桃乃木あんこ

桃乃木あんこ

1
世間の目から隠されるように山の中の集落で育てられた紅蘭(こうらん)。紅蘭の一族は忍びの末裔であり、飛び道具や文明利器である銃も使いこなしていた。そこで育てられた紅蘭は、ある日好奇心から集落を飛び出し、嵐に襲われる。気を失った紅蘭が目を覚ますとそこは、魔法がありふれたファンタジーな世界で!? なんと転移先には、マジックウェポンとして刃こぼれしない暗器や数々の罠道具まで持ち込んでしまっていた。紅蘭の名を捨て、『コーラン』として生きることを決めた彼女は、この世界の『貴族』のお抱えになろう!と決意し、騎士団の選出戦に向かうのだったがーーー。 ※この世界の貴族、というものが分かっていない彼女は王族の騎士団の選出戦にエントリーしてしまいます。
24hポイント 7pt
小説 12,703 位 / 44,883件 ファンタジー 3,640 位 / 15,203件
文字数 4,431 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.21
1