温泉カピバラ

温泉カピバラ

小説を書き始めて間もないですが、すこしづつ勉強しながら小説を投稿していきたいです。
1
街のゴミ処理業者として働いていたガルム。作業中に汚い鉄の塊を見つけたので、鉄クズとして売り払おうと家に持ち帰る。丁寧に洗うと、どれも美しい武器や防具だった。 調べるにつれ、それは御伽噺でしか聞いたことのない武具であることが徐々に分かってくる。【覇王龍の魔剣】に【英雄の鎧】、【太陽王のマント】!? 何だこれ?  冒険者くずれだったガルム。一度は諦めた冒険者の道を、最強の装備と共に再び歩み出す。
24hポイント 14pt
小説 22,860 位 / 112,576件 ファンタジー 4,207 位 / 29,298件
文字数 112,657 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.05.06
1