あらゆるスキマ時間で集中学習! 無駄ゼロ独学術

「定時退社が最強」という、独学のプロがたどり着いた真理

Getty Images

とにかく社会人には時間がない

社会人は専業の受験生に比べると時間がありません。仕事で精神的にも体力的にも疲れるので、集中力も続きません。

弁護士や公認会計士などの難関資格を目指す場合、受験層の大半は専業の受験生か、単位を取り終えて負担の少ない学生になります。
令和3年の公認会計士試験で見ると、最終合格者1360人のうち、「学生、専修学校・各種学校受講生」は 924 人(構成比 67.9%)を占め、 「会社員」は 111 人(構成比 8.2%)でした。

社会人は勉強時間では勝てないので、効率よく勉強することが合格のポイントです。ルーティンを作る大切さは、これまでの連載で伝えました。
勉強にあてる体力と集中力を残すためにも、ルーティンを崩さないためにも、決まった時間に勉強を始めることは重要です。

そのためにも、意識的に定時で仕事を終えることが重要なのです。

定時で帰れるかが、成否を分ける

例えば、公認会計士試験の合格には、最低でも3,000時間の勉強時間を確保する必要があるといわれています。2年で合格する目標を立てるなら、休みをまったく取らないとしても、1日約4.1時間は勉強しなければならない計算です。

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークの普及により、労働環境はここ数年で劇的に変わりました。そうはいっても、まだ17時や18時を定時とする企業が多いように思います。
効率と翌日への影響を考えると、平日は24時には布団に入ることが望ましいです。そうすると、18時に仕事を終えたとしたら、寝るまでには6時間しかありません。
仮に、終業までは勉強しない前提でスケジュールを考えてみましょう。
この場合、夕食や入浴など、生活に関わることをすべて2時間以内で終わらせ、残った時間をすべて勉強にあてなければ間に合いません。

これでも相当に無理があります。残業があれば、勉強にあてられる可処分時間はさらに減ります。
時間がなくなれば、それに伴って合格する可能性も低くなります。いかに定時で帰ることが重要か、よくわかると思います。

定時で帰るためには、転職も視野に入れる

それでは、定時で帰る方法を考えてみます。

どうしても、残業が続いてしまう環境の人もいるでしょう。その場合は、転職を検討してもよいかもしれません。定時で仕事を終え、勉強時間を確保するには、環境づくりも大切です。

難関試験に受かれば、人生は大きく変わります。「絶対に合格する」という強い意志があるならば、勉強できる環境を優先して、転職することも現実的な選択でしょう。

転職する場合は、会社選びが重要になります。

労働基準法には、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない」と定められています。その範囲内で、各企業は就業規則などにおいて、所定の労働時間を定めています。
同じ9時始業でも、17時終業の会社もあれば、18時終業の会社もあります。

試験のことだけを考えるなら、選ぶべきなのは、いわゆる9時5時で、昼休みもしっかり1時間取れる会社です。
これならば、1日の労働時間は7時間です。18時終業で、1日8時間労働の会社も多いので、入社前によく確認したほうがよいでしょう。この条件より労働時間が少ない企業もあるかもしれませんが、数は多くありません。

週5日勤務の場合、労働時間が1時間多ければ、週に5時間も自由時間が少なくなることになります。終業後の時間をすべて勉強にあてるとすれば、ざっくり計算すると、1月で20時間、1年間で240時間もの差が生まれてしまいます。

労働時間が条件に合う会社を見つけたら、給与水準も事前に調べましょう。
資格試験の挑戦にはそれなりのお金がかかります。
資格の種類にもよりますが、専門学校で受講する場合は、1年から1年半のカリキュラムでも、50万円以上かかることは珍しくありません。
独学で挑戦する場合でも、テキストは5000円以上するものもあるので、書籍代と模試、本試験の受験料をあわせると、20万円ほどはかかると思います。

企業の労働環境や給与水準は、インターネットの転職サイトなどで情報を集めることができます。上場企業ならば、提出が義務付けられている有価証券報告書に、従業員の平均年間給与が記載されています。これらを参考にし、条件のよい会社を探してみましょう。

人生は長いとはいえ、働いたり、成長のために勉強したりできる期間は限られます。
仕事を通じての成長か、自己投資での成長か、自分にとって最もよい道を選択し、目標に向かって努力を続けることが望ましいでしょう。

個人的な経験を踏まえると、資格試験に挑戦すると決めたならば、なるべく勉強に集中できる環境を整えるほうが、合格できる可能性は高まると思います。

ご感想はこちら

プロフィール

石動龍
石動龍

青森県八戸市在住。公認会計士、税理士、司法書士、行政書士。読売新聞社記者などを経て、働きながら独学で司法書士試験、公認会計士試験に合格。石動総合会計法務事務所代表。ドラゴンラーメン(八戸市)店長、ワイン専門店 vin+共同オーナー、十和田子ども食堂ボランティアとしても活動している。趣味はブラジリアン柔術(黒帯)と煮干しラーメンの研究。

出版をご希望の方へ