蒼井せな

蒼井せな

恋愛小説を書きます。
2
恋愛 連載中 長編
AR技術が発達した時代。人々は白い眼鏡をかけ、レンズに映る架空のバーチャルキャラクタと恋愛するようになった。極度の〈バーチャルアレルギー〉を患っている栄純一は、虚構を受け入れられず、同時に虚構を愛する人間を嫌悪した。ある日、栄純一が外を歩いていると、白金由貴と名乗る女性に出会う。白金由貴は、今どきでは珍しく白い眼鏡をかけていなかった。虚構を嫌う二人は意気投合し、惹かれ合った。栄純一と白金由貴は、〈現実同盟〉を組み、虚構が蔓延るこの狂った世の中を変えようと目論む。 ※この作品は、以下の小説投稿サイトにも投稿しています。 「ノベルアップ+」「カクヨム」「小説家になろう」
24hポイント 0pt
小説 99,064 位 / 99,064件 恋愛 27,528 位 / 27,528件
文字数 5,462 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.06.29
”孤独”というのは、最も身近なウイルスだ。人の心に感染すると、次第に健康な部分を蝕み、やがては使い物にならなくなる。これを治療するには、孤独を忘れさせてくれるような友人であったり、恋人が必要だ。残念なことに、それを用意できない者は”孤独”を治療することはできない。 この状況を危惧した政府により、とある技術が開発された。「サイケロマンス」という薬品だ。これは脳に作用し、投与すると服用者の思い描いた<理想の恋人>が幻覚となって現れる。”孤独”を治療するために必要な相手を、薬の力で作り上げた架空の人物で代用するのが「サイケロマンス」の目的だ。 薬によって理想の女性が現れた僕の人生は、素晴らしいものになると思っていた。 ※他サイトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 99,064 位 / 99,064件 恋愛 27,528 位 / 27,528件
文字数 4,462 最終更新日 2020.06.05 登録日 2020.06.05
2