営業マンは70点主義でいい

自分をきちんと知れば、営業が自然に楽しくなる

2018.10.17 公式 営業マンは70点主義でいい 第4回
Getty Images

どこだって今の職場よりはマシなんじゃ……

自分に自信が持てないと、営業や仕事で上手くいかないたびに、「だってそもそも自分には向いてないし……」なんて思ってしまうから、何をやっていても楽しくない。そうなると、みんな行き着く先は同じ。転職することばかり頭の中を駆け巡っちゃうものです。いろいろな転職先を見ていても「今の職場よりはマシなんじゃないか」と、都合のいい理想の職場を勝手にイメージしてみたり……。

今回は、そんなあなたにこそ伝えたいテーマです。
それは「自分自身を知る方法」についての話。自分の本来の強みを見つけて、今のストレスの日々から抜け出すきっかけをつくる。この話を最後まで聞いてくれたら、少なくとも今までよりも仕事や毎日の生活が楽しく感じられるようになると思います。だから、騙されたと思って耳を(目を?)傾けてください。

自分を知っている人と知らない人の分かれ道

そもそも、今さらどうして自分のことを改めて知る必要があるのでしょう? その答えは簡単。そのくらい、メチャクチャ大事なことだからです。このステップを飛ばしてしまうと、どんな仕事をやっても楽しいと思えないはず。なぜなら、自分自身が向かうべき方向性や望みがはっきりわかっていないということは、到達すべきゴールがわからないってこと。ゴールがわからない状態で仕事をしているということは、絶対に達成感を味わうことができないってことになります。

もちろん、ときどき人から感謝されたりすることで気持ちが満たされる瞬間はあるはず。でも、どうすれば繰り返し相手の役に立てたり、感謝される状況をつくれるのか? どうすれば「自分が満足する方法」で、そんな状況を意図的につくれるのか? ここらへんが未知ですよね。だから、もしこの問題が解決できるとしたら、あなたのココロの健康度は一気に上がるはず。

そのための、第一歩が「自分自身を知る」ことです。でも今さら自分自身のことを知るってどういうことだって思いませんか? でも実は、ここが重要なポイント! 自分自身のことでも、「強み」や「魅力」とか、特定の分野については自分では見えにくいところがあるんです。突然「あなたの魅力ってなんですか?」って聞かれてすぐに答えられますか? たぶん出てこないですよね。そういうことなんです。

えっ、ココなの? 自分の強みが見つかる意外な場所

あなた自身の本来の強みや魅力、そして進みたい方向性とか。どうしてこの辺りが自分では見えづらいのかというと、それは“あなたが探している場所”が間違っているからなんです。この“探す場所”っていうのが重要。

実は自分の強みっていうのは「背伸びをしてたどり着けるかなぁ?」っていうくらい遠く先にあるものじゃない。あなた本来の強みっていうのは、すでに目の前の足元にあるものです。まさに「灯台下暗し」ってこと。

どうして足元に落ちているものが強みになるのか? それはとても単純なこと。そもそも「強み」とか「魅力」っていうのは、言い換えれば、あなたの「他人よりも少し優れているところ」ですよね? だからあなたの魅力は、あなた自身が背伸びなんかせずにできていたり、考えていたりすること。それが周りの人にとっては「魅力」として映っていることになる。とても単純なのに盲点ですよね?

ご感想はこちら

プロフィール

中尾隼人
中尾隼人

株式会社everride(エバーライド )
代表取締役

1500人規模の上場企業で、営業未経験であったにもかかわらず毎年TOPセールスを記録。もともと人見知りの性格だったため、会社から教えられた一般的な営業手法が肌に合わず、見事に落ちこぼれ街道まっしぐら。そんな中、生き残りをかけてしゃべりが上手くない自分でも成果をだすための営業方法を試行錯誤する。

その結果、営業が得意じゃない自分でも売込みをせずにモノが売れる「人を引き寄せる手順」を確立。おちこぼれだった状態から全国No.1の記録を作るだけじゃなく、145日連続契約という記録も生み出す。所属部署において最速でチーム主任に抜擢されてからは、営業が苦手だった部下にも連続契約を達成させるなど、営業チーム育成コーチとしても実績を残す。

2012年に独立し、株式会社everrideを設立。現在は当時の「人を引き寄せる手順」を営業・求人向けの研修や広告制作に応用し、全国の営業苦手なスタッフを抱える企業や、人材不足で悩んでいる企業をサポートしている。

「営業は70点採れれば十分に成果が出る、そして70点なら誰だって取れる」というコンセプトで研修・コーチングを行い、今まで全く契約や売り上げがゼロだったスタッフが3ヶ月でドンドン目標達成をするなどの事例を量産し続けている。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載