月乃兎姫/立花ユウキ

月乃兎姫/立花ユウキ

小説家になろうなどでも連載しております
5
恋愛 連載中 長編 R15
【第1回ノベルアップ+小説大賞 一次通過 ただいま二次選考中!】 【第3回マグネット!小説コンテスト 一次読者選考通過/二次最終選考落ち】 【アルファポリスHOTランキング 最高28位】 互いの領土拡大と鉱物資源をめぐり、大陸を東と西とで二分して勃発した東西戦争。 貴族の名家であるシュヴァルツ家の長男『デュラン・シュヴァルツ』は名誉と家名のため、その戦争へ参加することになった。 しかし運が悪いことにデュランは戦場で味方からの銃弾を胸に受けてしまい奇跡的にも生き残るのだが、今度はそのまま敵側である東の捕虜として捕まり、西側では彼のことは死んだものと扱われてしまっていた。 ―それから1年後。 戦争が終わると同時にデュランは解放され、急ぎ家に戻ると唯一の肉親であった父親は既に病で亡くなっており、幼馴染で将来を誓い合った仲の婚約者マーガレットはデュランの親友で従兄弟でもあるケイン・シュヴァルツの婚約者となっていた。 また父親が残してくれた財産そのほとんどをケインの父親である伯父ハイルに奪われてしまい、デュランに残された遺産は『廃鉱山』と『小さなレストラン』だけであった。 住む家に財産、そして大切にしていた幼馴染の婚約者までをも親友に奪われ、すべてを失ってしまったデュラン。 たった一発の弾丸が、幸せになるはずだった彼の運命を大きく狂わせてしまう。 この物語は婚約者から婚約破棄され、貴族としても没落してしまい、すべてを失ってしまった彼が苦労の末に貴族最高の位である『公爵』になるまでの半生を描いた悲恋のお話。 【1章あたり15万文字前後になります】 第1章 没落貴族の作りかた 第2章 没落貴族の育てかた 第3章 没落貴族の愛しかた 第4章 没落貴族の貶めかた 第5章 没落貴族の殺めかた ※時代背景は近代ヨーロッパ19世紀 ※アルファポリス・ノベルアップ+でも連載中
24hポイント 853pt
小説 1,117 位 / 57,765件 恋愛 485 位 / 13,818件
文字数 392,034 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.01.17
「魔王を倒して、この世界を救う」……ただそれだけの簡単なお仕事です♪ 「はっ? なんだそれ?」俺は見知らぬ世界で目覚めると、何故か目の前に居たメイド服を着た美少女からそんなことを言われてしまった。  訳も分からずに勇者の仲間になると、暴れ馬やその他の仲間を引き入れながら若干おざなりになりつつある旅を続け、そしてついに俺達は魔王を討伐することに成功した。  けれどもそんな単純なお話が現代社会と読者達に通じるはずもなく、再びこの世界で最初に目覚めたその瞬間へと時間が戻されてしまうのだった……。  ―異世界暦1997年  この世界では魔物《モンスター》という人間に仇名す生き物が確かに存在していた。  それと同時にそれらを束ねる魔王もまた確かに存在していた。  無力な人間達はその魔王の力の前に屈してしまい、ついには人間と魔物という種族の壁を取っ払い同じ世界で共存共栄していく道を模索することになる。  初めこそ互いに殺し合う存在で憎しみこそあったのだが、『女神様』という世界の創造主の説得により、次第に恨み辛みも薄れていき、共に仲良く暮らすようになっていた。  だがそんな平和な日々も長くは続かない。  いつしか人間達は『魔物』という畏怖なる存在が将来的に自分達の生活を脅かしてしまうのではないか……そんな恐れる気持ちを抱くようになっていたのだ。  そこで女神様は魔物を束ねる『魔王』を討伐するため、人間達の中で『勇者』という存在を意図的に生み出すと強制的に旅する仲間を集めさせ、魔王城へと向かわせるのだった。  そして勇者は多大な仲間の犠牲により、ついに魔王を討伐することに成功したのだが、度重なる戦の傷により勇者も程なくして亡くなってしまう。  勇者とその仲間の犠牲により魔王を倒して、この世界に平和が訪れた。  ―それから数十年後  何故か魔王が復活すると人間達もそれと同時に新たな勇者を祭り上げ、再び人間と魔物とが争う日がやってきた。  何度となく繰り返される人間と魔物、そして勇者と魔王との戦い。  果たしてそこに終わりはやって来るのであろうか?    この物語は人間と魔物、勇者と魔王……互いに相対する二つの存在が自らの存在をかけて戦う、少し古めかしくも王道すぎる王道の『魔王を倒して、この世界を救う』という、ただそれだけのお話。 ※10万文字で完結。
24hポイント 42pt
小説 8,279 位 / 57,765件 ファンタジー 2,195 位 / 18,916件
文字数 24,922 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.10.21
【第1回/第2回/第3回マグネット小説コンテスト読者選考一次通過作品 二次最終選考落ち】 【第7回 ネット小説大賞一次通過作品 二次審査中】 なろうジャンル別日間最高18位/アルファポリスHOTランキング40位/ファンタジー部門最高70位 <レストラン経営で世界を統治せよ!> この世界エカルラートでは、人間と魔王様が率いる魔王軍との戦いが何百年に渡って繰り広げられていた。だがある日を境に魔王様は突如として人間との戦いを辞めてしまうのだった……。 それから数ヵ月後、ここに一人の男と一人の女がいた。 男はモブの中のモブ。ある意味でモブの王様という役柄を任命され、またそれと同時に冒険者としても未だ名前すら存在しない男である。女はこの物語のメインヒロインである『シズネ』と言う名を持ちながら元魔王という立場、つまりこの世界の元ラスボスであった。 だが元魔王様であるシズネは自分を倒す冒険者達と倒し倒されなど、幾重にも同じやり取りを繰り返すうち、武力で人間達を支配するのに飽きてしまっていた。そこで世界が再構築された際、ある事で冒険者達を支配することにした。そのある事とは一体…… 「いらっしゃませ~。お食事処『悪魔deレストラン』へようこそ♪」 そうシズネが考えたのは冒険者達が集う街に自分のレストランを開くことで、人間達を経済支配しようと目論んだのだった。しかも無謀にもレストランの最高峰ホシュランの三ツ星☆☆☆SSSランクを目指したのだ。 だが最大の敵で国よりも強い権力を持つ『ギルド』がそれを阻止しようと動き出してしまう。またギルド長であるマリーとその従者アヤメは今のギルド組織に疑問を持っており、シズネ達と協力してギルド勢力の権力を殺ぐことの約束を取り付ける。 この物語はモブの王様モブ男と元魔王様のシズネが面白可笑しくも、人間界を経済支配する物語である!
24hポイント 28pt
小説 10,214 位 / 57,765件 ファンタジー 2,640 位 / 18,916件
文字数 606,300 最終更新日 2019.09.02 登録日 2018.08.24
<第1章> 初めて子犬を飼うことになった男の子の話。 <第2章> シロがその後、どうなったのかを描いたお話。 <最終章> そして、物語の終わりに……。 あとがき。 ※実在する団体や事柄・役所手続きとは若干異なります。
24hポイント 0pt
小説 57,765 位 / 57,765件 現代文学 2,463 位 / 2,463件
文字数 37,691 最終更新日 2019.08.11 登録日 2019.07.31
【ドラゴン】それはモンスターにおける最上位に位置する最強の存在(ただし敵役) 【転生チート】それは手っ取り早く最強となる近道(ただし死亡フラグ) 【可愛さ】それは誰もが羨むステータス ならば、その3つを合わせてしまえば一体どうなるのか? 【可愛さ】+【ドラゴン】+【転生チート】=可愛さ最強のドラゴン転生チート物語 この物語は異世界へと転生した主人公が魔王を倒し、ようやく現実世界へと戻ってきたら、またまた転生させられるところから始まるのだった……。
24hポイント 35pt
小説 9,337 位 / 57,765件 ファンタジー 2,389 位 / 18,916件
文字数 20,634 最終更新日 2019.06.17 登録日 2018.11.22
5