1
 入社三年目の会社員・武松道資は、出張先のホテルで目を覚ますと、自分の下半身が消え去っていることに気がついた。  さらにそのホテルの1フロアは、外部より遮断された謎の密閉空間と化していたのである。  ここに、会社の先輩や他の宿泊客らとの、ホテルからの脱出を目指す探索行が始まる。  彼の下半身の行方やいかに――
24hポイント 0pt
小説 50,696 位 / 50,696件 ファンタジー 16,624 位 / 16,624件
文字数 72,928 最終更新日 2019.01.14 登録日 2018.12.12
1