人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩

「老い」を楽しんで人生を豊かにする方法

Getty Images

「老い」を感じるのがつらい

歳を重ねるなかで、ふと感じることに「老い」というものがあると思います。いつ、どこで、何に「老い」を感じるかは、人によって個人差があると思います。

「もの忘れが多くなった」「手が乾燥して物を思うように扱えなくなった」「食が細くなった」「何をするにも時間がかかるようになった」「やる気がなかなかおこらない」など、身体的・精神的に感じる「老い」には、さまざまあると思います。

「老い」を感じたときは、悲しみ、虚しさ、喪失感、ときには嫌悪感といったようなものが混ざった、何とも表現しがたい気持ちになるのではないでしょうか。

「老い」というものを抵抗なく、すんなりと受け入れることができれば何ら問題はないのですが、なかなか素直に受け入れられないのが本当のところでしょう。

そんなときに気持ちを楽にするのに役立つ考え方を、今回は紹介致します。

~プラスに転換する考え方~
「老い」はマイナスなことではない

一般的には、「老い」をマイナスなこととして受け止める方が多いと思います。しかし、「老い」はマイナスという発想を逆転させ、プラスに捉え直してみましょう。

そのためには、そもそも「老い」とは何なのかを、いま一度考え直す必要があります。「老い」を辞典等で調べてみると、大きくわけて二つの意味があります。
一つは、身体的に老化することです。
そして、もう一つが家庭、地域、職場などでの社会的変化・退行を伴う現象です。

注目すべきことは、二つ目の意味です。これが「老い」に対する発想の変化に繋がる鍵となります。
どういうことかというと、さまざまな場の社会的変化・退行を「縁熟(えんじゅく)」と理解するのです。

この場合、「えんじゅく」と聞くと、一般的には「円熟」という漢字が当てはめられると思います。「円熟」は、人格・知識・技術などが円満に発達し、豊かな内容をもっていることを意味します。「老い」をプラスに捉える解釈としては、的確な表現だと思います。
しかし、実際の生活においてはそう素直に受け止められない場合が多いのが本音ではないでしょうか。

いくら自分の経験が評価されるべきものであると言われても、周囲から本当に認めてもらい、評価してもらえるかという点については、現実的には疑わしいと思う方も多いことでしょう。
すると結局は、「老い」をマイナスなものとして感じざるをえなくなってしまうのです。

では、どうするかというと、一度「老い」は「老い」であって、マイナスでもプラスでもなく、ただ自分の身に起きている現象だと受け止めるのです。

ここで重要になってくるのが、「円熟」ではなく「縁熟」という表現と考え方になります。

ご感想はこちら

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家/翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

楽に生きる

楽に生きる

アルファポリスビジネスの人気連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」が、「楽に生きる」という書名で早くも書籍化!! 何気ない日常の中...
訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ

公式連載