人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩

どうにもならない「自分の中の闇」との、上手な付き合い方

Getty Images

「自分の中の闇」に気づく

しかし、そう簡単にこのような受け止め方をするのに抵抗を感じることもあると思います。そこで、その気持ちを和らげられる教えがあります。それは「闇があるから照らすということがある」(『仏教聖典』)という仏教の言葉です。

人にはさまざまな闇の部分があります。「妬み」「そねみ」「恨み」など、誰しも他人には話すことも、見せることもできない姿があると思います。
これは「煩悩(ぼんのう)」というものですが、自分の闇の部分に目を向けるということは、決して気持ちのよいものではないでしょう。むしろ目を背けたくなるものだと思います。

しかし、闇を闇として把握できているということは、それを照らすことができる自分もいるということです。これが「悟り」の道へつながるというのが、この仏教の言葉の意味です。

自分の闇と向き合い、それを認めるというのは、辛いことかもしれません。ついどうにもならないことを考えてしまうのは、どこかで自分の思い通りにしたいという「不満足の心」がはたらいているからだと思います。
正直なところ、何にも満足できない自分の姿を認めることは、本当に勇気のいることだと思います

しかし、その辛さや恐怖を乗り越えて、自分の闇を受け止めることができれば、それがそのまま光となり、自分にとってかけがえのない大切な教えとなります。これが闇を照らすということだと思います。

日常生活において、このように自分と真剣に向き合う時間を持つことは難しいでしょう。そんな場合は、お寺をはじめとする宗教施設を利用したり、何か特別なことが必要だと思う方もおられるかもしれません。

しかし、必ずしもそうではありません。実はすぐ身近なところで、この貴重な時間を持つこともできるのです。その代表例として「どうしようもないことを考えてしまう時間」があるのではないでしょうか。

この考え癖は今後も続くことでしょう。テコ入れをしなければ、ただの悪い癖に変わりはありません。
しかし、この時間を有効的に活用するように心掛ければ、嫌な時間と思っていたことを、よい習慣(自分と真剣に向き合う時間)に変えることができるのではないでしょうか。

何もしなければ、何も変わらないということを忘れずに、今後は過ごしてみて下さい。

「本連載をまとめた書籍「楽に生きる」が絶賛発売中!!」

次回に続く

 

ご感想はこちら

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家/翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

楽に生きる

楽に生きる

アルファポリスビジネスの人気連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」が、「楽に生きる」という書名で早くも書籍化!! 何気ない日常の中...
訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ