営業マンは70点主義でいい

営業は100点なんか目指さなくても成果は出せる!?

2018.09.05 公式 営業マンは70点主義でいい 第1回
Getty Images

「はぁ……、やっぱり自分には営業向いてないわ」

得意でもないし、特にやりたかったわけでもないけれど、気がついたら営業をやることに。もちろん、今までいろいろ自分なりに調べてきた。営業の本を買ったり、先輩にやり方を教えてもらったり。どれも言いたいことはわかるし「あぁ、確かにそうやれば契約が取れるようになるかもなぁ」って思う。でも、どうも自分には向いてない。向いてないんだよなぁ。

だから、成果を出している先輩とか周りの人をみると、ただただ「スゴいな……」って感じる。
感じるんだけれど、自分にはしっくりこない。やっぱり自分の考え方がおかしいのかな?

こんな風に感じて、毎日悶々(もんもん)としていませんか?

毎朝が憂鬱で、会社なんかなくなればいいのにとか思ったり。朝起きたら、トップセールスマンの能力が自分にインストールされてたりしないかな〜とか。

その気持ちよーく解ります!

えっ? なんで解るかって? 

だって、このダメダメな状態って、まさに僕自身の以前の状況だからです。朝起きたら人見知りが消えていて、コミュニケーションレベルが50位アップしてないかなぁって本気で思っていました。あなたと同じように営業の本を買いまくったり、先輩のやり方を注意深く観察したり。自分を変えられそうな方法が手に入るかもと思って、仕事が終わると本屋に救いを求めてさまよっていました。

そんなあなたにこそ伝えたいことがあります!

もし「今まで教えられたり、一生懸命トライしてきた営業方法」が、実はあなたにとっては間違ったゴールだったとしたらどうしますか? もし、あなたのタイプにピッタリな、全く別の営業方法があるとしたら? ちょっぴり希望の光が見えてきませんか?

実は、そんな方法が本当にあるんです。営業が苦手だと感じていたり、自分には向いていないと感じているあなたにピッタリな営業方法が。しかも、それはあなたが今まで違和感を覚えてきた営業方法なんかじゃありません。もちろん、「それって人としてどうなの……?」みたいな荒技なんかでもありません。

そのやり方は、ひと言で言うと、
「営業で100点を目指すやり方じゃなくて、あえて70点を目指すやり方」

70点といえども、おそらくあなたが望んでいる以上の成果を出すことができるやり方です。実はこの営業での「70点」というのが重要なキーワードになってきます。そして「自分には営業は向いていない」と思っているあなたにこそ、この営業方法のノビシロがあるのです。

僕自身、このやり方に出会ったことで、今まで全く商品が売れなかったのが嘘のように売れはじめ、どんどん成果が出てきました。それだけじゃなく、嫌で嫌でしょうがなかった営業が、いまでは「メチャクチャ楽しいっ」て思えます。あっ、マインドコントロールされて、心の外しちゃいけないストッパーが外れたとか、そういう話じゃないのでご安心ください( 笑)。

このシリーズでは「どうして営業が苦手なあなたにこそ、商品が売れるまでのノビシロがあるのか?」、そして「どうして100点ではなく70点を目指すべきなのか?」を、その70点のやり方で思い通りの成果をだす方法と併せて紹介していきます。

今まで上手くいかなかった本当の原因

まずは、どうして今まで上手くいかなかったのか? その原因を知ると、この後にどんどん紹介していくノウハウや考え方がとても理解しやすくなります。

「こんなに本屋に通い詰めたり、ネットでもいろいろ調べたのに、どうして自分にはしっくりくる解決策が見つからないんだろう……」。

当時の僕もあなたと全く同じ気持ちでした。いくら自分が営業に向いてないっていったって、意外に同じように悩んでる人っていっぱいいると思うんです。いや、むしろそう言う人の方が多いんじゃないのかなって思っていました。

一体どうして僕たちは、こんな風に“先が見えない迷子”になってしまったのでしょうか? 実はその答えは、とても単純でした。それは「ほとんどの営業のノウハウ本やネットに掲載されている情報は、”トップセールス”とか”ナンバー1”とか「100点を目指す内容」だというところに原因があったんです。

もちろん人見知りだったり、コミュニケーションが苦手な人が書いた本なんかもたくさんあります。だから、最初は共感できるし理解できるんだけれど、読み進めていくと内容はトップセールスになるまでの100点の取り方の話に……。

いつしかついていけなくなり、結局どうしたらいいのかわからずじまい。そしていつもこう思う。「そこじゃなくて、もっと手前くらいの方法が知りたいんだけどなぁ。」

トップセールスなんかどうでもいい!「とにかくまずは売れるようになりたい…」

そう、あなたが今知りたい情報は、トップセールスになる方法でも、ナンバー1になる方法でもないですよね。あなたが今一番知りたい情報、それは「とにかくまずは売れるようになる」。その方法ですよね。

そして、営業で商品が売れるようになって、こんな状況から抜け出すのが最初の目標じゃないですか?

・上司や先輩にクドクド詰められたくない
「情けないな」とか言われてもさ、そんなの自分自身が一番情けないと感じてるし(泣)。

・いつだって人並みに成果を出して、足を引っ張りたくない
トップとかナンバー1とまでは望まないから、せめてマイナスの存在じゃなくなりたい!

・しかも、毎日やる仕事なんだから、やりがいを感じたい
「仕事なんだから、嫌なことも我慢しろ」って。それじゃ寂しすぎるじゃない? なんか違う気がする。

この辺りの問題を解決できれば、それこそそのときは、トップセールスになる方法も理解できるようになるかもしれません。

というわけで、まずこの目の前の「とりあえず売れるようになる」というゴールに到達する方法こそ、あなたに今必要な情報なのです。

つまり「営業で100点を目指すやり方じゃなく、あえて70点を目指すやり方」。これがその答えというわけです。ちなみに、この営業で70点を取るためのやり方というのは、新しいノウハウなんかじゃありません。ずっと前からあったノウハウです。ただ、ちゃんと語られる機会がほとんどなかっただけなんです。

ご感想はこちら

プロフィール

中尾隼人
中尾隼人

株式会社everride(エバーライド )
代表取締役

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。もともと人見知りの性格だったため、会社から教えられた一般的な営業手法が肌に合わず、見事に落ちこぼれ街道まっしぐら。そんな中、生き残りをかけてしゃべりが上手くない自分でも成果をだすための営業方法を試行錯誤する。

その結果、営業が得意じゃない自分でも売込みをせずにモノが売れる「人を引き寄せる手順」を確立。おちこぼれだった状態から全国No.1の記録を作るだけじゃなく、145日連続契約という記録も生み出す。所属部署において最速でチーム主任に抜擢されてからは、営業が苦手だった部下にも連続契約を達成させるなど、営業チーム育成コーチとしても実績を残す。

2012年に独立し、株式会社everrideを設立。現在は当時の「人を引き寄せる手順」を営業・求人向けの研修や広告制作に応用し、全国の営業苦手なスタッフを抱える企業や、人材不足で悩んでいる企業をサポートしている。

「営業は70点採れれば十分に成果が出る、そして70点なら誰だって取れる」というコンセプトで研修・コーチングを行い、今まで全く契約や売り上げがゼロだったスタッフが3ヶ月でドンドン目標達成をするなどの事例を量産し続けている。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載