絶対に失敗しない起業術

失敗しない起業家は、一体何にお金をかけているのか

2018.10.02 公式 絶対に失敗しない起業術 第6回
Getty Images

同じモノでも、浪費にも投資にもなる

ここまでは、「お客さまが増えることに投資する」という話でしたが、もう1つの観点として、「お客さまにとっての価値が高まることに投資する」という考え方もあります。

例えば、商品を入れる「買い物袋」を新しくするか迷ったとします。

もし、これが高級な服とかスイーツのお店であればよい投資と言えるかもしれません。
買い物の「体験」自体がお客さまにとっての価値だからです。買い物袋がゴージャスなほうが、購入した時の満足度が上がるのであれば、これは価値ある投資です。

一方で、安い価格で接客のフレンドリーさがウリのお店なら、買い物袋の価値は関係ないかもしれません。

お客さまにとっての価値が高まらないのに、「自分のビジネスがカッコよく見られたい」という動機で買い物袋を新しくしたり、いいビルにオフィスを借りたり、カッコいいロゴを作ったり、専用の封筒を作ったりしてもお金の無駄です。まさに浪費です。

あなたが旅行に行くことでリフレッシュできて、よりよいサービスが提供できるなら、その旅行には価値があり、いい投資と言えるでしょう。遊び疲れて仕事に支障が出るなら浪費です。

学ぶことで提供できる価値が増えるなら、それもいい投資です。

そのお金の使い道で、お客さまが得られる価値が高まるでしょうか?
迷ったときはぜひ、考えてみて下さい。

自分を動かしてくれることにも投資する

少し観点が変わりますが、「あなた自身を動かしてくれるもの」に対しても、ぜひ投資することをおすすめします。

なぜなら、あなたが動かなければ売上は生み出されないからです。

「お金を使って広告を出せば、自分が動かなくても集客できる」とか、「社員を雇えば仕事を任せられる」というイメージの方も少なくありませんが、実際はそんなに簡単には行きません。

いい広告ができるまで、何度もキャッチコピーを見直す必要があります。そこまで粘り強く考えるのは経営者本人でないとやれません。

また、社員という他人を動かすのは、自分を動かすより大変です。

特に起業当初はすべて自分でやる必要があるものです。

では「自分を動かすのは簡単か?」というと、これまた思い通りにはいかないものです。

本で読んだことを実際にやってみようと思っていても、日常業務に埋もれてズルズルと3か月も4ヶ月も経ってしまうことはよくあることです。

新しい売上を作らないといけないのに、つい目の前の仕事に逃げてしまったり、明日にしようと先送りしてしまうことは普通のことです。

よほど意志の強い人なら話は違いますが、多くの人は怠惰なものです。

成功する人は「自分の意志は弱い」という前提で、自分を動かしてくれるものに投資します。

例えば、私の周りでは、本当に成果を出したいと思っている経営者は、エグゼクティブコーチをつける人も多いです。

一人だと怠けるからと、経営者の集まる会にずっと参加されている方もたくさんいらっしゃいます。

私も、サラリーマン時代に起業家の方々に触れることで、少しずつ自分を変えることができました。「まだまだやれることがある!」と素直に思えるようになったのも、そういう環境に身を置いたからだと思います。

投資を価値あるものにするのは自分!

「もっと早く読んでおけばよかった!」
「あんなに高い機材を買ってしました。しかも、お客さまが来ない。」

という人も、人生はここからです。

投資を「価値あるものにするか?」「無駄にするか?」はあなた次第です。

過去の投資を価値あるものにするために、今、あなたが行動すればいいのです。

大量に発注した商品が売れずに、損切りをすることもあるかもしれません。

しかし、それをお世話になっている人たちにプレゼントしたり、別の商品のオマケとして付けるなど、知恵を使えばさまざまな使い道が見つかります。

人生に無駄なことはありません。

大事なのは「必ず元を取る!」「転んでもただでは起きない!」という決意です。
その気合があれば、どんな投資も無駄にはなりません。

結局は、何もしないで時間が過ぎて行くことが、一番の浪費なのです。

次回に続く


今井孝のホームページはコチラ

ご感想はこちら

プロフィール

今井 孝
今井 孝

株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング
代表取締役

大手IT企業でいくつもの新規事業開発を手がけ、初年度年商が数億円を超える事業で社内アワードを受賞。その実績をもとに意気揚々と独立したものの、スモールビジネスの成功法則を知らなかったため、いきなり挫折。セミナーを開催しても閑古鳥が鳴き叫ぶばかり。挽回のために数百万円を投資して作成した教材はほとんど売れず、部屋を占領する在庫の山に。ネット広告につぎ込んだ資金は一瞬で消えてしまい、胃の痛みと闘いながら起業1年目は終了。
その後、10年連続300人以上が参加するセミナーを主催。トータルでは6,000人以上に。
集客できるようになった一方で、毎回結果を出すことに囚われるようになり、「やらなければ……」という苦しさを味わい、その結果、数多くの経営者から学びを得て“過程を楽しむ”という本質に到達した。売上に執着し過ぎることを消し去ったのは「誰かのために貢献し続けたい」という思い。そこで、ビジネスを心から楽しめるようになる。
それらの経験を踏まえたマーケティングとマインドに関するさまざまな教材が累計3,000本以上購入されるなど、3万人以上の起業家にノウハウや考え方を伝え、最初の一歩を導いた。
誰にでもわかりやすく、行動しやすいノウハウと伝え方で、「今井さんの話を聞いたら安心する」「自分でも成功できるんだと思える」「勇気が湧いてくる」と、たくさんの起業家に支持されている。

出版をご希望の方へ