蒼鴉

蒼鴉

書くのも読むのも大好きです。 お話は基本的にオチまで出来上がってから始める派。
7
恋愛 完結 短編 R15
子爵アランと恋愛結婚をしたリリアーヌには、近ごろ頭を悩まされている事柄がある。 それは妹のイザベラが、用もないのに頻繁に二人の屋敷を訪れては、夫のアランに妙なちょっかいをかけようとすること。 二人で旅行に行こうと誘ってみたり、寝室に忍び込んでみたり。 あるときには、頼んでもいないのに手料理を振る舞おうとしたことさえあった。 やめるように言い聞かせるが、イザベラはなぜか上から目線でこうのたまう。 「私はアラン様が、浮気をしないかチェックして差し上げてるんですのよ?」 どうすれば、妹の不快な行動をやめさせられるのか……。 そのうちに、イザベラに縁談が舞い込んでくる。 お相手は好色家で嗜虐趣味があり、前の奥方を殺したのではという噂まであるピエール伯爵。 しかし彼は大量にお金を持っているので、自分磨きで実家の財産を食い潰しているイザベラには、まさにちょうどいい相手であった。 嫌がるイザベラを無事に引き取ってもらうため、リリアーヌは夫のアランに、ある言葉を彼女に言うよう提案する。 ※後半ちょっとホラー展開です。
24hポイント 3,686pt
小説 548 位 / 120,752件 恋愛 264 位 / 35,542件
文字数 15,945 最終更新日 2021.09.24 登録日 2021.09.20
伯爵令嬢レイナ・ソファンには幼い頃からの婚約者がいる。 同じく伯爵家の嫡男であるアード・タルファンは、何度も浮気を繰り返しては、そのたびに「俺は自分の力で真実の愛を見つけたぞ!」とレイナに婚約破棄を突きつける。 きっと、心の底から本気で言っているわけではない。 彼にとっては、それが親への反抗なのだ。 レイナとアードの婚約は、親同士の決めた事だから。 レイナ・ソファンには専属の、とても優秀な執事がいる。 ちょっといじわるなところのある、彼の名前はトリッドダスト。レイナはティディ(T・D)と呼んでいる。 ティディはレイナがアードから婚約破棄を言い渡されるたび、なぐさめ、元気づけ、問題を解決するために動いてくれる。 少しだけ、厳しいことも言うけれど……ティディはいつもレイナの味方だ。 レイナ・ソファンには、大事にしているクマのぬいぐるみがあった。 今は亡き祖父から送られたそのぬいぐるみは、レイナが10歳の誕生日、アードから「いつまでもそんな物を持ってるなんてガキっぽい」と言われて捨ててしまった。 あの頃は、将来は自分の旦那様になるはずのアードの言葉が、レイナには絶対だったのだ。 ぬいぐるみのその後をレイナは知らない。 焼かれてしまったか、埋められたか。 もしかするとどこかに売られて、別の子供が大事にその手に抱いているのか……そうだといいな、とレイナは思う。 ――そしてちょうどその頃に、入れ替わるように屋敷に来たのがティディであった。
24hポイント 19,541pt
小説 160 位 / 120,752件 恋愛 91 位 / 35,542件
文字数 32,769 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.09.12
恋愛 完結 ショートショート
ある日のこと。 婚約者はわたくしにアレを突きつけた。 息抜き用。 前後編のショートショートです。
24hポイント 418pt
小説 3,246 位 / 120,752件 恋愛 1,581 位 / 35,542件
文字数 3,591 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.09.15
恋愛 完結 短編 R15
伯爵令嬢のソフィアには、とても我儘な妹がいる。 妹のフランシスは小さな頃から髪飾りや宝石、姉のものを何でも欲しがった。 気に入らないことがあるとすぐに「苛められた」と言い出す悪癖があるフランシスは、とうとうソフィアの婚約者まで欲しがり始める。
24hポイント 1,448pt
小説 1,175 位 / 120,752件 恋愛 596 位 / 35,542件
文字数 17,305 最終更新日 2021.07.14 登録日 2021.07.07
腹違いの妹に幼い頃から様々なものを奪われてきたセシリアは、隣国の伯爵家へと嫁がされることになる。 実はその相手とは幼い頃に一緒に遊んだ想い出があり、こっそりと再会を心待ちにしていたセシリア。 しかし、成長した彼と想い出を懐かしみ愛を囁いたのは、その場にいなかったはずの腹違いの妹だった。
24hポイント 369pt
小説 3,628 位 / 120,752件 恋愛 1,756 位 / 35,542件
文字数 32,500 最終更新日 2021.07.06 登録日 2021.06.29
和平の証として魔族の元へと嫁がされたエルネットは、作った料理が不味いと毎日なじられ続けていた。 それでも魔族の慣わしとして、家族の口へと入る料理は彼女が作らねばならないらしい。 侯爵家の令嬢で、料理をしたことがなかった自分が悪いのだと努力を続けるエルネットだったが、それでも夫は彼女の料理を不味いと言い捨て、愛人の元へ通いに行くと公言する。 ほとんど限界を迎えていた彼女の中で、ついに何かがプツリと切れた。
24hポイント 198pt
小説 6,204 位 / 120,752件 恋愛 2,653 位 / 35,542件
文字数 8,074 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.06.21
突然の婚約破棄を突きつけられた男爵令嬢レイチェルは、浮気相手に尋ねてみました。 「なぜ、この方なんですの?」 だってあなたが私から奪ったこのひと、甲斐性なしの不良債権のクズですのよ?
24hポイント 234pt
小説 5,417 位 / 120,752件 恋愛 2,421 位 / 35,542件
文字数 18,200 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.06.16
7