一生折れないビジネスメンタルのつくり方

名越康文 「老害」と切り捨てずに「世代を越えたチーム」をつくるために必要なこと

Getty Images

「老害」が若手の芽を潰している?

いつの頃からか、「老害」という言葉を耳にするようになりました。ビジネスの世界においては、若手の新鮮なアイデアをよく考えもしないで潰してしまったり、古い常識に囚われたまま、若手に非効率な仕事を押し付けたりする年配のビジネスマンを揶揄(やゆ)する表現として、使われているようです。

職場での「世代間ギャップ」による問題は、いつの時代もよく言われることですし、実際、そういう「老害」的な側面を持った上司や先輩ベテラン社員によって若手の活躍がはばまれているケースというのは、現実に起きていることなのだろうと思います。

でも、若手の提案に対して「ちょっと渋い顔」をしてみせる年配のビジネスマンのすべてを、「老害」と切り捨てるべきなのか? というと、それはちょっと「行き過ぎ」かもしれません。

というのも、経験を積んだビジネスマンたちが、若手の斬新な提案に対して慎重になるのは、単に「世代の違う若手の考えをまったく理解することができないから」だけではないと思うからです。

「おじさん」が若手の提案に慎重になる理由

若い社員が、斬新なアイデアを思いつく。「これはいいアイデアだ!」とばかりに上司に伝えると、中高年の上司は渋い顔で「うーん」と首をひねる。その反応を見て、若手は「ああ……、やっぱり世代が違うから、僕たち若者の発想を理解できないのだな」とがっかりする……。若手の立場に立てば、そういう印象を受けるのも当然です。

実際、時代によって移り変わる「流行」というものはあって、この点についていえば、世代によるギャップは確かに非常に大きいといえます。10歳、場合によっては5歳でも年齢が違うと、流行の話題についていけない、ということはあります。

ただ、「流行についていけない」からといって、その人が、ビジネスにおいてもまったく判断力を失っているかというと、そうとは限らないはずです。実際に、60代、70代になってもビジネスマンとして一戦で活躍している方はたくさんおられます。本質的な意味でのビジネスの実力に、年齢はほぼ関係がありません。

多少、流行にはついていけなくなったとしても、「このビジネスを成功させるにはどうしたらいいか」「人の能力を引き出すにはどうしたらいいか」といった、ビジネス一般に通用するような物事の理解力や経験、知識というのは、年齢とともに高まっていくことも少なくないでしょう。加齢によって体力が低下したとしても、ビジネスの世界には60代、70代といった年齢を超えて(中には80代になっても)、ますますすごい仕事を成し遂げていく人たちがたくさんいます。

経験豊かなビジネスマンたちが、若手の斬新な提案に対して慎重になる。そこには、流行や若者の感性についていけていないというのではなく、それなりの「理由」がある場合が少なくありません。

それはひと言でいえば「このままこのビジネスのスタートを切って、本当によいのだろうか」という懸念なのです。

「老害」という言葉が生まれにくい職場をつくるのが理想

最前線でたくさんの経験を積んだビジネスマンほど、新しいビジネスを立ち上げるときのリスクや困難、あるいは押さえておかなければいけないポイントをたくさん知っています。若手の提案に首をひねっているベテラン上司は、別に部下のアイデアを全否定しているわけではないのです。いやむしろ発想や、目の付け所には感心しているのかもしれない。しかし彼らの長年の経験が、その発想のよさを評価するより先に、「このアイデアが、現実のビジネスとして地に足がついたものになるだろうか」という心配を募らせ、表情を曇らせてしまうのです。

私はいつもこう思います。心配は光のように広がり、安心は雲のように広がると。

つまり、どんなに素晴らしい要素がそのプロジェクトの中にあったとしても、ごく一部の欠点や不安要素が見つかると、それは一瞬のうちに、意識全体に広がってしまうものなのです。

ただその一方で、ベテランにはまたその不安を払拭できるだけの、豊富な経験があります。
(アイデアとしては素晴らしい。でも、このまま若手が勢いに任せて突っ走ってしまったら、7割方、このプロジェクトは失敗するのではないか……。じゃあ、成功のために必要なことはなんだろう……?)

若手が「ああ……、やっぱり世代が違うから、僕たち若者の発想を理解できないのだな」とがっかりしている隣で、実は、上司の頭の中は、心配でいっぱいの状態から、前向きな思考に切り替わろうとしている、ということも少なくないのです。

経験の少ない若手は、上司ほどには多角的にアイデアを吟味することはできません。むしろ、「これほど素晴らしいアイデアは、早く実行に移さないといけない」「ぐずぐずしていたら他の会社に先を越されてしまうかもしれない」と考えてしまい、拙速(せっそく)に行動に移して失敗する、ということは往々にして起きることです。斬新なアイデアを、ビジネスとして「形」にしていくためには、ベテランの意見を取り入れることは大きな力となるはずです。

誤解のないように申し上げておきますが、これは別に、「経験値の乏しい若手は考えが足りないから失敗しやすい。とにかく上司のいうことを聞いておいたほうがいい」ということを言いたいわけではありません。

そもそも、ビジネスは、経験豊富なベテランだからといって成功するものではありません。むしろ、下手に経験や思い込みが少ない若手のほうが、それまでの枠組みにとらわれず、大きな成功を収める、というケースは有り余るほどあります。

「どれほど素晴らしいアイデアであっても、順を追って、リスクや問題を解決しておかないと失敗する」という感覚から慎重になるベテランと、「早く手をつけなければ先を越される」という焦りに囚われた若手。もしも両者がお互いに、もう少し丁寧に自分の疑問点を説明し、相手と分かち合うことができれば、とても建設的な話になり、より強固で新しいプロジェクトが生まれる可能性があるのです。

そういう観点に立つなら「老害」とは、ただ「話の通じないベテラン」を指すのではなく、「できるかできないか」の二者択一に陥り、互いの観点のズレを吟味することを忘れて反目し合っている状態そのものを指すのかもしれません。

ご感想はこちら

プロフィール

名越康文
名越康文

精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。
臨床に携わる一方、TVやラジオ番組でのコメンテーターや映画評論、漫画分析など、さまざまな分野で活躍する精神科医。
近著に『「SOLO TIME」ひとりぼっちこそが最強の生存戦略である」』などがある。

出版をご希望の方へ