友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術

コミュ障社会人でも「お、仕事できるな!」と評価される、ちょっとしたコツ

コミュ障だと「使えないヤツ」と思われやすい

コミュ障はコミュ障であるがゆえに、「使えないヤツ」「キモい」「話が通じない」「何も考えてないバカ」「空気すぎて名前が思い出せない」というレッテルを貼られがちです。

いくら裏で努力しようが、頭の中でいろいろ考えていようが、周囲に伝わっていなければ関係ありません。

仕事において、このレッテルは致命傷。人は「何を」言っているかより、「誰が」言っているかに影響されるものだからです。レッテルを貼られた時点で、どんなに良い意見であっても、どんなに利益を生むアイデアであっても、聞いてさえもらえないのです。

なので、これらレッテル貼りの回避のためにも、「デキるヤツ」「使えるヤツ」「打てば響くヤツ」「真面目で頼りになるヤツ」「一家に一台欲しい」という印象を植えつける必要があります(だってこんなに真面目に頑張ってるのに、伝えるのが苦手ってだけで評価されないなんて悔しいじゃないか!)。

では、どうしたら良いのでしょうか。

その方法を、コミュ障すぎてキャリアを台無しにしてきた私、末岐(すえき)が本連載を通して解説していきたいと思います。

私は、コミュ障のせいで数々の失敗をしてきましたが、今ではフリーのエンジニアとしてそこそこ稼げるようになりました。
とはいえ、今でもしっかりコミュ障です。
未だに初対面の人と会うと緊張で震えますし、自分の意見を確実に伝えたいときは、会話の前に自分が言いたいことを書き出したりします。
しかし、そんなふうにコミュ障の苦しみがわかるからこそ、コミュ障でも稼げる技術について具体的な提案ができると思います。
また、これから解説する技術は「職場のコミュケーション」に関わることなので、コミュ障だけではなく、多くの社会人にとって役立つはずです。

そもそも、なぜ対面だとうまく話せないのか?

メール・チャット・電話だとうまく話せるのに、対面すると自分の意見が言えなくなってしまう。こういう悩みを持つ人はコミュ障に限らず多いと思います。

理由はいろいろ存在するでしょうが、その大きなものの一つに、会話の瞬発力に問題があるからというのがありそうです。

コミュ障でない人は、「~についてどう思いますか?」と聞かれたとき、純粋に自分が「どう思うか?」だけを考え、その場で答えることができます。
しかし、コミュ障の傾向がある人はそもそも会話にきちんと集中できません。

私の場合は、相手が無表情なだけで「え、もしかしてなんか嫌われてる?」とか、「わたし、鼻毛出てる?」といったノイズが頭の中に発生します。それで、「うーん」とか「えー」とか音を発しながら、最終的には「あれ、何の話でしたっけ?」ってなります。

YesかNoだけを聞かれているクローズドクエッションの場合でも、「会社としては〜って方向に進めたいはずだからYesって言ったほうが良いのかな? でも何でYesって言ったのか根拠を求められたら説明できない。何でYesが良いんだろう? 相手にとってどんなメリットがあるんだっけ?」という具合に、現実の会議そっちのけで頭の中で別の会議が始まります。
そうした場合、周囲に私がどのように見えているかというと、「えーっとですね……」と言ったきり固まっちゃったよコイツ、になっているわけです。

会話の瞬発力に頼るのをやめよう

私のケースは極端な例だとしても、会話に苦手意識のある人は「その場でうまくやる」のは諦めたほうが良いと思います。

場数をこなすことや訓練によって多少改善するかもしれませんが、コミュ障が生まれついてのものだった場合、それは大きなストレスとなります。私はそうした環境で無理をしすぎたため、心を壊して休職するまで追い込まれました。

苦手なことを無理して治すより、もっと効果的かつ、もっと楽な方法があります。
それが、「対面せずにできることを頑張る」です。

仕事ならば、会議で決めるべきこととか、社内(もしくはチーム内)で課題になっていることとか、仕事の進捗具合とか、「仕事として話し合うべきこと」はある程度予測できます。

だからこそ、その場で考えようとするのではなく、事前に考えて自分なりの結論を出しておくのです。「ゼロから考える」のではなく、「すでに自分の中にある答えを検索して、結果を口に出す」だけでOK、という状況にしておくというわけです。

ご感想はこちら

「友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術」 記事一覧

プロフィール

末岐碧衣
末岐碧衣

フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。

出版をご希望の方へ