1
王国のポーション精製係として働いていたミレニアはある日、宮殿から追放されてしまう。 その理由は「ポーションしか生み出せないから」というもの。国王陛下に言われてしまう。 ポーション精製要員が確保できたとして、身分の低いミレニアは追放という形になってしまった。 仕方なく、彼女は故郷の町に戻りポーション販売で細々と生きて行くことにした。国民からの信頼厚き領主はミレニアの追放に激怒したが、彼女はその気持ちだけで十分と言う。するとその後から、彼女のスキルが進化し、ハイポーションやエーテルといったアイテムを次々と生み出せるようになっていった。 スキル進化は非常に稀な現象であり、王国は才能の塊のミレニアを追放してしまい大打撃となる。 しかし、今さら彼女に擦り寄りたくない国王陛下は、なんとかミレニアを超える生産ラインの確保をしようとするが……。
24hポイント 6,965pt
小説 284 位 / 87,246件 ファンタジー 91 位 / 24,910件
文字数 27,138 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.11.16
1