「あんこと麦と」のコンテンツを見ている人は他に…

ノルウェーニャンxキジトラxキジ白 トリオdeもふもふ3きょうだい♪ 猫3匹とゲーマーのもふもふ生活漫画絵日記「メンコスケダモノ」 毎日更新中(ΦωΦ) 主に猫マンガ、時々中のヒト日誌。
24hポイント 3,254pt
ブログ 3 位 / 4,926件 ペット 1 位 / 76件
ファンタジー 連載中 長編 R15
将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。 兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。 疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。 父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。 そこは、領地とは名ばかりの森。 アシュトは疲れたように笑って言った。 「はは······まぁ、のんびり過ごそう」   これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。 植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。
24hポイント 93,165pt
小説 5 位 / 47,183件 ファンタジー 2 位 / 15,755件
文字数 376,739 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.03.09
BL 完結 短編 R18
オリジナルのボーイズラブ短編小説ブログです
24hポイント 3,518pt
小説 20 位 / 19,053件 BL 2 位 / 906件
「キリク、おまえを除名する」 ダンジョン「破滅の塔」を攻略した帰り道、勇者が突然言い出した。 「は?」 いきなりのことに驚くキリク。 だが、他のメンバーはただ、にやにや笑って、驚くキリクを眺めるばかり。キリクは、除名がパーティの総意であることを、遅まきながら悟っていた。 キリクはすべての装備を剥ぎ取られ、魔物の出る危険な街道筋に、身体一つで投げ出される。離脱のための話し合いもなしの、一方的で屈辱的な除名だった。 だが、キリクが何より許せなかったのはべつのことだ。勇者とその仲間たちは、キリクが肌身離さず持っていたペンダントを、これ見よがしに踏みにじっていったのだ。そのペンダントは、魔王に殺された家族の、かけがえのない形見の品だった。 キリクの真価を知らない勇者たちは、キリクが野垂れ死ぬことを確信していた。だが、特殊なスキルを持つキリクが、この程度で死ぬようなことはない。 怒りを抱えさまようキリクの前に、盗賊の群れが現れた。盗賊どもは誰かを取り囲んでいる。 キリクはうめいた。破滅の塔のボスだった魔族の女。キリクたちとの戦いで深手を負っていた彼女は、本来ならば歯牙にもかけないはずの盗賊どもになぶりものにされようとしていた。 「気に入らねえ」 魔王は憎い。 だが、人間だってクソばかりだ。 気づけばキリクは、怒りの迸るままに盗賊どもを殲滅し、人間の敵であるはずの魔族の女を助けていた。 目を覚ました魔族の女とキリクは、すぐに互いの状況を察し合う。ともに破滅の瀬戸際にあった二人は、自嘲まじりにそれぞれの事情を打ち明けあう。 だが、自棄(やけ)になりかけていたキリクとはちがい、魔族の女は、まだ望みを捨ててはいなかった。 魔族の女――ダーナは言う。 「魔王を弑(しい)してその地位を奪う。それでも世界がくだらなければ、世界そのものを滅ぼしてやる」 思わず息を呑んだキリクに、ダーナは力を貸してほしいと頼み込む。ダーナは、敵として戦った経験から、キリクの真価を勇者以上に理解していた。キリクもまた、破滅の塔を攻略したことで、ダーナが型破りな魔族であることを知っている。 かくして、二人は誓い合う。身勝手な勇者どもを血祭りに上げ、その功績で魔王軍の中をのし上がり、最後には魔王をも殺してその地位を奪おうと。 そのための武器は――魔物固有のぶっ壊れスキル!?
24hポイント 99pt
小説 376 位 / 19,053件 ファンタジー 203 位 / 7,284件
ファンタジー 連載中 長編 R15
 魔王は毎度、自分を討伐にやってくる勇者達に、ほとほとうんざりしていた。 「もっと自由で気ままな暮らしがしたい!」  日頃からそう思っていた魔王は、あるアイデアを思い付く。 「死んだふりすればよくね?」 『くっ……おのれ勇者め……まさか、この私が敗れるとは!(迫真)』  持ち前の演技力で上手く勇者をやり過ごし、人々の記憶から魔王の存在が薄れた頃、待望の田舎暮らしへ。  隠せない強さで人々を救って慕われたり、魔王を崇拝するダークエルフ(自称)がやってきたりと、だんだん彼の周りへ仲間が集い始める。  片田舎に購入した普通の家は、次第に魔王城の風格を持ちだし……。 画像使用先 タイトル:[ジュエルセイバーFREE] URL:[http://www.jewel-s.jp/]
24hポイント 49,900pt
小説 29 位 / 47,183件 ファンタジー 13 位 / 15,755件
文字数 60,173 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.05.18
魂の修復のために「よそ」の世界に行くことになった「ゆうた」。異世界で再スタートしてがんばります。 色々な人(?)や、もふもふ達と出会いながら、幼いユータは素直に教えられたことを吸収する・・あれ、それって人間ができることだっけ?のほほんと色んなチートを身につけ、駆け上がれ!最強への道?? ・・いえいえ!目指すのはもふもふ達と過ごす、穏やかで厳しい田舎ライフです! ※序盤はモフ成分少なめ お疲れ気味の現実の中で、深く考えずにサラッと読めるような、ユータと一緒に童心にかえって楽しめるようなお話にしたいと思っています。 第七回ネット小説大賞 二次選考通過しました!ありがとうございます!!
24hポイント 47,564pt
小説 30 位 / 47,183件 ファンタジー 14 位 / 15,755件
文字数 645,652 最終更新日 2019.05.25 登録日 2018.11.11
書籍化にあたりタイトル変更しました(旧タイトル:勇者パーティから追い出された!と、思ったら、土下座で泣きながら謝って来た……何がなんだかわからねぇ) 第11回ファンタジー小説大賞優秀賞受賞 2019年4月に書籍発売予定です。 俺は十五の頃から長年冒険者をやってきて今年で三十になる。 そんな俺に、勇者パーティのサポートの仕事が回ってきた。 貴族の坊っちゃん嬢ちゃんのお守りかぁ、と、思いながらも仕方なしにやっていたが、戦闘に参加しない俺に、とうとう勇者がキレて追い出されてしまった。 まぁ仕方ないよね。 しかし、話はそれで終わらなかった。 冒険者に戻った俺の元へ、ボロボロになった勇者パーティがやって来て、泣きながら戻るようにと言い出した。 どうしたんだよ、お前ら……。 そんな中年に差し掛かった冒険者と、国の英雄として活躍する勇者パーティのお話。
24hポイント 19,838pt
小説 80 位 / 47,183件 ファンタジー 32 位 / 15,755件
文字数 785,364 最終更新日 2019.05.25 登録日 2018.06.07
青春 連載中 長編 R15
独身貴族のおっさんが逆行転生してしまった。結婚願望がなかったわけじゃない、むしろ強く思っていた。今度こそ人並みのささやかな夢を叶えるために彼女を作るのだ。 だけど結婚どころか彼女すらできたことのないような日陰ものの自分にそんなことができるのだろうか? 軟派なことをできる自信がない。ならば幼馴染の女の子を作ってそのままゴールインすればいい。という考えのもと始まる元おっさんの幼馴染育成計画。
24hポイント 3,045pt
小説 21 位 / 19,053件 青春 1 位 / 1,081件
ファンタジー 連載中 長編 R15
★お読みいただき、ありがとうございます。この作品は一部書籍化されています。 神様のせいでこの世界に落ちてきてしまった私は、いろいろと話し合ったりしてこの世界に馴染むような格好と知識を授かり、危ないからと神様が目的地の手前まで送ってくれた。 職業は【薬師】。私がハーブなどの知識が多少あったことと、その世界と地球の名前が一緒だったこと、もともと数が少ないことから、職業は【薬師】にしてくれたらしい。 神様にもらったものを握り締め、ドキドキしながらも国境を無事に越え、街でひと悶着あったから買い物だけしてその街を出た。 街道を歩いている途中で、魔神族が治める国の王都に帰るという魔神族の騎士と出会い、それが縁で、王都に住むようになる。 薬を作ったり、ダンジョンに潜ったり、トラブルに巻き込まれたり、冒険者と仲良くなったりしながら、秘密があってそれを話せないヒロインと、ヒロインに一目惚れした騎士の恋愛話がたまーに入る、転移(転生)したヒロインのお話。 ★基本的に二日に一度の更新です。 ********** 第11回ファンタジー大賞、特別賞を受賞しました。 読んでくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます!
24hポイント 39,179pt
小説 35 位 / 47,183件 ファンタジー 17 位 / 15,755件
文字数 703,247 最終更新日 2019.05.24 登録日 2018.08.26
ファンタジー 連載中 長編 R15
生まれつき病弱だったアレンは、15歳にして病死し、数百年後の世界へ転生した。 仙界という隔絶された空間で仙人に育てられた彼は、15歳にして人間界へ旅立つ。 そして、魔物に占領された土地の奪還を目的とする開拓隊に入隊する。 仙界で身に着けた【神仙魔法】のおかげで、アレンの強さは飛び抜けていた。 開拓隊に入隊した初日から、彼はぶっちぎりの強さで周囲を震撼させる。
24hポイント 25,761pt
小説 60 位 / 47,183件 ファンタジー 26 位 / 15,755件
文字数 71,678 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.05.15