1
SF 連載中 短編
ある日、当然高い山の真上の空中に穴が開く。そして、その穴は人だけをどんどん吸い込み巨大になって行く。そして、ついに山をすっぽり囲む程大きくなり登山客全員が吸い込まれた?!吸い込まれた先は巨大な空間であった。みんな戸惑っているといきなりチーム戦のデスゲームをさせられていまう!デスゲームをクリアすると賞品としてこの『Air Hole』の統治者になれるらしい。困惑する人々、病んでいく心。それを止めるため(Air Holeの存在は知らなかったが)異常現象マニアたちが故意に穴に入り被害者を助け出そうとする。果たして、Air Holeとは何なのか?誰が何のために作られたのか?また、異常現象マニアたちはデスゲームを止めることができるのか?
24hポイント 0pt
小説 51,138 位 / 51,138件 SF 1,739 位 / 1,739件
文字数 3,436 最終更新日 2019.06.01 登録日 2019.06.01
1