「小川健次ブログ -BIG THINK」のコンテンツを見ている人は他に…

ファンタジー 連載中 短編 R15
勇者パーティに属するルーナ(17)は悩んでいた。 補助魔法が使える前衛としてスカウトされたものの、勇者はドスケベ、取り巻く女の子達は勇者大好きという辟易するパーティだった。 しかも勇者はルーナにモーションをかけるため、パーティ内の女の子からは嫉妬の雨・・・。 そんな中「貴女は役に立たないから出て行け」と一方的に女の子達から追放を言い渡されたルーナはいい笑顔で答えるのだった。 「ホントに!? 今までお世話しました! それじゃあ!」 ルーナの旅はまだ始まったばかりである。
24hポイント 87,636pt
小説 8 位 / 29,603件 ファンタジー 7 位 / 10,722件
文字数 55,385 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.06.03
ファンタジー 連載中 長編 R15
丘村日色は、勇者四人に巻き込まれた形で異世界へと召喚されたが、自分のためにチート能力を使うことに決めた。
24hポイント 4,756pt
小説 18 位 / 18,464件 ファンタジー 13 位 / 6,754件
田舎ヤンキーのヒーローと虫も殺せぬ心優しい怪人が繰り広げる日常マンガ「主人公マン」
24hポイント 297pt
漫画 5 位 / 673件 少年向け 3 位 / 209件
恋愛 連載中 長編 R15
腐った姉がやっていたBLゲームの世界に生まれ変わっていた私。 記憶を思い出したときには遅かった。 我儘で愛想のない嫌われ王妃様。彼女は主人公の為に存在する悪役王妃だった。 って、冗談キツイわ! 大丈夫、邪魔なんてしないから、実家に帰ってもいいわよね? ※BL要素は薄めです。 別サイトで書いた短編を連載にしました。 ※この話しはゲームという誰かが好きに作った世界の話しです。女性(主人公)に対して辛い表現がでてきますが、BLだからではありません。全てフィクションです。
24hポイント 4,678pt
小説 228 位 / 29,603件 恋愛 73 位 / 7,086件
文字数 259,395 最終更新日 2018.06.13 登録日 2017.03.22
拳しか取り得のない現代日本の少年が迷い込んだ異世界。そこで巻き起こる出会いと戦いの物語。王道ファンタジーです。
24hポイント 651pt
小説 95 位 / 18,464件 ファンタジー 59 位 / 6,754件
恋愛 連載中 長編
一方的に婚姻破棄(離縁)を突き付けられた三十路主婦、ハローワークに行ったつもりがそこは異世界ギルドでした。自称おっさん冒険者のS級冒険者に仕事を紹介され、ポーション畑へ。 ポーション収穫中、回復効果のないハズレポーションが醤油だったことに気がつき、料理を作ることにしました。 ハズレポーションで作った料理には補正効果が付くようなのですが、それってすごいの?冒険者としてゆるゆるレベルを上げつつポーション料理を開発するスローライフな物語です。 *ざまぁ要素薄めですがあります→(閑話*日本では)
24hポイント 8,104pt
小説 7 位 / 18,464件 恋愛 2 位 / 5,045件
3歳の時に川で溺れた時に前世の記憶人格がよみがえったセリカ。 魔法が使えることをひた隠しにしてきたが、ある日馬車に轢かれそうになった男の子を助けるために思わず魔法を使ってしまう。 それを見ていた貴族の青年が…。 異世界転生の話です。 のんびりとしたセリカの日常を追っていきます。 ※ 表紙は星影さんの作品です。 ※ 「小説家になろう」から改稿転記しています。
24hポイント 17,467pt
小説 75 位 / 29,603件 ファンタジー 48 位 / 10,722件
文字数 151,804 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.05.11
アリスがセティス公爵家のパーティーで出会ったのは、老公爵の孫――セラ侯爵家の兄妹だった。
24hポイント 14,760pt
小説 5 位 / 18,464件 ファンタジー 5 位 / 6,754件
恋愛 連載中 長編
絶世の美女と謳われた亡き母とうり二つの顔を持つ王女シルビア。父王に愛されず、継母の嫌がらせに耐える日々を送っている。ある時、その美貌を見初められ、隣国の王子に求婚されるが、そのことを快く思わない継母によって、城から追い出されてしまう。しかし全ては計画通り。祖父が残してくれた庭付き店舗で、のんびりハーブを育てながら、自由を謳歌する元王女の話。
24hポイント 13,843pt
小説 6 位 / 18,464件 恋愛 1 位 / 5,045件
「また転生してしまった」 とある赤ん坊レクスは、英雄と賢者という二つの前世を持つ転生者だった。 「今度の人生では陰謀や騒動に巻き込まれないように気をつけよう」 前世の記憶から目立つ事の危険を学んでいたレクスは地味に生きる事を誓う。 「そして前世からの憧れの職業、自由の象徴である冒険者になるんだ!」 念願叶って冒険者となったレクスは、目立たない様地味な依頼で日銭を稼ぐ毎日を満喫する。 「すみませーん、薬草採取してたらドラゴンに襲われたんでついでに狩ってきましたー」 レクスは気づいていなかった。 自分の地味が滅茶苦茶派手だという事実に。 「それにしても冒険者ランクって簡単にあがるんだなぁ」 それに気づかない少年は今日も平然と周囲の人間の度肝を抜く。
24hポイント 23,207pt
小説 3 位 / 18,464件 ファンタジー 3 位 / 6,754件