「雨過天晴」のコンテンツを見ている人は他に…

アラフォーリーマンのRan Ranが、老後の資金をつくるために、さまざまなことに挑戦するブログです。
24hポイント 138pt
ブログ 90 位 / 4,695件 株式・投機・マネー 3 位 / 62件
 転生屋。  それは決められた者にしか来られない場所。しかし、突如そこに資格を持たない謎の男が訪れた。彼は転生を希望するので転生屋の店長は上の命令で実行することにしたが失敗に終わってしまう。その理由は彼が不死身の吸血鬼だから。  死にたがりの彼は死に場所を求めて藁にもすがる思いで転生屋に来たのだ。最後の頼みである転生も失敗に終わってしまったがここは各世界から色んな人が集まるので、働きつつその中から自分を殺せる人物を探すことにした。果たして彼は望み通りに死ぬことが出来るのか?
24hポイント 7pt
小説 2,339 位 / 18,498件 ファンタジー 781 位 / 6,899件
都に近く、不思議なおとぎ話が伝わる森があった。 開発計画により力を失った森からは薬草が消え、おりしも流行り病がでる。 薬種を集める名人駄句(だく)の娘、衣都(いつ)と、典薬寮の学生、 美貌の俺様青年 玲(れい)、武官上がりの肉体派方向音痴野郎 穂田里(ほだり)三人は、薬草を求めて旅に出ることになるのであった。
24hポイント 80pt
小説 472 位 / 18,498件 ファンタジー 254 位 / 6,899件
恋愛 連載中 長編
 前世は短い生涯だった。異世界であっても、生まれ変われたことに歓喜した。長生きができる、やりたいことが何でもできると。  それなのに、私はとあるゲームの悪役? どのルートでも死亡する?  結末を知った私は生に執着するのをやめた。  この作品は随分昔、なろうで公開していた作品です。
24hポイント 134pt
小説 3,453 位 / 36,253件 恋愛 1,143 位 / 8,464件
文字数 20,840 最終更新日 2018.08.09 登録日 2018.08.09
讃岐香川生まれの光樹が、香川・岡山界隈のうどん屋さんを食べ歩いてます!
24hポイント 20pt
ブログ 263 位 / 4,695件 グルメ 8 位 / 63件
現在、いくつかの投稿サイトに 小説を公開しています。
24hポイント 8pt
ブログ 384 位 / 4,695件 その他雑学・趣味 24 位 / 264件
BL 完結 短編 R18
オリジナルのボーイズラブ短編小説ブログです
24hポイント 4,114pt
小説 16 位 / 18,498件 BL 2 位 / 938件
既婚 子供なしのキレイになりたいアラフォー大人女子です♡ アラフォーになっても、女子でいたい(*ノωノ) キレイになりたい(*ノωノ) 若くみられたい(*ノωノ) そんな想いから、ブログを始めました。 副収入チャレンジを楽しみながら 毎日、更新中です(●´ω`●) 私と一緒に、キレイに そして、貯金も増やして 毎日を楽しみましょう(´艸`*)
24hポイント 104pt
ブログ 111 位 / 4,695件 お金 3 位 / 36件
女優になる為邁進していた主人公は、ある日突然、理由も分からないまま死んでしまう。 それは、よくある神様の手違いだったのだが、問題はその後。 彼女は何故か、異世界の貴族、しかも、悪役顔のクールビューティな、“オジサマ”になっていたのだった...。 え?、死んで蘇ったら賢人?、何それ?ファンタジー? 傀儡になりかけの王、暗躍する宰相、そして、見ず知らずの知人達。 しかもこの肉体、最悪で有名な豚公爵とあだ名される男性のものだった。 とにかく持ち前の演技力と機転、そして、肉体に遺された知識だけで切り抜ける。 頭の中では大パニック、外面はクールに、なんとか生きろ、がんばれオジサマ、負けるなオジサマ。 これは、オタクですらない頭の弱い女子が、一欠片も知らないとあるRPGに良く似た世界で、チートなオジサマとして生きなきゃならなくなった、なんか可哀想(笑)なお話です。 ざまぁ予定アリ。 小説家になろう様でも同じタイトルで連載しています。
24hポイント 8,833pt
小説 150 位 / 36,253件 ファンタジー 77 位 / 13,162件
文字数 292,635 最終更新日 2018.11.18 登録日 2018.10.17
【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!11月10日発売予定です。】  事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。
24hポイント 13,085pt
小説 2 位 / 18,498件 ファンタジー 2 位 / 6,899件