アルファポリス

ストロベリー

ハルカゼ / 装丁・本文イラスト
優しいキスだけを身にまとっていたかった――
これは、僕が大好きなハルカと、ゲイのサラと、サラの恋人の大和さんと渋谷のセレクトショップのカリスマ店員の僕の物語――都会に憧れて鞄ひとつで出てきた少女。その彼女に一目で心を奪われた青年。一人の男を一途に愛する、カノジョ。そして、野心に満ちた男。誰もが純粋で、一生懸命で、だからこそ避けられない結末があった――。心が鷲掴みにされる、衝撃のストーリー。
■単行本 ■定価1,400円 + 税 ■2012年06月30日発行
amazon 楽天ブックス セブンネット honto

CHECK!!

  • 待望の出版化!

    いちごをミルクに浸し、潰して食べるのが好きだった。

    けれど今はいちごは食べない。

    あの甘酸っぱい匂いも、赤い色も三角の形も好きではない。

    それらは全て、サラのものだから。サラにあげたものだから。

    サラ、好き。大好き。サラ、ごめんね。またきっと、天国で会えるよね――

    (――本文より――)



    息をつかせない、目をそらせない、心が鷲掴みにされる物語。

    第4回アルファポリス恋愛小説大賞受賞作品。