2
 時は江戸初期。津和野藩と萩藩の剣術試合で、津和野藩は萩の松倉伝兵衛に惨敗する。その時、津和野藩の久米平内(くめのへいない)が立ち上がる。平内はかつて素手で大猪を倒した若者。戦いの末に伝兵衛を殺してしまう。面子を潰された萩方は、平内が淡い想いを寄せるお里をさらう。平内は萩の侍を殺してお里を助け出すが、お里は平内に対し怯えるだけだった。  出奔した平内は大坂で、大坂城代用人杉山和太夫に絡まれていた娘お花を助ける。お花の兄幸吉に頼まれ、平内はお花と京へ向かうが、その間に幸吉は殺され、お花の父庄五郎は捕まった。お花は庄五郎を救うべく和太夫の許へ向かうが、庄五郎は殺され、お花もまた自害する。怒った平内は和太夫を殺し、江戸へ向かった。  江戸で平内が会ったのは柳生十兵衛。十兵衛に剣を以て何をなすかと問われたが、答えられない。ならばそなたに出来るのは人殺しだけぞという言葉に反発する平内に、十兵衛は鉄扇を授けるのだった。  当時、江戸では旗本奴と町奴が争っていた。旗本奴の巨魁水野十郎左衛門と会った平内だが、堕落した水野と手下らの姿に失望し屋敷を出る。追ってきた手下と揉める平内の前に、町奴の巨魁幡随院長兵衛が現れた。長兵衛は手下の人足たちと江戸の普請をしていた。旗本は槍で江戸を獲ったかも知れないが、今の江戸の町を作っているのは名もなき人足たちだ。それを誇る姿に胸打たれた平内は、長兵衛に協力する。月日は過ぎて、旗本奴と町奴の対立は激化していた。長兵衛は和解のために宴を設ける。その席で平内は遊女になっていたお里と再会する。だが、お里は以前から十郎左衛門に迫られていた。平内をかばうお里を見た十郎左衛門は怒り、和解は失敗する。平内はお里と夫婦になった。長兵衛は十郎左衛門と和解すべく単身屋敷に乗り込むが、殺されてしまう。  平内は水野屋敷に乗り込み、十郎左衛門との戦いに臨むのだった……  
24hポイント 21pt
小説 11,615 位 / 63,661件 歴史・時代 123 位 / 756件
文字数 128,419 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.30
 享和三年五月のある日、伊勢屋のおよねの見舞いに訪れたさやと内山拾七郎は、およねが部屋に引きこもっているのを知る。およねは延命院の柳全という僧の子を堕胎し、それを種に強請られていた。  強請ったのはお松。お松は医者の順庵の助手であったが、およねに頼まれ密かに堕胎薬を作った。それが順庵にばれ、問答している内に誤って殺してしまったのだった。  拾七郎の兄で内山三兄弟の長兄、同心の内山三之丞は、逃げたお松を探していたが、お松は恋人の清吉と共に、不忍池で死体で発見される。お松は柳全をも強請り、逆に延命院の凄腕の用心棒跡部信雪に殺されたのだ。  信雪はかつて内山三兄弟の次兄伝伍と平戸藩の剣術指南役を争ったが破れ、妻の藤乃を捨て人斬りの道に堕ちていた。その後悔から伝伍は剣を捨て、藤乃の想いにも向き合えずにいたが、信雪が延命院にいるのを知り、彼と自分の過去とに向き合う決意をする。  一方、延命院では、日潤と柳全という僧が、大奥女中や町娘との女犯の罪を犯していた。事件を重く見た寺社奉行脇坂安菫は、腹心の部下三枝右門に命じて密かに調査を進めていた。右門は伝伍に眼をつけ、仕官の名目で伝伍に信雪を殺させようとする。それを知った三之丞は怒り、また安菫が大奥を恐れて事件解決に逡巡しているのにも腹を立て、自らも事件の解決に乗り出す。また、さやと拾七郎も、およねの事情を知って憤り、自らの手で柳全を捕縛しようと動く。  そして五月二十六日、安菫は右門に、日潤らの捕縛のため延命院踏み込みを決行させる。三之丞、伝伍、拾七郎とさやも延命院に踏み込み、それぞれの決着をつけるのだった。 (これは第二回富〇見時代小説最終選考作を、加筆修正したものです)
24hポイント 0pt
小説 63,661 位 / 63,661件 歴史・時代 756 位 / 756件
文字数 96,122 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.24
2