年収1000万円を実現する“ひとり起業術”

個人事業主でも「年収1000万」を超える売り方

Getty Images

ほとんどの個人事業主が知らない!?

個人事業主で仕事をスタート!
そんな時期はお客さん一人ひとりがとにかく大事。だから『うわっ、ちょっとこの人面倒くさそうだな……』なんて感じても文句は言えません(泣)。
売り上げが軌道に乗るまでは、ガマン・ガマンです。

今日は、今まさにそんな悩みを抱えていたり、これから起業を考えているあなたにこそ教えたい、『ムダなストレスを回避しながら売上を倍増させる』お話。
大企業では当たり前にやっているのに、個人事業レベルではほとんどの人が知らない「お客さんからの売上を最大化するための方法」を紹介したいと思います。

ひとりブラック企業、はじめました

僕が起業家のサポートをしている中でよく耳にする悩みといえば……、
・商品が単発でしか売れず、お客さんのリピートがない
・リピートがないから、常に新規顧客を集め続けなければいけない
・毎日やることに追われて、忙しいわりに手元にお金が残らない

こんな悩みがとても多いです。
自分で事業を始めることでサラリーマン時代よりも『自由な時間が増えてお金も稼げる生活』をイメージしていたのに。実際は、休みなしで働きまくる毎日。
とはいえ、何かを成し遂げている実感もなく、とにかく時間だけが過ぎていく。

そしてふと、起業してからの自分の時給を計算して驚愕!
「普通のアルバイトの時給よりも全然安い!」という、まさかの事態。
もはや『ひとりブラック企業』状態です。なんかドラマみたいな話ですが、これって「個人事業主あるある」なんですよね。

ほとんどのフリーランスが
年収1000万を超えられない理由

さて、こんな状態に陥る人には、ある共通点があるのをご存知ですか?
この共通点に気づくことができると、同時に抜け出す方法もわかります。

その共通点とは
『自分目線の売り方』
をしていること。この落とし穴にハマってしまうと、さっき言ったような問題がわんさか出てきます。

ではこの『自分目線の売り方』って、一体何なんでしょうか?
実際にあった、フリーランスのデザイナーさんの事例で説明しましょう。

『フリーランスWebデザイナーAさんの事例』
・提供している商品:Webサイト制作
・案件の数:毎月1~2件の依頼がある
・悩み:売り上げが増えない。もっと案件を増やしたいけど月に3件が限界。しかも、面倒なお客さんに当たるとそのお客さんの作業だけで1日が終わってしまう。このままだと、フルで作業しても年収1000万には到達できない

どうでしょう、もしかしたらあなたの周りにも似た方いませんか?
実はこういう人、めちゃくちゃ多いと思うんです。案件を増やしたいけれど、もはやキャパシティの限界が近い。「キャパシティの限界=収入の限界」ですからね。

さて、このケースでは一体何が問題なのでしょうか?
一見、他に”やりよう”がないようにも見えます。そこでヒントになるのが『自分目線の売り方』です。

では答えです。
問題点は『Webサイト制作をひたすら売ろうとしていること』です。

ではどうすればよいのかというと……、ここがポイント。
『相手目線での売り方』をすることです。

具体的にどういうことなのか、今度はAさんのお客さんでリフォーム会社のB社の目線で考えて見ましょう。

『リフォーム会社のB社目線の悩み』
・抱えている悩み:周りに競合も増えてきて問い合わせが少しづつ減ってきている
・望む未来:問い合わせを安定的に増やしてリフォーム案件の受注を増やしたい。
・そのための課題:サイトをリニューアルしたり問い合わせを伸ばす方法を見直す。

これまた、あるあるな悩みですね。こういう業界はとにかく問い合わせの量が売上に直結しますから、その方法を模索しているはずです。
当然この課題を解決するために、Aさんにお声がかかったわけです。さてここで情報が出揃ったので、おさらいしてみましょう!

B社の課題:問い合わせを増やして受注件数を伸ばしたい。
Aさんが受注した商品:Webサイト制作

さて、問題点が見えてきましたか?
実はAさんは、とんでもないチャンスを逃しているうえに、自分でキャパシティの限界を早めてしまっています。

ご感想はこちら

プロフィール

中尾隼人
中尾隼人

株式会社everride(エバーライド )
代表取締役

営業コーチング/マーケティングコンサルタント。1979年生まれ、宮城県仙台市出身。
2005年、1500人規模の上場企業に入社。
かなりの口ベタ、人見知りで営業未経験だったにもかかわらず、初年度からトップセールスとなる。与えられたマニュアルに疑問を感じ、自身の営業方法を体系化、売り込まずに商品を販売する方法として独自メソッド「人を引き寄せる手順」を確立させ、143日間連続で契約を受注し社内記録を打ち立てる。

現在は、セルフイメージでブロックがかかってしまっている人の潜在能力を引き出すためのコーチングなどをメインに、全国の営業を苦手とするスタッフを抱える企業や団体から研修依頼が殺到している。

著書

営業マンは70点主義でいい。

営業マンは70点主義でいい。

アルファポリスビジネスの人気Web連載が書籍化! 「営業マンは100点満点ではなく、あえて70点を狙ったほうが、実は結果として継続的に成果が出...
出版をご希望の方へ