アルファポリス

臨死体験研究読本

――脳内幻覚説を徹底検証

精神世界の知的旅行
臨死体験者がなぜプラスの方向へ変化するのかをとことん追及し、臨死体験は幻覚だとする説を徹底的に批判。臨死体験者の精神的な成長や悟りとも言える劇的な変化から見えてくる真実とは?精神世界への知的旅行。
■単行本 ■定価2,800円 + 税 ■2002年11月01日発行
Amazon.co.jp

CHECK!!

  • 目次


    第一章 臨死体験の不思議
     

    未だに謎に満ちた臨死体験の不可思議さを、幾つかの代表的な現象を捉え、浮き彫りにする。





    第二章 さまざまな意識変容
     

    臨死体験者の多くは人生に対して肯定的に意識変容する。様々な事例からその特徴に迫る。





    第三章 宇宙意識の目覚め
     

    前章の意識変容の中でも特に深く根源的とも言える 「宇宙意識の目覚め」に焦点をあて追求していく。





    第四章 脳が生みだす幻覚なのか
    ――臨死体験の科学的な研究[一]

     

    ブラックモアに代表される脳内現象説を紐解きなが  ら、その科学的研究を徹底的に検証する。





    第五章 体外離脱は真実か
    ――臨死体験の科学的研究[二]
     


    臨死体験の特徴的な現象の一つ「体外離脱」は脳の幻覚なのか? その科学的研究を徹底的に検証する。





    第六章 成長と自己超越  


    なぜ臨死体験者は深い意識変容をするのか? その謎に対し科学的に解明を試みる説を徹底検証。





    第七章 光と悟り
     

    臨死体験の深い意識変容と宗教的な「悟り」体験との類似性とは?「光」体験を鍵にその謎を追う。





    終 章 科学の限界を超えて