胡桃 真依

胡桃 真依

こんにちは。 旧名弓向ミラです。 名前は変更しましたが、これからも頑張っていきますので、応援をいただけると嬉しいです!
4
恋愛 連載中 長編
『こんなに苦しいのなら、あなたを好きだって自覚したくなかった……』 〝面通し〟も終わり、正式にアキラの彼女となったミカ。すべて順調にいくはずだった。 しかし、突然ミカは、アキラの前から姿を消した。 『もう一緒にいられない…』 一方的にそう告げてアキラを突き放す。 そして、逃げ着いた先で久々にある人物と再会して、事情を話したミカにその人物が訊いた。 『彼のことを忘れたいか?』 ミカが出した答えは────?
24hポイント 0pt
小説 87,151 位 / 87,151件 恋愛 22,985 位 / 22,985件
文字数 156,538 最終更新日 2020.11.18 登録日 2018.11.01
恋愛 連載中 長編
アキラに本心を打ち明け少し心を許すようになった頃、ミカはアキラに対する自分の感情に迷うようになる。 そんな時、琥珀から応援してくれと頼まれ引き受けてしまった。悶々と心が晴れない日々が続いていたバレタインの日。 ミカはユウマに告白をされる。 混乱し、待ってと言うミカに『もう待てない』と言い、選べと選択を迫る。 『だから、選んで。俺か、神津さんか』 『もしミカが神津さんを選ぶなら、……俺はもう二度とミカには会わない』 究極の選択を迫られたミカの出した答えは? ミカの兄が見つかるなど、他に番外編なども収録。
24hポイント 0pt
小説 87,151 位 / 87,151件 恋愛 22,985 位 / 22,985件
文字数 376,599 最終更新日 2020.08.23 登録日 2019.09.09
『だから、翊暉《あきら》さん。あなたが私を殺してよ』 風邪のようにひどく嗄れた声を持って生まれてきた愛叶《みか》。 気持ち悪いこんな声いらない…。 人とは違う声を持ったため、それをコンプレックスに思っている。そしていつからか、携帯の音声アプリが声を出さない彼女の〔声〕になった。 高二の11月。星空を見るのが日課だったミカは、地元では知らない人はいない『神津《こうづ》組』の頭《かしら》であるアキラに声を掛けられた。 どんなに拒んでも、アキラは関わってくることをやめない。 しかしある時、彼女自身の「声」で発せられた言葉。そのお願いにアキラは────!? 愛されずに育てられた少女と愛情一杯に育てられた青年。正反対でどこか似ている二人が出逢い、紡いでいく恋愛物語。
24hポイント 0pt
小説 87,151 位 / 87,151件 恋愛 22,985 位 / 22,985件
文字数 118,692 最終更新日 2020.08.11 登録日 2017.11.06
恋愛 連載中 長編
『だから、翊暉さん。あなたが私を殺してよ』 人とは違う声を持ったため、それをコンプレックスに思っている愛叶。いつからか、携帯の音声アプリが声を出さない彼女の〔声〕になった。 しかしある時、彼女自身の“声“で発せられた言葉。そのお願いに翊暉は────!? 愛されずに育てられた少女と愛情一杯に育てられた青年。正反対の2人が出逢い、紡いでいく恋愛物語。
24hポイント 0pt
小説 19,406 位 / 19,406件 恋愛 4,789 位 / 4,789件
登録日 2017.07.03
4