「釣りに行かなきゃ始まらないっ!」のコンテンツを見ている人は他に…

恋愛 連載中 長編
百年前、ライナス家に嫁いだ王女。その王女の持つ強力な魔力と容姿を受け継いで生まれたセシル。両親と妹から怯えられ、監禁されるように育てられた。 みんなから怯えられるセシルだけど、王家は強力な魔力を持つ彼女を自国に繋ぎとめるために第二王子アーロンと婚約させる。 しかし、アーロンは男爵令嬢であるリリアンに心を奪われ、セシルとの婚約破棄を望む
24hポイント 14,050pt
小説 88 位 / 33,761件 恋愛 29 位 / 7,944件
文字数 67,046 最終更新日 2018.09.17 登録日 2018.07.18
帝国軍、勇者のパーティー、魔王軍、魔法学校、各々の所属していた居場所から訳ありで追放された男たちが偶然出会い、種族の壁を越えて意気投合。そのまま気軽にチームを組んでみたら、世界に轟く最恐ルーキーチームが出来てしまった。その日その日をどのように過ごすか面白おかしく話し合いながら、困難なクエストを楽々クリアしたり、名のある賞金首や怪物を気軽に討ち取っていると、噂を聞きつけたかつての仲間や女たちが涙ながらに謝罪し、自分を連れ戻そうとしてくる。そのたびに男たちは叫ぶ。 「今さら手のひらを返してんじゃねぇ!」 不遇な人生を過ごしたがゆえに、その日その日を自由に生きようとする男たちが、世界を揺るがす。
24hポイント 7,067pt
小説 7 位 / 18,562件 ファンタジー 6 位 / 6,890件
【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!11月10日発売予定です。】  事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。
24hポイント 7,827pt
小説 3 位 / 18,562件 ファンタジー 2 位 / 6,890件
恋愛 連載中 長編 R18
当人は平凡なつもりOL・瀬尾日奈子。引っ越した先のマンションの管理人さんはとってもイケメンで、なぜか自分にとってもよくしてくれる。 “ひなちゃん、かわいい。おいで” 笑顔が人懐っこくて、優しくて(ちょっと変態だけど)ひたすら甘やかしてくれる人。どこか憎めない、かわいらしい人。私は段々ほだされていって、体まで許してしまった。――だけどそれは罠でした。 “ひなちゃんほんと、馬鹿でかわいい” 優しい管理人・春海さんは、私の前で2度豹変する。
24hポイント 480pt
小説 109 位 / 18,562件 恋愛 31 位 / 5,010件
彼の名は【椎名 愛斗(しいな まなと)】。都内にある進学校へと通う高校2年生である。 彼は昔からある特殊な力を持っていた。それは見たものを一瞬で記憶してしまうと言う、【瞬間記憶能力】。 彼は長身で顔も良い。彼女ができ、家に呼んでも全員が私にはそのサイズは…と引き、別れを告げていった。 そんな彼はいつしか現実の女に興味が無くなり、二次元の世界にハマるようになっていた。 親との約束で模試で全国1位になったらコミケに行っても良いと言われた彼は真面目に試験を受け、見事1位となった。 入場の列に並んでいると、不意に世界がブレ、見た事が無い世界に飛ばされた…。 これはそんな彼が異世界で得た職業を生かし、何とか暮らしていく。そんなお話しである。
24hポイント 5,858pt
小説 199 位 / 33,761件 ファンタジー 130 位 / 12,586件
文字数 248,626 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.08.18
ファンタジー 連載中 長編 R15
※第十一回アルファポリスファンタジー大賞応募しております。9月末まで投票できますので、お済でない方で応援してもらえると嬉しいです。 俺の名はグレイズ。 鳶色の眼と茶色い髪、ちょっとした無精ひげがワイルドさを醸し出す、四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。 ジョブは商人だ。 そう、戦闘スキルを全く習得しない商人なんだ。おかげで戦えない俺はパーティーの雑用係。 だが、ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、仲間には黙っていた。 そんな俺がメンバーと探索から戻ると、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。 理由は『巷で流行している』かららしい。 そんなこと言いつつ、次のメンバー候補が可愛い魔術士の子だって知ってるんだぜ。 まぁ、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を探して暇していた。 まぁ、ステータスMAXの力を以ってすれば、Sランク冒険者は余裕だが、あくまで俺は『商人』なんだ。前衛に立って戦うなんて野蛮なことはしたくない。 表向き戦力にならない『商人』の俺を受け入れてくれるメンバーを探していたが、火力重視の冒険者たちからは相手にされない。 そんな、ある日、冒険者ギルドでは流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。 一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。ともになぜか上級職から始まっていて、成長できず仲間から追放された女冒険者だ。 俺はそんな追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』を結成する。 その後、前のパーティーとのひと悶着があって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。 本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。 ※小説家になろう様、ハーメルン様、カクヨム様、ツギクル様にも重複掲載しております
24hポイント 61,494pt
小説 8 位 / 33,761件 ファンタジー 6 位 / 12,586件
文字数 185,716 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.08.01
時は天保十四年。中山道の板橋宿に「つばくろ屋」という旅籠があった。病床の主にかわり宿を守り立てるのは、看板娘の佐久と個性豊かな奉公人たち。他の旅籠とは一味違う、美味しい料理と真心尽くしのもてなしで、疲れた旅人たちを癒やしている。けれど、時には困った事件も舞い込んで――? 旅籠の四季と人の絆が鮮やかに描かれた、心温まる時代小説。
24hポイント 28pt
小説 5,575 位 / 33,761件 歴史・時代 52 位 / 446件
文字数 59,533 最終更新日 2018.09.20 登録日 2018.04.02
SF 連載中 長編
世界で初めて配信を開始した超大型フルダイブMMO e-world Online。剣や魔法が飛び交う世界で主人公が選んだのは不遇であるサモナー。本来なら強者とはなりえない職だったはずがリアルラックの強さに支えられ最強を引き当てる。様々な召喚獣と共に暴れまわる最強サモナーのお話。
24hポイント 4,498pt
小説 12 位 / 18,562件 SF 1 位 / 932件
異世界に転生した僕――アルフィ・ホープスは、孤児院で育つことになった。 この異世界の住民の多くが持つ天与と呼ばれる神から授かる特別な力。僕には最低ランクの〈解読〉と〈複写〉しかなかった。 だけど、前世で家族を失った僕は、自分のことを本当の弟以上に可愛がってくれるルヴィアとティエラという2人の姉のような存在のおかげで幸福だった。 しかし幸福は長くは続かない。勇者の天与を持つルヴィアと聖女の天与を持つティエラは、魔王を倒すため戦争の最前線に赴かなくてはならなくなったのだ。 僕は無能者として孤児院を追放されたのを機に、ルヴィアとティエラを助けるために魔王討伐への道を歩み出す。
24hポイント 12,191pt
小説 105 位 / 33,761件 ファンタジー 67 位 / 12,586件
文字数 109,569 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.08.27
ファンタジー 連載中 長編 R15
ある日、秋野冬至は異世界召喚に巻き込まれてしまった。 勇者召喚に巻き込まれた結果、チートの恩恵は無しだった。 スキルも何もない秋野冬至は一般人として生きていくことになる。 途方に暮れていた秋野冬至だが、手に持っていたアイテムの詳細が見えたり、インベントリが使えたりすることに気づく。 なんと、召喚前にやっていたゲームシステムをそっくりそのまま持っていたのだった。 その世界で秋野冬至にだけドロップアイテムとして誰かが倒した魔物の素材が拾え、お金も拾え、さらに秋野冬至だけが自由に装備を強化したり、錬金したり、ゲームのいいとこ取りみたいな事をできてしまう。
24hポイント 133,617pt
小説 1 位 / 33,761件 ファンタジー 1 位 / 12,586件
文字数 96,582 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.09.09