華宮ルキ(かるみあ)

華宮ルキ(かるみあ)

更新はのんびりと。 「悪役令嬢離縁」書籍化&コミカライズ 「たくまし令嬢」書籍化準備中&コミカライズ決定。 他、諸々準備中。 別名義→扇レンナ ※アイコンは春なりこ様より
10
恋愛 連載中 長編 R15
婚約破棄に利用された伯爵家の元令嬢、王国の筆頭公爵家で敏腕メイドとして活躍中! ヴェーゼ王国に住まう貧乏伯爵家の令嬢グレースは、ある日犬猿の仲である幼馴染の侯爵令息オークリーの婚約破棄の現場に居合わせてしまう。 挙句、オークリーは「グレースのことが好きだから、キミとは結婚できない」と自身の婚約者である侯爵令嬢ロージーに告げた。 ――これは、完全に婚約破棄騒動に巻き込まれたのでは!? そう思ったグレースだったが、時すでに遅し。婚約破棄の話は実家にまで伝わっており、ロージーの実家の怒りを鎮めるためにとグレースは実父によって勘当されてしまう。 「いや、これ完全にとばっちりでしょう!?」 だけど、このまま呆然としているわけにはいかない。そう判断したグレースは、前向きに平民として生きていくことを決める。そして、何の因果か偶然王国の筆頭公爵家ヴェルトミュラー家のメイド見習いになってしまい……。 成り行きでメイドになったグレースだが、実家で虐げられていたグレースは気が付けば敏腕メイドに進化していく。それに合わせ、グレースは公爵の兄弟たちに想いを寄せられていくようになる。 堅物な長男に一途な次男。自由奔放な三男と、不器用な四男。さらには世間知らずな五男にあざという六男。 伯爵家の元令嬢(現在は敏腕メイド)は気が付いたら恋よりも仕事に夢中です! ※ゆるっとふわっと設定です。 ※小説家になろうにも掲載中。
24hポイント 21pt
小説 18,512 位 / 125,193件 恋愛 7,713 位 / 35,780件
文字数 2,016 最終更新日 2021.11.05 登録日 2021.11.05
恋愛 連載中 長編 R15
自然豊かな大国ロヴネル王国の由緒ある伯爵家エクルンド家の令嬢ナタリーは、ある日婚約者である侯爵令息ヴィダルに婚約の破棄を告げられた。理由はヴィダルの心変わり。しかも、浮気相手はナタリーの友人で親戚のパウリータだった。挙句の果てには父には勘当を告げられ、身体一つで屋敷から放り出されてしまう。 ……が、元々ナタリーはこうなることを予想しており、細々と培ってきた魔術の技術で宮廷魔術師の筆頭エリアスに弟子入り。二年後には自身も宮廷魔法使いの一員になることが出来た。 その後、実家が落ちぶれていくのを遠目で見つめながら、宮廷魔術師としての立場を確たるものにしていくナタリーの元に、王国の第七王子ロルフが突然訪れる。そして、彼はナタリーに言った。 「弟子にしてください」と。 魔術オタクの第七王子と、これまた魔術大好きな伯爵家の元令嬢で現宮廷魔術師の、魔術が絡みまくった師弟関係から始まる溺愛ラブ。 ※小説家になろうにも掲載中。 ※表紙はフリー素材をお借りしております。 ※『ロヴネル王国の王子様』シリーズの第一弾になります。
24hポイント 14pt
小説 21,821 位 / 125,193件 恋愛 8,987 位 / 35,780件
文字数 2,208 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.10.24
恋愛 連載中 長編 R15
「カミリア様。私を貴女の専属メイドにしてください!」 キルシュネライト王国に住まう貧乏伯爵家の令嬢スーザン・キューネルトにはずっと憧れていた女性がいる。 その人はヘーゼルダイン公爵家の令嬢であるカミリア。いつだって凛々しく美しく、優しい。 しかし、カミリアは四年前に王家に嫁いで以来、床に臥せってしまったらしく表舞台には出てこない。 それでも、彼女に尽くしたい。そう思ったスーザンは、王宮で雑用メイドとして働きに行くことを決めた。 そして、メイドとして働き始めて知ったのは、カミリアが離宮に閉じ込められるという不遇の扱いを受けていること。挙句国王は側妃に入れ込んでいるという最悪の真実。 それを知ったスーザンは、決める。 「派手に一発、国王を後悔させてやる!」 と。カミリアのために培った様々な技術で、スーザンは国王を後悔させると決意し諸々動いていると、スーザンの動きを怪訝に思った二つの王立騎士団の団長たちが近づいてきて――? 「私は、あの国王と側妃に一泡吹かせたいのです!」 そんな熱心な宣言を受けた二人の騎士団長は、スーザンに協力してくれるという。 果たして、スーザンの目論見は成功するのか? (お飾り)王妃に仕える最強メイドの、ある意味『ざまぁ』劇。 ※ヒロインが仕事>恋愛なので、恋愛パートに入るまでかなりの時間を要します。 ♢hotランキング 最高45位 ※諸々リハビリ用の小説です。24万文字前後で完結予定。 ※小説家になろうにも掲載予定。 ※表紙はフリー素材をお借りしております。
24hポイント 35pt
小説 14,506 位 / 125,193件 恋愛 6,153 位 / 35,780件
文字数 4,502 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.09.21
恋愛 連載中 長編 R15
「お、俺は……マーサのことなんて、好き、じゃない」 カルトナ王国に住まう伯爵令嬢マーサは、五年前に一つ年下の婚約者レオネルがそう言っているのを聞いてしまった。それにショックを受けたマーサは、それからレオネルとの距離を置くようになった。……実は、その言葉がただのツンデレの愛情表現だったことも、知らずに。 それから五年後。すっかり疎遠になった二人のことを心配した互いの両親は、挙式までに距離を縮めなさいと二人を半ば無理やり引き合わせた。 しかし、そのころにはすっかり薬学に没頭してしまっていたマーサは、レオネルのことよりも今研究している惚れ薬に夢中。それに腹を立てたレオネルは、なんとマーサが自作した惚れ薬の瓶を奪い、そのまま飲んでしまう。 ――こ、これは、いろいろな意味でまずい……! そう思ったマーサは、レオネルに吐き出すように言うが、レオネルの方はどうやら惚れ薬が効いてしまった(?)らしく、マーサに「好き」だと言ってくる。 でもまぁ、この惚れ薬の効力は一週間しかないから大丈夫。そう思い安心するマーサだったが、レオネルは一週間が過ぎてもマーサに「好き」だと言ってきて……!? 数年かけてツンを克服した元ツンデレ青年(今も微妙にツンデレ気味)と、素っ気なかった婚約者に溺愛され始めて戸惑い続ける伯爵令嬢。二人の、惚れ薬から始まったラブコメ……? ※小説家になろうにも掲載中。 ※表紙はノーコピーライトガール様よりフリーアイコンをお借りしております。
24hポイント 21pt
小説 18,512 位 / 125,193件 恋愛 7,713 位 / 35,780件
文字数 3,194 最終更新日 2021.07.04 登録日 2021.07.03
恋愛 完結 長編
※間先レナ名義にて掲載していたものの内容を大幅に変更して掲載しております。 レディアント王国に住むリーザ・オルコットは貧乏な子爵家の生まれ。日々の生活にも苦労するレベルであり、リーザは結婚を諦めていた。 しかし、ある日リーザはオルコット子爵家が金銭的に厳しいと聞きつけた若き伯爵、ニコラス・ドローレンスにとある契約を持ちかけられる。 それは――【契約結婚】というものだった。 ニコラスは結婚しろとうるさい両親から解放される。リーザは実家に金銭的な援助が受けられる。そんな双方にメリットがあるという契約を突きつけられたリーザは……満面の笑みで、了承した。 そして、契約妻としての生活が始まったのだけれど……契約結婚をしてから一ヶ月ほど経った頃。何故か旦那様であるニコラスの様子がおかしい。しかも、契約妻であるはずのリーザのことを「ずっと好きだった」と言いながら溺愛してきて……! 不器用すぎたあまり契約結婚を突きつけてしまった若き伯爵と、何も知らない無垢で初心な子爵令嬢。二人の、契約結婚から始まったラブコメ。 ♢hotランキング 最高30位 ※小説家になろうにも掲載中。 ※表紙はノーコピーライトガール様よりフリーアイコンをお借りしております。
24hポイント 106pt
小説 7,883 位 / 125,193件 恋愛 3,396 位 / 35,780件
文字数 107,707 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.04.01
恋愛 連載中 長編 R15
大国ネイピア王国に住まう侯爵令嬢ドロシー・ハートフィールドは、その美貌の所為で幼い頃から散々な目に遭い、男性嫌いを拗らせていた。その結果、実家の屋敷に引きこもりながら得意の調合を活かし、商売を行いながら生きてきた。 しかし、そんなドロシーには実は十二歳の頃に婚約をした婚約者が。しかも、その男性は――王国随一のひねくれ王子ルーシャン・ネイピア。 そんなルーシャンも極度の女性嫌いであり、二人は婚約してからずっと顔を合わせることはなかった。 まぁ、挙式まで一度も対面しない政略結婚もあるか。 そう楽観視していたドロシーだが、なんとルーシャンは挙式までをも拒否し、婚姻届け一枚屋敷に送ってくるだけ。 それに見たドロシーは、婚姻後毎日欠かさず三ヶ月、ルーシャンに会わせろと王城を訪れていた。目的はたった一つ。薄情な妻と思われないため。 そして、ようやく対面したルーシャンは……ドロシーが予想していた以上に容姿が整っており、絶世の美貌の王子だった。 そんなルーシャンに、ドロシーはたった一つの提案をした。 「私たち、離縁前提の結婚生活を送りませんか?」と。 ♢hotランキング 最高25位 ※小説家になろう、カクヨムにも掲載中。 ※表紙はノーコピーライトガール様より
24hポイント 42pt
小説 12,880 位 / 125,193件 恋愛 5,603 位 / 35,780件
文字数 47,584 最終更新日 2021.05.15 登録日 2021.03.01
婚約者となったわたくしと彼の初の顔合わせの場。そこで、彼はわたくしを見て言いました。 「こんな辛気臭い奴との婚約なんて嫌だ」と。 なので、わたくしは頑張りました。そして、いつしかわたくしは「完璧な令嬢」と呼ばれるようになりました。 ですが、彼は完璧となったわたくしを見て言いました。 「つまらない」と。 挙句の果てには、彼は自分が寵愛する子爵令嬢を虐めたとわたくしを糾弾しました。さらには、わたくしのことを「悪役令嬢」と呼びました。そして、そのまま婚約は破棄され、心に深い傷を負ってしまったわたくしは、実の兄のように慕う幼馴染と新たな婚約を結びました。 それから半年後。新しい婚約者となった幼馴染に恋をしたわたくしの前に現れたのは、元婚約者の彼でした。そして、彼は言いました。 「やり直さないか」と。 だけど、わたくしの回答はたった一つなのでございます。 「ごめんなさい、わたくし、悪役令嬢なので――」 ※小説家になろうにも掲載中。 ※表紙はノーコピーライトガール様よりフリーアイコンをお借りしております。 ※本編3話~5話でさっくりと終ります。
24hポイント 78pt
小説 9,418 位 / 125,193件 恋愛 4,058 位 / 35,780件
文字数 13,795 最終更新日 2020.12.29 登録日 2020.11.26
恋愛 連載中 長編
2020.10.30 感想欄を解放しましたm(_ _"m) バンクス王国に住まう侯爵令嬢、ユーフェミア・エイデンは自身の婚約者となった王太子レジナルドと顔を合わせた瞬間、自身の前世とここが乙女ゲーム『妖精の乙女』の世界であるということを思い出す。 しかも、自身は所謂悪役令嬢でお邪魔キャラ。このままだと国外追放エンドが待っている。 それに気が付いたユーフェミアは戸惑ったが、目の前のお菓子の誘惑には勝てず、そのまま目の前のお菓子を口に放り込んだ。 だが、その行動は幸か不幸か、レジナルドの興味を引いてしまったらしく……? 「ユーフェミア嬢、美味しいお菓子があるんだよ」 「ドレスが汚れているよ、ユーフェミア嬢」 レジナルドは、何故か悪役令嬢であるユーフェミアの世話をとことん焼いてくる。元よりものぐさで自分のことには大して興味のない変人令嬢のユーフェミアは、どんどんレジナルドのペースに巻き込まれていき……!? 「あれ~、私って悪役令嬢でしたよねぇ?」 世話好きな王太子には世話を焼かれて、天真爛漫なヒロインには懐かれて。ものぐさな悪役令嬢はハッピーエンドを掴み取れる? 策略と陰謀が絡み合う、乙女ゲーム転生ラブファンタジー! hotランキング 最高1位 2021.03.31 恋愛小説大賞奨励賞受賞しました! ※小説家になろう、カクヨムにも掲載中。 ※表紙はノーコピーライトガール様よりお借りしたフリーアイコンです。
24hポイント 156pt
小説 6,387 位 / 125,193件 恋愛 2,691 位 / 35,780件
文字数 41,441 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.01
恋愛 連載中 長編
子爵令嬢セイディは、ある日婚約者であり神殿の次期神官長であるジャレッドに婚約の破棄を告げられる。挙句、セイディの強すぎる聖女の力を「偽物」呼ばわりし、新しくセイディの腹違いの妹であるレイラを聖女兼婚約者として迎え入れるという。 その結果、セイディは実家の子爵家を勘当され、正真正銘一人ぼっちになってしまった。 だが、セイディはこれくらいでへこたれるようなメンタルはしていなかった。 勘当された翌日。セイディは騎士団の寄宿舎が世話役のメイドを募集していることを知り――応募した。 元より実家で虐げられ、家事雑用は完璧だったセイディはすぐに採用され、いつしか騎士たちと仲良くなっていく。 しかし、その反面セイディとの婚約を破棄したジャレッドは神殿での立場を悪くし、父に命じられセイディを見つけ再度婚約を結んでもらうために動き出し……。 最強の騎士団長におかん気質の副団長。大型犬系新米騎士に気難しい堅物で初心な魔法騎士団の団長。さらには孤高の宮廷魔法使いなど様々な人物を巻き込んで、セイディは無意識のうちに最強への道を歩み――……。 さらには――国を巡った策略や陰謀にも巻き込まれていき――……。 「最後に選ばれるのは、誰ですか?」 元聖女で現メイドは、愛されることにより最強になっていく。 ♢ ♢ ♢ ゆるっとふわっと設定のお話です。 第一部:リア王国編 第二部:ヴェリテ公国(英雄)編 第三部:マギニス帝国編 ~~以降個別分岐~~ ※元々内部投稿でしたが、他社様からの書籍化・コミカライズにより外部投稿に切り替えました。
24hポイント 0pt
小説 20,319 位 / 20,319件 恋愛 4,818 位 / 4,818件
登録日 2021.11.29
恋愛 連載中 長編
妹が嵌まっていた乙女ゲーム『キャンディと聖女と神秘の薔薇』の世界に転生した二十歳の女性、りかこ。しかも転生したキャラクターはヒロインの前に立ちふさがる悪役令嬢アナスタシア。 だが、この乙女ゲームは圧倒的にランダム要素が多く、りかことしての記憶が目覚めたときにはヒロインは運が悪すぎてバッドエンドを迎えていた。 つまり乙女ゲーム本編は終了済み。アナスタシアは婚約者である王太子とそのまま婚姻したものの、夫婦関係は冷めきっていた。 しかし、りかこはここでへこたれることはなく……だったらこれ幸いとばかりに離縁を決意する。だけど、ちょっとぐらいアナスタシアのハイスペックさを見せつけてもいいよね? 国を良くしてもいいよね? そう思って行動していたら、何故か人が寄ってきて……。さらには、今までアナスタシアに興味が薄かった王太子までちょっかいを出してくるようになる。 領地経営したり、お菓子を広めたり、策略や陰謀に巻き込まれたり。 「バッドエンドを迎えたヒロインが逆恨みしてきたりしますが、そんな事私に関係ありませんよね?」 これは乙女ゲーム終了後の悪役令嬢が、旦那様との離縁を目指しているといつの間にか外堀を埋められ、溺愛されたり周りから崇められたりするお話。 ※元々内部投稿作品でしたが、他社様からの書籍化・コミカライズに伴い外部投稿に切り替えました。
24hポイント 0pt
小説 20,319 位 / 20,319件 恋愛 4,818 位 / 4,818件
登録日 2021.11.29
10