胡桃田逢零

胡桃田逢零

2
大人になる前の冬。 墓参りとして、僕は空き地に向日葵の花を置いてきた。 その後日。 花を抱えた少年が僕の前に現れた。 「僕はあの日、空き地にいた雪だるまです。あなたに恩返しをしに来ました」 雪だるまを名乗る少年と子供だった僕が過ごした、ある冬の話。
24hポイント 0pt
小説 57,583 位 / 57,583件 ライト文芸 2,350 位 / 2,350件
文字数 22,570 最終更新日 2018.04.18 登録日 2018.02.01
児童書・童話 完結 ショートショート
せかいのどこかの森のおくには、イブとよばれるまほう使いたちがすんでいました。 みんなのまとめやくの夜宵 一番お兄さんのイズリ なかよしのリントとリオ あたまがいい静香 ものしりなキトミ そんなイブたちの楽しいくらしのお話です。 ***************** 読み切り、次回未定のため完結にしています。
24hポイント 0pt
小説 57,583 位 / 57,583件 児童書・童話 1,001 位 / 1,001件
文字数 7,368 最終更新日 2017.12.03 登録日 2017.12.03
2