伝わる文章術

文章に奇手妙手なし、奇をてらえばねらいを外す

2018.04.26 公式 伝わる文章術 第2回
Getty Images

ビジネス文書でユニークさを追求しすぎると地雷を踏む

経営に奇手妙手なしと言います。企業経営には、こうすればすべて必ず上手くいくというオールマイティなカードはありません。この言葉は、企業経営は当たり前のことを当たり前に、地味ながらも着実に行うことでしか儲からないという意味で使われます。文章も同じです。特にビジネス文書では、あまり奇をてらいすぎると、かえって逆効果になりかねません。普通のビジネス文書はたしかにつまらない。私もそう思います。だからといって、ビジネス文書で面白さやユニークさばかりを追い求めると奇妙な文章に、ときに危険な文章となってしまいます。

例えば、取引先の式典に招かれた後で、お礼状を送ることがありますね。そのお礼状を例にして、その違いを見てみましょう。

Aさんはこう書きました。

「先日は、御社の式典にお招きいただきありがとうございました。大変なご盛況で、御社の日頃の誠実なお仕事ぶりの賜と深く感銘いたしました。ご同慶の至りです。
私、過分にもご祝辞を述べる大役をいただきましたが、その段になると、大勢の方々を前にし、すっかりあがってしまい上手くしゃべれませんでした」

これは普通ですね。

Bさんは、すこし印象的なものにしようと表現を次のようにひねってみました。

「先日は、御社のビッグイベントにお招きいただきありがとうございました。連休のTDLかと見紛うご盛況振りで、ご同慶の至りです。
ご祝辞を述べる段になると、大勢の方々が私を見ているため、クリプトナイトを前にしたスーパーマンになってしまい、口も身体もこわばって話が滑りまくりでした」

Bさんの表現は、友人への手紙なら、面白いと言われるかもしれませんが、ビジネス上の取引先へのあいさつとしては、やはり奇をてらいすぎて、本人の言うように「滑りまくり」の結果となってしまっています。

上手な比喩(ひゆ)は使い方で印象的な文章になりますが、奇抜な比喩はビジネス文書には似合いません。また、比喩の使い過ぎもかえって文章の品を損ないます。
Bさんの比喩は、最初の連休のTDLで止めておけばよかったように思います。

結論から書くという文章法は便利な手法

文章の組み立ては「起承転結」が基本です。しかし、これを結論から書くという手法があります。

結論から書くという手法は、
1.結論がトップに来るので文意がわかりやすい(見出しで悩む必要がありません)
2.結論の後ろに理由が来るので、文章が論理的になる
3.文章量を調整しやすい
という利点があります。

結論から書くという文章は、起承転結というオーソドックスな「作法」ではありませんが、奇手というほどでもありません。結論から書く文章の代表は、新聞記事でしょう。新聞記事は、はじめに結論があり、その後ろに原因・理由が続きます。

例えば、桃太郎のお話を例にとって、新聞記事風にしてみましょう。するとこうなります。

「何月何日、桃太郎が鬼ヶ島に入り、多数の鬼を征伐(せいばつ)した。鬼が島の鬼は、たびたび付近の村へ押し入り暴行、強奪を働いていたため、これに憤った桃太郎は犬、サル、キジとともに鬼の征伐を計画、同日、実行に移した」

これでは物語の情緒など微塵(みじん)もありませんね。しかし、何が言いたいのかはよくわかります。まず結論があり、次に、ではなぜ桃太郎は鬼の征伐を企てたかというと、鬼が暴虐だからと理由が後ろに続きます。さらに理由を続けると、なぜ犬、サル、キジは桃太郎と行動を共にしたのか、それはきびだんごを報酬として前渡しされたからだとなります。

では、なぜきびだんごを持っていたのかというと、おばあさんからもらったから。しからば、そのおばあさんとは一体何者かと、説明の説明が延々と続くのが、結論からはじまる文章の構造です。

冒頭に結論を持ってくると読者にとって理解しやすいとともに、書くほうにとっても説明の論旨がシンプルになり、書きやすくなります。

ご感想はこちら

プロフィール

亀谷敏朗
亀谷敏朗

1984年中堅ビジネス書出版社だった中経出版に入社。本づくりのかたわらセミナー事業、コンサルティング・ビジネスにも携わる。また、在職中は中小企業から一部上場企業までを横断した、企業内の教育担当者の異業種交流会を主催した。
2004年フリーの出版プロデューサーとして独立。主にビジネス書作家のデビューを支援する。
支援の一環として、新人作家の原稿づくりのアドバイスを手掛けたことから、改めて伝わる文章の研究を始める。
「名文は要らない」、「読者と編集の立場から見たわかりやすい文章」に軸足を置いた方向で、新人作家には文章の書き方をアドバイスしている。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載