2
剣に生涯を捧げ、二代目剣聖にまで至った男レオン・デイマーは、多くの家族や弟子に囲まれ、齢80数歳にして一見穏やかな生涯を閉じたかに見えた。 だが、当の本人には拭いきれない悔恨の念があった。 若き日々ともに剣を合わせ、ともに研鑽を積み、時に争い、友として剣を競った男、初代剣聖レイチェル・ミッドガル。若くして命を散らしたあの男の背に最後まで届かなかったこと・・・・ レオンの強い思いを気まぐれな神々が聞き届けたのか、目を開けた彼は200年の時を超え、ケイオス・エルドバーン辺境伯の3男、レオン・エルドバーンとして生まれ変わっていた。 剣聖レオン・デイマーとしての記憶や技量を持ったまま新たな人生を始めることになったレオンは、剣のみならず魔法をも極めようと、幼き日より『黒騎士』ブルーム・ドラグノフ、宮廷魔道士クロエに師事し、今生こそはレイチェルを超えるのだと研鑽の日々を過ごす。 そして時は過ぎ、騎士学校の入学試験に臨むレオンの前に、レイチェルの面影を持つ男が現れたのだが・・・・ 時を超え、最強を求め続けた男たちが、因果の輪の果てに今再び邂逅する! この作品は小説家になろう様でも投稿しております。
24hポイント 14pt
小説 31,182 位 / 140,373件 ファンタジー 5,151 位 / 34,300件
文字数 203,033 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.07.22
 長年の研究の末に転生の魔道具を作り出した偉大な魔法使いは、永遠の人生を求めて転生を行った。  しかし、転生先で意識を転生元の少年に奪われてしまう。  偉大な魔法使いは記憶だけの存在となり、その大きな力を手に入れた少年は冒険者を目指す。  大きすぎる力故に、目立たぬよう、目立たぬように初級魔法しか使わなかったのが仇となり、所属していたパーティーを理不尽にも追放されてしまう……初級魔法と言っても少年の初級魔法は上級魔法に匹敵する威力だったのだが……  追放された少年は失意に陥るも彼の実力を看破したパーティーから誘いを受ける。なんと、そのパーティーは女ばかりのパーティーだった。新たなパーティーからは熱烈以上の歓迎を受けることになる。  追放したパーティーは新たに上級魔法を使えるメンバーを迎えるもそのメンバーのせいで没落していく。  少年は新たな仲間と共に冒険を始めるのであった。  これは追放されながらも新たに誘われたパーティーの過剰な接触に困惑しながら、今度こそは本来の実力を認められて成功していく物語である。 この作品は小説家になろう様でも投稿しております。
24hポイント 7pt
小説 36,344 位 / 140,373件 ファンタジー 6,426 位 / 34,300件
文字数 19,785 最終更新日 2020.09.04 登録日 2020.08.24
2