Kan

Kan

ミステリーを中心に執筆しています。主に「小説家になろう」で活動していますが、アルファポリスにも出没したいと思いますので、よろしくお願いします!!
1
Kan
バルコニーの鉄柵に首をくくってから、一年あまりがたった冬のこと。Mの怪人を名乗る人間から謎の殺人予告状が届き、その内容通りに、赤沼家の人々が、一人また一人と不可解な死を遂げてゆく。雪降る夜、怪人が出現し、赤沼家の当主重五郎は喉笛を掻き切られ、その殺害現場のアトリエの周囲には怪人の脱出した足跡がなかった。名探偵羽黒祐介シリーズの長編ミステリー第一弾!
24hポイント 0pt
小説 47,011 位 / 47,011件 ミステリー 1,241 位 / 1,241件
文字数 14,774 最終更新日 2018.03.19 登録日 2018.03.19
1