「小川健次ブログ -BIG THINK」のコンテンツを見ている人は他に…

季節の行事やイベントに関する情報をお届けしています。
24hポイント 2,423pt
ブログ 6 位 / 4,748件 くらし全般 1 位 / 119件
【書籍化決定しました】 中年勇者のフリードは死闘の末に魔王を倒した。 だが、手柄を独り占めしようとする愛弟子に殺されてしまう。 その直後、フリードはなぜか新たな魔王としてよみがえった。 迫る勇者たちによって、魔王城は攻め落とされる寸前。 けなげにフリードを守ろうとする副官の美少女魔族や配下たち。 彼らを助けるため、フリードは図らずも勇者と戦うことになる。 かつての勇者は史上最強の力を持つ魔王となり、滅亡寸前の魔界を救う大反撃が始まる──。 リンク先は「小説家になろう」様になります。
24hポイント 7,364pt
小説 9 位 / 18,578件 ファンタジー 9 位 / 6,949件
乙女ゲームのモブに転生した私は、学院を自主退学して商売始めることにしました。前世で培った料理スキルを駆使して、おいしいパンを作ろう! ちなみに、元悪役令嬢だった二人も一緒です。名前だけモブだった第三王子からも手紙が来ます。ヒロインとは決別しました。したのに……え? まだ巻き込まれるんですか、私? ※本作品は、「乙女ゲームの名前すら存在しない脇役に転生して悪役令嬢の友人になったことについて」の続編です。相変わらずヒロインはお花畑でウフフキャッキャしてます。攻略キャラはすでにダメンズ調教済みです。第三王子ががんばっています。 前作を読んだことがない方は、まずは前作を先に。
24hポイント 129pt
小説 315 位 / 18,578件 ファンタジー 176 位 / 6,949件
かつて魔王をワンパンで倒した英雄の血を受け継ぐ人間が暮らす英雄村。 村で案内人をしていた主人公は、役に立っていないという理由で、半ば追放同然で飛び出す。 気がつけば、そこは東の端にある王都だった。 村では無能呼ばわりされた主人公だが、王都では「普通」じゃない強さと知識を見せつける。 大きなトカゲ(ダークドラゴン)を駆除したら喜ばれ、村ではゴミ同然の薬草を売ったら、高値で取引。村では生まれたばかりの子供でも読める古代言語を読んだら、先生と呼ばれる。 村で虐げられた青年が、王都で英雄扱いされる物語。
24hポイント 11,057pt
小説 5 位 / 18,578件 ファンタジー 5 位 / 6,949件
コンビニ店員のおっさんが、勇者召喚に巻き込まれて異世界に! いわゆるクラス転移というやつに巻き込まれた、冴えない三十五歳の独身男性、乙木雄一。 召喚された勇者たちは女神様からチートスキルを一つずつもらって転生するが、おっさんは巻き込まれただけなのでチートは売り切れ、貰えなかった。 代わりとばかりに女神様は、チートスキルを作るための参考に集めていた余り物、廃棄スキルをまとめておっさんにぶち込み、強制的に異世界で送り出す。 ステータスも低く、スキルも役立たず。でもおっさんはがんばります。 気付けばおっさんの周りには、なぜかおっさんを慕う女の子や男の娘がたくさんいて。 おっさんもまんざらじゃない気分だったり。 廃棄スキルも駆使したら、全然弱くなかったり。 そんなおっさんの異世界での、なんてことの無い物語。
24hポイント 12,815pt
小説 4 位 / 18,578件 ファンタジー 4 位 / 6,949件
【育成】に特化した俺(27歳)のスキルは、あるていど強くなった勇者パーティにはもう不要なようだった。初期のころはパーティの中心だった俺も、とうとう勇者から解雇を言い渡される。ただし、「これまでパーティに多大なる貢献をしてきた」ということで、退職金がわりに小さな【領地】をゆずり受けることになった。冒険の第一線を離れる寂しさを胸に領地へ向かう俺だったが、じっさいに7つの村と2500人あまりの領民たちを見てふと思った。俺がコイツら育成したら、魔王とか倒せるような強い領地にならねーかな?……と。
24hポイント 31,052pt
小説 1 位 / 18,578件 ファンタジー 1 位 / 6,949件
恋愛 連載中 長編 R15
   『悪魔の子』  そう呼ばれた私は、名前すら与えられず十七年間王城の誰からも忌み嫌われ、孤独だった……。 そんな私をずっと支えてくれていたのは……精霊たち。  ある日、王国から身に覚えの無い疑いで追放されるが、そこは『魔の大樹の森』と言われる、人間が決して立ち入らない大きな森だった。  王城から出たことのない無知な私が、その森で一人の男性に出会う。  その人はなんと、花や木など全ての自然を守る『聖霊獣の竜』らしい……。  無知で孤独の娘が、竜と生活していく中で『愛』の暖かさを知っていくお話です。  だんだんと溺愛していきます。  最初はちょっぴりシリアス気味です。 ☆☆☆☆☆ 小説初投稿です! 至らないところもたくさんあると思いますが、手探りで頑張ります。 ※ 文章力、語彙力に自信ありません。 ※ 誤字脱字ありましたらすみません。 でも!一生懸命頑張りますので、温かい目で見て頂けると嬉しいです!!
24hポイント 11,509pt
小説 113 位 / 37,679件 恋愛 38 位 / 8,804件
文字数 64,914 最終更新日 2018.12.15 登録日 2018.08.26
ブラック企業で酷使された男は、終電のなかで不思議な夢を見た。 「勇者、魔王、賢者、どの役割を望みますか?」「面倒くさいのはどれもお断りだ」 ……その結果、勇者でも魔王でも賢者でもない、規格外の存在として異世界に転移する。 彼が手に入れたスキルは【創造】、素材をもとに最高級のアイテムを生み出す力だった。 彼はスキルを活かし、生産職として身を立てようとする……ものの、そのアイテムはあまりにチートすぎた。 ドラゴンをまっぷたつにする木剣、あらゆる魔法を反射するおなべのフタ。 チートなアイテムの数々で騒ぎを巻き起こすうち、彼は冒険者として成り上がっていくのだった。 ※小説家になろうでも投稿中です。
24hポイント 68,512pt
小説 10 位 / 37,679件 ファンタジー 6 位 / 13,447件
文字数 80,646 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.07
ファンタジー 連載中 長編 R15
 俺の名前は鬼瓦仁(おにがわらじん)。どこにでもある普通の家庭で育ち、漫画、アニメ、ゲームが大好きな会社員。今年で32歳の俺は交通事故で死んだ。  そして気がつくと白い空間に居た。そこで創造の女神と名乗る女を怒らせてしまうが、どうにか幾つかのスキルを貰う事に成功した。  しかし転生した場所は高原でも野原でも森の中でもなく、なにも無い荒野のど真ん中に異世界転生していた。 「ここはどこだよ!」  夢であった異世界転生。無双してハーレム作って大富豪になって一生遊んで暮らせる!って思っていたのに荒野にとばされる始末。  あげくにステータスを見ると魔力は皆無。  仕方なくアイテムボックスを探ると入っていたのは何故か石ころだけ。 「え、なに、俺の所持品石ころだけなの? てか、なんで石ころ?」  それどころか、創造の女神ののせいで武器すら持てない始末。もうこれ詰んでね?最初からゲームオーバーじゃね?  それから五年後。  どうにか化物たちが群雄割拠する無人島から脱出することに成功した俺だったが、空腹で倒れてしまったところを一人の少女に助けてもらう。  魔力無し、チート能力無し、武器も使えない、だけど最強!!!  見た目は青年、中身はおっさんの自由気ままな物語が今、始まる! 「いや、俺はあの最低女神に直で文句を言いたいだけなんだが……」 ================================  月見酒です。  正直、タイトルがこれだ!ってのが思い付きません。なにか良いのがあれば感想に下さい。
24hポイント 13,645pt
小説 95 位 / 37,679件 ファンタジー 58 位 / 13,447件
文字数 1,059,064 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.06.11
恋愛 連載中 長編 R15
相手からの攻撃を八割受け止めることが役割の、盾師であるおれ。だが何にも特殊技能はもってないので、パーティメンバーからは役立たず扱いだ。そんな毎日の中、おれはミッション失敗の八つ当たりで吹雪の中、粗大ゴミ捨て場に捨てられる。凍え死にそうになったおれを拾った、その人は世間から隠れている隠者で……”捨て犬”扱いのおれは、その人の”飼い犬”になることになった。そんなおれとその人のお話。……おれじつは、女なんだぜ?
24hポイント 10,558pt
小説 126 位 / 37,679件 恋愛 43 位 / 8,804件
文字数 214,841 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.06.14