紫メガネ

紫メガネ

恋愛小説・ファンタシー恋愛を中心に書いております。日頃はユーチュブでも宣伝されている占いサイトの鑑定師やっています。
4
恋愛 完結 長編 R15
「また明日会いましょう」  そう言って別れた宗田愛斗(そうだ・あいと)と藤宮楓子(ふじみや・ふうこ)は、約束の日に愛斗が何者かに殴られ怪我をした事で会えなくなり別れる事になった。    不運な別れから5年後。  愛斗は服部加絵(はっとり・かえ)と言う同僚と結婚して息子の一也と暮らしていた。  幸せそうに見える愛斗だが、5年前とは人格が変わり性格も荒く冷たい人間になってしまったと噂されていた。  そんな時、新入社員としてやって来た九東楓子(くとう・ふうこ)に出会ってから愛斗の目の色が変わり始めた。  淡々としてつも冷静な表情のままの楓子を見ていると、愛斗は何故か胸が熱くなるのを強く感じ始め、いつしか楓子を気にし始めていた。  だが、楓子を気にするようになり思いが強くなると頭に激痛が走る…。 「愛斗さん。また明日会いましょう」  ぼんやりと思い出される思い出の中、顔の判らない女性が愛斗に言ってくる声にまた胸がキュンとなった。  激痛から逃げてはいけないと決心した愛斗は、本当の事に向き合う決意をした。    それは5年前の怪我の時、愛斗は記憶を無くし自分の名前の他何も覚えていなかった事だった。    空白の記憶の中に何か大切なことをがあった筈だと思った愛斗。  そんな時だった。  息子の一也を通して双子の兄弟、礼斗(れいと)と空斗(くうと)に出会った。  そして、礼斗と空斗の母親が楓子である事を知ると、愛斗の中に次から次へと思い出される記憶が蘇り始めた。 「また明日会いましょう」  そう約束した人は誰なのか? そして愛斗にとってどんな人だったのか?  2人の約束を無理やり引き裂いた黒い影は誰なのか?  愛と殺意とその先にある永遠のラブストーリー。           
24hポイント 7pt
小説 31,296 位 / 144,174件 恋愛 14,373 位 / 45,054件
文字数 89,231 最終更新日 2022.01.29 登録日 2022.01.21
 豊かな緑と青い海に囲まれた「グリーンピアト」という国。  ここには数多くの伝説が残されています。    代々の国王様はとても一途に一人の女性愛しぬいていた事でとても有名。  地上ばかりか天界と地上を結んだり、地上と地底を結んだり、産まれる前の記憶を持った子供がいたり…。  そんな多くの伝説が残された国から今回お届けするのは。  不慮の事故で愛する妻を亡くして「もう二度と恋はしない。勿論、結婚もしません」と言い切っていた国王ジュニアールが、命を懸けた手術で出会った女医のセシレーヌにもう一度恋をしたお話です。    家系の遺伝で心臓が弱く、一人で公務をこなすようになったジュニアールは弱かった心臓に負担がかかり医師からは手術を強く勧められた。  しかしこの手術の成功率は40%以下と言われ、手術をしても完全に元気になれる保証はなく万が一の場合は逆に命が短くなる場合もあると言うリスクが伴っていた。  ジュニアールは愛する妻メイシスが残した一人娘のミディスが気がかりで、リスクの高い手術をずっと迷っていた。  メイシスが事故で亡くなり10年が経過した頃。  ジュニアールは日々の忙しさで、とうとう倒れて病院に運ばれた。 「もうお待ちできません、国王様。一刻も早く、手術を受けて下さい」  そう院長のクラウドルに言われて、切羽詰まったジュニアールは手術を受ける決意をした。  手術の説明の為に病院に行った日。  クラウドルと一緒に助手として手術に付き添う事になった女医のセシレーヌがいた。  ジュニアールはセシレーヌを見た瞬間。  胸がドキッと鳴り魂から惹かれるものを感じた。  セシレーヌは片目を眼帯で覆って、大きなマスクをつけ、右手には白い手袋をつけている医師と言うよりも患者と呼ぶ方が相応しい姿で目つきも鋭く愛想のない表情をしていた。 「セシレーヌさん。私の手術を担当して下さい。貴女なら安心してお任せできますから」  魂が赴くままジュニアールは担当医のクラウドルを差し置いてセシレーヌに、手術をお願いした。  不愛想なままセシレーヌは手術を引き受ける事にした。  セシレーヌに魂から惹かれたジュニアール。  だがセシレーヌはジュニアールをかたくなに拒んでいた。 「私は…あんたの奥さんを殺したから…」  そう言ったセシレーヌ。  セシレーヌの言う事は一体どうゆうことなのだろうか?  一途な国王ジュニアールと火災で大火傷を負って心を閉ざしていたセシレーヌとの、命を紡ぎ愛を紡ぐ壮大なロマンスが今始まる…。 
24hポイント 0pt
小説 144,174 位 / 144,174件 ファンタジー 34,674 位 / 34,674件
文字数 93,404 最終更新日 2021.08.19 登録日 2021.07.24
恋愛 完結 長編 R15
 世界を股に掛ける大手企業、宗田ホールディングの御曹司である宗田北斗(そうだ・ほくと)は半年前に交通事故で大怪我をした時に助けてくれた園田未希(そのだ・みき)と結婚が決まり、両家の顔合わせをする事になった。    シティーホテルで行われた両家の顔合わせの日。  突然、未希に逮捕状をもって刑事が現れた!   容疑は「殺人罪」だった。  容疑を否認しながらも連れて行かれる未希を遠い目をして見ている北斗は、逮捕状を持って現れた刑事に目を向けた。  刑事は女性で早杉(はやすぎ)トワと言う名前だった。    北斗はトワを見るとズキンと頭に強い痛みを感じた。  未希が逮捕され顔合わせは見送りになり、北斗はそのまま病院へと連れて行かれた。  病院に連れていかれた北斗は交通事故で記憶を失い思い出していなかった事があった事に気づき、その記憶の中に本当に心から愛して結婚を決めていた女性がいた事を思い出した。  北斗が思い出した心から愛する女性。  その女性は…未希を逮捕する為に現れたあの女性刑事のトワだった。    半年前の交通事故。  助けてくれたのは未希ではない。  本当に北斗を助けてくれた人は…トワだった。  北斗を助けるために、トワは右手を車に引かれていた。  その後どうなったのだろうか?    北斗は空白だった半年を知るために、兄の幸弥(ゆきや)に頼みその後の事を調べてもらう事にした。    調べてゆくうちに、トワは北斗が事故にあった後、身内をすべて失っていた事が判った。  生き残ったトワはその後どうなったのか…今現在どうしているのかは全くの不明だった。  幸弥の調べて空白だった半年が完全に思い出された北斗は、ショックが大きく暫く気持ちが沈んでいた…。  そんなある日。  港のお気にいりカフェにやって来た北斗は、あの女性刑事トワと会った。 「ねぇ、僕の事好きでしょう? 」    トワに北斗は言った。  頭で考えるよりハートで感じる声だった。 「名前を教えて」    総北斗が尋ねるとトワは。 「早杉…愛です…」    と、亡くなった姉の名前を名乗った。  この出会いがきっかけで北斗はトワに夢中になり、距離を近くして行った。    失った記憶に隠されていた本当の愛に気づいた北斗。  あんなに酷い過去を思い出さないで、忘れたままでいて欲しいと願うトワ。    2人の想いが再び動き出し、本当の愛を手に入れる壮大なラブストーリー。    
24hポイント 307pt
小説 4,146 位 / 144,174件 恋愛 1,929 位 / 45,054件
文字数 53,620 最終更新日 2021.07.20 登録日 2021.07.09
恋愛 完結 長編 R15
 世界を股に掛ける宗田ホールディングに勤務する宗田結沙(そうだ・ゆいさ)は、現在25歳になるが彼女が出来てもすぐに別れてしまい長続きしない事が大きな悩み。  別れの原因はいつも「役起たず」と言われることが多いようだ。  双子の兄・良人(りょうと)は医大生で、特定の彼女と長く付き合っていて真逆のタイプ。    このままでは彼女が出来ないばかりか、将来結婚だってできやしないと悩み続けていた結沙だったが、ある日、派遣社員として営業部に入って来た麻重田(まじゅた)リラに出会い、今までに感じたことがない体感を感じた。  もしかしたら…この人は僕の運命の人かもしれない…  そう思うくらい結沙はリラに惹かれていった。  だがリラは、内に何かを押し隠しているようでとてもガードが固く近寄る事も出来なかった。  ある日。  結沙は駅前でリラがある男性とホテルに向かう所を目撃して、思いより先に体が動いて追いかけて阻止した。  相手を巻くために逃げ込んだホテル内で、リラを間近に見た結沙はまたある体感を感じた。 「…僕と付き合って下さい」  そう伝えた結沙にリラは。 「いいわよ。…今すぐ私の事を抱いてくれたら付き合ってあげる」  と言った。  その言葉に戸惑った結沙。  実は結沙には人に言えない男性ならではの悩みがあったのだ。 「役立たずな男」と言われていた結沙と何かを内に秘めた女性リラの、ちょっと不思議な恋物語りが今始まる…。  
24hポイント 0pt
小説 20,793 位 / 20,793件 恋愛 4,868 位 / 4,868件
登録日 2021.07.09
4