1
ある日、唐突に皇帝が自らの『最愛』を決めた。 選ばれたのは、最も格の低い五十番目の妃。 故に周囲の者たちは困惑する。 何故よりにもよって、と。 しかし、皇帝としては切実な理由がそこにあった―― ※小説家になろう様にて、同タイトルを加筆・修正したものを投稿しております。
24hポイント 92pt
小説 9,018 位 / 121,853件 恋愛 3,923 位 / 34,295件
文字数 4,605 最終更新日 2021.09.20 登録日 2021.09.20
1