伝わる文章術

一秒で読める企画書のつくり方

2018.06.28 公式 伝わる文章術 第6回
Getty Images

企画書は一秒で読めることが大事

世の経営者はとにかく忙しいものです。社長や役員が、企画書や提案書に注意を向ける時間は数秒くらいでしょう。企画書や提案書は、その短い間に社長や役員の心をつかまなければなりません。

広告はキャッチコピー一行で勝負が決まるといいます。企画書も同じです。前回は、エグゼクティブ・サマリー(事業計画書の要約として、短時間でビジネスプランの要点をまとめたもの)について触れました。企画の成否は、エグゼクティブ・サマリーのでき具合によるところが大きい、という話をしたわけですが、実はエグゼクティブ・サマリーでも一番大事なのはヘッドラインであると主張する人もいます。こうした主張は、特に外資系企業の人に多いようです。

ヘッドラインとは、書籍でいえばタイトル、新聞や雑誌記事でいえば見出しに当たります。
よいヘッドラインの条件とは、企画や提案の内容がヘッドラインの一行(ワンフレーズ)に的確に示されていることです。つまり、このヘッドラインを読む一秒間で相手に伝わる情報が、もっとも重要なのです。この部分だけで何の企画であるかが把握できたなら、その企画案は一歩実現に近づくということになります。

頭の中をワンフレーズに整理するには

しかし実際には、長年温めている企画といえども、一秒で相手に伝わるワンフレーズにまとめることはそう簡単ではありません。そのためには頭の中にあることを整理整頓して、過剰なもの、不要なものを思い切って捨てることが肝心なのですが、企画のよさをアピールしようと思うと、ついいろいろなことを盛り込みたくなります。本稿のテーマを例にとって述べましょう。今回のテーマでもあれこれと突っ込んでしまうと、こんな風なワンフレーズとなります。

「忙しい経営者が短時間で理解できるように、企画の意図と内容をヘッドラインのワンフレーズでまとめる方法」

これではとうていワンフレーズとは言い難いですね。上記の内容を短く整理すれば、本稿のタイトルである「一秒で読める企画書つくり方」、もしくは「企画書は一行で」となります。これでも言いたいことのイメージは、つかんでもらえるのではないかと思っています。

一秒で読めるワンフレーズにまとめる3つのステップ

ヘッドラインに与えられた制限時間は数秒ですから、フレーズは長くなればなるほど不利となります。したがって過剰なもの、不要なものを捨てることが基本です。ところが、多くの人はなぜかその正反対の行動をとりたがります。

その理由はよい点をアピールしようと盛り付けを増やすからですが、その文案をよく吟味すると、結局、同じことを別の言葉で表現しているに過ぎない箇所が多いことに気づくものです。いわば頭の中の整理整頓が不十分なまま、文案づくりにとりかかっていることが長文化を招いていると言えます。

たとえば耐久消費財、つまり高額の商品(土地、住宅、金融商品など)を販売する会社で、商品の展示会を開催して、見込み客のクロージングを一気に進め、同時に新規顧客を獲得するためのイベントを企画するとします。これだけの企画でも、頭の中にあることをすべて書き込もうとすると長々としたものとなってしまいます。

初期段階の企画書のヘッドラインとしてはこうなりました。

<文例A>
いままで平均一年を要していた見込み客の契約成立までのプロセスを一気に縮めるために、見込み客を一箇所に集めた自社オリジナルの商品展示会を開催し、契約締結を促進させるとともに、有望な新規顧客の発掘を行う企画案

これでは、1秒のワンフレーズどころか、ヘッドラインとしてはあまりに長すぎて、半分ほど読んだところで関心が他所に行ってしまいかねません。頭の中を整理するには「あれもこれも」をやめて、できるだけ余計なものを捨てることです。肝心なことは、ねらいをひとつに絞り込むことにあります。ここでのねらいは、見込み客の契約成立を促進することですから、ついでの「有望な新規顧客開拓」は捨てることにします。

次に商品展示会は、もとより人が集まることが前提ですから、文中の「見込み客を一箇所に集めた」はなくても不都合ありません。

そうやって整理するとこうなります。

<文例B>
いままで平均一年を要していた見込み客の契約成立までのプロセスを一気に縮めるために、自社オリジナルの商品展示会を開催し、契約締結を促進させる企画案

これでも、まだ頭が重いですね。そこで、すこし観点を変えてみます。成約まで一年かかっていた契約交渉を短くするということは、年間の成約件数が増えることですから、表現を数値にスイッチしてみます。

するとこうなります。

<文例C>
見込み客の年間成約率を5割上げるための自社オリジナル商品展示会企画

これでほぼ元の3分の1になり、だいぶ整理されたヘッドラインになりました。

ご感想はこちら

プロフィール

亀谷敏朗
亀谷敏朗

1984年中堅ビジネス書出版社だった中経出版に入社。本づくりのかたわらセミナー事業、コンサルティング・ビジネスにも携わる。また、在職中は中小企業から一部上場企業までを横断した、企業内の教育担当者の異業種交流会を主催した。
2004年フリーの出版プロデューサーとして独立。主にビジネス書作家のデビューを支援する。
支援の一環として、新人作家の原稿づくりのアドバイスを手掛けたことから、改めて伝わる文章の研究を始める。
「名文は要らない」、「読者と編集の立場から見たわかりやすい文章」に軸足を置いた方向で、新人作家には文章の書き方をアドバイスしている。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載