絶対に失敗しない起業術

起業は「根拠」さえハッキリさせれば必ず成功する

2018.08.21 公式 絶対に失敗しない起業術 第3回
Getty Images

このセリフを言っていたら要注意です!

「なぜ、起業してうまくいくのか?」
その「根拠」を説明できる人は成功します。

結果が出る理由やそのプロセスが明確であれば、あとはただそれを実行するだけです。

設計図通りに工事をしていれば誰が作業してもビルが建つように、ビジネスもプロセスが明確であれば最終的には成功してしまいます。

しかし多くの人は「なぜ、うまくいくのか?」を説明できません。

「この商品は、成分が画期的だから成功するはずだ」
「〇〇の時代だから売れるに違いない」
「東京なら人口が大きいから売れるはず」
「ここに広告を出せばドカンと売れるだろう」
「新聞やテレビに出ればお客さんが殺到するだろう」
「本を出せば有名になれるはずだ」

と盛り上がってしまいそうになったら、冷静に考えてみて下さい。
そこに本当に根拠はあるのでしょうか?

あなたなら、こういう人に「倍にして返すから」と借金を頼まれたら、お金を貸しますか?
ちょっと怖いですよね。

また、「あの人だから成功できたんだろう」と言ってしまいそうな時も、考え直してみて下さい。

本当にそうなのでしょうか?
うまく行くかどうかは、生まれつき決まっているという事でしょうか?

実際は、そんなことはありません。
結果が出るのには、それなりの緻密な根拠があるわけです。

「あの人だからできた」だけで思考をストップせず、「あの人は一体何をしたのか?」と考えることが必要です。

「結果」には必ず「原因」があります。

大きな結果を夢見るなら、結果にばかり気を取られずに、その結果を作るための原因に着目してください。

大きな夢や目標を持つことはとても大事です。
それがエネルギーになるからです。

しかし、夢を見るだけではいつまで経っても現実は変わりません。
私たちは何もせずに結果を出すことはできないのです。

だからまず、原因をつくること。
そこに焦点を合わせなければなりません。

その夢を実現するために必要な原因を特定し、行動に移していくことが必要なのです。

売上1億円の根拠とは?

夢や目標という話になると、「1億円稼ぎたいです!」という方がいらっしゃいます。セミナーなどで目標を聞くとそう答える方が何人かはいます。

ただ、それを本当に信じている人はほとんどいません。

心の中では「1億円なんて想像できない」「1億円あったらいいな。でも、無理かな」と漠然と考えている場合がほとんどです。

しかし、私が売上をつくるプロセスを説明すると、途端に表情が真剣になってきます。
1億円という金額に現実味が増してくるからです。

1億円を漠然とイメージすると、途方もなく感じるかもしれませんが、それを分解していけば、だんだんと現実的になってきます。

端的には、1億円とは「100万円の商品」を「100個」売れば到達します。
ただそれだけです。

当たり前の話ですが、そこまで分解して捉えている人は多くはいません。

1億円がピンとこない人でも、「100万円の商品」であれば、少しは実感が湧いてくるのではないでしょうか。

さらに、1つ桁を下げてみたら、もっと現実味が増します。

すなわち1千万円で考えてみましょう。

これもシンプルで、「25万円の商品」を「40個売る」ということになります。

25万円×40個=1,000万円

ですからね。

「50万円の商品」であれば「20個」です。
1ヶ月に2つ売れれば1千万円達成です。

ここまで来ると、「25万円ぐらいなら単価を上げられるかも?」「商品をパックにしたら?」「回数券を販売すれば?」と、商品や単価についても具体的に発想ができるようになってきます。

また、「どうやって毎月2つ商品を売るのか?」「半年に20人でいいのなら、可能性の高い見込み客は誰だろうか?」と、集客も具体的な施策が見えてきます。

そうやって分解していくと、眼鏡をかけたとたんに風景がクッキリと見えるように、やることがクリアになってきます。

大きな結果の中に組み込まれている因果関係を完全に掴んでしまえば、あなた自身が「成功の根拠」をつくることができます。

そして、人生をコントロールできるようになります。

ご感想はこちら

プロフィール

今井 孝
今井 孝

株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング
代表取締役

大手IT企業でいくつもの新規事業開発を手がけ、初年度年商が数億円を超える事業で社内アワードを受賞。その実績をもとに意気揚々と独立したものの、スモールビジネスの成功法則を知らなかったため、いきなり挫折。セミナーを開催しても閑古鳥が鳴き叫ぶばかり。挽回のために数百万円を投資して作成した教材はほとんど売れず、部屋を占領する在庫の山に。ネット広告につぎ込んだ資金は一瞬で消えてしまい、胃の痛みと闘いながら起業1年目は終了。
その後、10年連続300人以上が参加するセミナーを主催。トータルでは6,000人以上に。
集客できるようになった一方で、毎回結果を出すことに囚われるようになり、「やらなければ……」という苦しさを味わい、その結果、数多くの経営者から学びを得て“過程を楽しむ”という本質に到達した。売上に執着し過ぎることを消し去ったのは「誰かのために貢献し続けたい」という思い。そこで、ビジネスを心から楽しめるようになる。
それらの経験を踏まえたマーケティングとマインドに関するさまざまな教材が累計3,000本以上購入されるなど、3万人以上の起業家にノウハウや考え方を伝え、最初の一歩を導いた。
誰にでもわかりやすく、行動しやすいノウハウと伝え方で、「今井さんの話を聞いたら安心する」「自分でも成功できるんだと思える」「勇気が湧いてくる」と、たくさんの起業家に支持されている。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載