重なって初めて、“音楽”に変わる。  そんな瞬間を、丁寧に描けたら、と思い執筆しました。 執筆期間 2017.09.16~09.26 表紙イラスト:Yuu様
24hポイント 0pt
小説 47,190 位 / 47,190件 恋愛 11,204 位 / 11,204件
文字数 78,150 最終更新日 2018.12.31 登録日 2018.12.31
「俺と一緒に踊りませんか」 ──始まりは、幼馴染の翔馬が社交ダンス部に入りたい、と言ってきたことだった。 生まれつきの難聴で、音をうまく聞き取れず、言葉で話すことのできない三保にき。 しかし、翔馬がきっかけで、にきは社交ダンス部に入部することになる。 小さな頃からにきのことが好きだった、年下の翔馬。 そして、部内でにきとパートナーを組むことになった、慶一郎。 二人に揺れながら、消極的だったにきは、大きな一歩を踏み出そうとしていた。 私、踊りたい。踊れるようになりたい。 社交ダンスを通した、甘酸っぱい青春グラフィティ。 執筆期間 2017.05.23~05.31
24hポイント 0pt
小説 47,190 位 / 47,190件 恋愛 11,204 位 / 11,204件
文字数 56,345 最終更新日 2018.12.31 登録日 2018.12.31
【はじめに】 病気の症状に関してだけは、自分の実体験を元に書いております。 なので、一概には言えません。 ◎その他の物語は、全てフィクションです。 ~~~ 『喉頭ジストニア(こうとう じすとにあ)』 という、声が出づらい障害を持っている鳰都《にお みやこ》。 病気のせいで大人しく暗くなってしまった都は、大学の学生課の事務員として働く25歳。 一方、クールで感情表現が苦手な、奈古千隼《なこ ちはや》は、都の務める大学に通う、一年生。 * あるきっかけで出会う二人。 だが、都は人と関わることに引け目を感じ、中々前に進めないでいた。 自分は社会のお荷物だ、家族の厄介者だ、必要のないものだと、ずっとずっと思っていた。 * 「一歩、一歩、前を向いて歩こう。鳰さん、俺と一緒に歩こう」 執筆期間 2018.10.12~2018.12.23 素敵な表紙イラスト ─ しゃもじ様に許可を頂き、お借りしました。
24hポイント 0pt
小説 47,190 位 / 47,190件 恋愛 11,204 位 / 11,204件
文字数 85,717 最終更新日 2018.12.31 登録日 2018.12.30
4