あらゆるスキマ時間で集中学習! 無駄ゼロ独学術

「圧倒的に集中する」ために、独学のプロがすすめる環境作りコツ

Getty Images

集中する際に大事なこと

短時間で実力を伸ばすには、集中することが大切です。
資格試験の勉強は、テキストを読むインプット、問題を解くことで理解が進んでいるかを確かめるアウトプット、本番と同じ形式で実力を発揮できるかを確かめる模擬試験の3種類を繰り返すサイクルが続いていきます。

たまに、最初にすべて講義を受講したりテキストを読み終えたりのインプットを完成してから、問題を解く勉強に取り掛かるという人がいますが、この方法はおすすめしません。

なぜなら、どのような問題が出題されるのかを意識せずにテキストを読み進めると、重要なポイントを読み逃してしまう可能性が高いからです。
試験範囲の中でも、頻繁に出題される部分と、ほとんど出題されない部分があります。
勉強を始める前に、過去の試験問題をチェックしておけば、頻出の部分をある程度把握することができます。あらかじめ目を通しておきましょう。

特に、インプットのときは、集中しているかどうかで、成果が大きく分かれます。
どこが重要なのか、なぜそのような規定になっているのか、行間の意味を考えながら読むことで理解が早まり、学習効率が高まります。

模擬試験や問題を解く場合と違って、テキストを読む際は、集中していなくてもページを進めることができます。文字を目で追いながら別のことを考えていると、内容が頭に入りません。だらだらと時間が流れ、結果として予定の分量を読み進めることができたとしても、読んだ内容が記憶に深く刻まれることはありません。

集中するためには、勉強以外のことに意識を向けないことが重要です。
余計なことが頭をよぎると、気になってしまい、集中が阻害されてしまいます。
言葉でいうと簡単なものですが、実際にやるとなかなか大変です。

意思の力で集中することはできない

今までの経験を振り返ってみましょう。
勉強に限らず、仕事の企画書や、大学の課題など、提出期限があるものに取り組んだ際に、苦労したことがあると思います。
そのときに、「さあ、集中しよう!」と決めて作業を始め、うまくいったことはあるでしょうか。おそらく、ほとんどないはずです。

よくあるのは、始める前についついスマホやテレビを見てなかなか体が動かず、いざ始めてもネットを見て時間をつぶしたり、電話がかかってきて手が止まったりしてしまうパターンです。目標どおりに進むことはなく、気づけば時間だけが経過している――誰でもこうなった経験があるでしょう。

これまでの連載に書いたとおり、やりたくないことをやるのは大変なエネルギーが必要です。勉強はもちろん、ダイエットが成功しないのも、お金がたまらないのも、「嫌なことに積極的に取り組まなければならない」という大きなハードルが存在しているからです。そして、そのハードルは意思の力で越えることが難しいのです。
もし、コンピューターのように決められたルールに従って行動することができるならば、簡単にやせられるでしょうし、お金に困る人はとても少なくなります。

何かの目標に向かって努力するときに、意思の力だけに頼ることはおすすめしません。
三日坊主を避けるために、環境を整えることも大きなポイントです。

そこで、対策の一つとしておすすめしたいのが、今回のテーマである「物理的に制約を作ること」です。

わかりやすいのは、引っ越しの準備や片付けです。
荷物を整理するうちに、好きだったマンガを読み始めてしまったり、昔のアルバムが出てきたりして、一向に整理が進まない、ということになりがちです。

人間は誰しも、誘惑に弱いものです。
片付けが面倒だと感じているときに、面白そうなものが目に付けば、ついつい手が伸びてしまうでしょう。
一方、同じ作業をしていても、片付ける対象が、タイ語やアラビア語など、読めない言語で書かれた本であれば、手が止まることは少なくなるはずです。
気を引くものが近くになければ、集中が阻害されるきっかけは減ります。

スマホやテレビも同じです。
手の届く距離にスマホ本体やテレビのリモコンがあれば、触りたくなるのは当然です。勉強していると徐々にストレスがたまり、ネットやテレビを見たくなります。「ちょっとだけ」という気持ちで見始めると、気が付けば予定より長く休憩してしまうことになりやすいです。
集中するために、勉強する時間は、触りたくなるものはなるべく目につかない場所に置いたほうがよいのです。

ご感想はこちら

プロフィール

石動龍
石動龍

青森県八戸市在住。公認会計士、税理士、司法書士、行政書士。読売新聞社記者などを経て、働きながら独学で司法書士試験、公認会計士試験に合格。石動総合会計法務事務所代表。ドラゴンラーメン(八戸市)店長、ワイン専門店 vin+共同オーナー、十和田子ども食堂ボランティアとしても活動している。趣味はブラジリアン柔術(黒帯)と煮干しラーメンの研究。

出版をご希望の方へ