友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術

だらしない人でもできる! お金が貯まるようになるスゴい方法

地図を入手する(100歳までのお金のプランを作る)

たいまつを手に入れたら、次は地図の入手です。

ここでの地図とは、100歳までにいくらお金を稼ぐことができるかと、100歳までにいくらお金がかかるかを簡単に計算したデータのことです。これをファイナルシャルプラン(ライフプラン)といいます。なお、年齢を100歳までに設定してるのは、それまで元気に生きたいなという希望を込めて。

さて、100歳まで生きるのは良いとして、なんでその間にかかるお金とかを知らなきゃいけないのか。
それは、知っておくと「将来のためにどれくらい貯めれば良いのか」だけでなく、「今月あといくらまでなら使っていいか」が明確になるからです。

誰でも、不必要に倹約しすぎて疲れちゃったり、必要なところでお金を出し渋ったり、逆に使いすぎてしまったりしたことはありますよね。私はお金を使うのに慎重なタイプなので、ちょっとお金使うだけで罪悪感に駆られたりしていました。それにもかかわらず、全然お金を貯めることができなかったんですよね。

というのも、食費を切り詰めて、お風呂はお湯を変えずに追い焚きで何日も我慢し、エアコンもできるだけ使わないようにしながら、ストレス発散とか言ってチューハイを飲み、朝までAmazonで無駄なものをポチりまくる、という訳のわからないことをしていたんです。ドMじゃないのでキツかった。

じゃあどうやってその状態から抜け出したかというと、手っ取り早くお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)さんにお金を出して相談しました。それで、上に書いた地図を入手したんですけど、そしたら無駄づかいをすっかりやめられました。

ちなみに、最初はケチって初回無料の方に当たりましたが、その人にはドル建て終身保険「スマートドルS」に貯金を全額突っ込め、とアドバイスされました(笑) 渡された保険設計書のとこに「担当:~」って書いてあって、もう担当決まってるなんておかしいやろって気づきましたね。FPっていうか保険のセールスマンですやん、と。あぶないあぶない。こんな感じで、カモられることもあるので要注意です。

とはいえ、まずは無料で相談してみて、プラン作成は一番信頼できそうな人にお願いすると良いと思います。カモられるなんて物騒なことを書きましたが、普通のFPさんならプランくらいはすんなり作ってくれるはずです。

最近だと教育系YouTuberのFPさんがいたりしてたくさん動画を出してるので、動画で吟味してコレだって人に最初からアプローチしたほうがいいかもしれません。優秀な人は最初から有料なことがほとんどですが、相談せずに今後の人生で失うお金に比べたら、数万円の相談料なんて鼻くそみたいなもんです。

相談相手が決まったら、「お金の面で安心していられるプラン」「快適でいられるプラン」「お金持ちになるプラン」といったように、複数のプランを一緒に作っていきます。
ここまでやったら、こんな感じの表ができます。プロの方が作ってくれるのでご安心を。

ファイナンシャルプランの例

数字が多くてちょっと身構えてしまうかもしれませんが、それほど難しいものでもありません。ファイナンシャルプランを作る過程で、このままだと老後どうなるのか、結婚したり家買ったりしたらどうなるか、収入に対する税金の増え方、いつまで働かなきゃいけないのかが見えてきます。

一つ例を取ってみます。女性、33歳、非正規社員、貯金ゼロ、年収300万円、仕事をリタイアするのが70歳という方がいたとして、その人のお金の収支の関係を、適当なグラフにしてみると、たぶんこんな感じになります。

こんなふうに働くのをやめた70歳を機に、急に赤字生活になっちゃうんですよね。イラストのドクロマークの箇所です。
この場合、70歳以降を年金だけで生活しなきゃいけなくなるので、なかなか大変かなと思います。年を取ると病気とか増えますしね。

今度は別のファイナンシャルプランを見ていただきます。
ちなみに、さっきの図でもそうでしたが、年金の受給年齢は今より後ろ倒しになっていると想定して70歳からにしています。

これもさっきの女性なんですが、ぜんぜん違うグラフになりました。違うのは、30代の頃からいわゆる資産運用を始めていること。それで、58歳くらいの早めに仕事はやめて、あとは運用益だけで生活していこうっていうプランです。
資産運用の細かい話はさておき、ここでお伝えしたいのは、少なくとも前者の図よりは楽な生活が送れそうだと思いませんか、ということ。

じゃあ、後者のほうの将来を目指すぞって決めたとします。すると、今使える具体的なお金がいくらなのかはっきりとし、今やっておくべきことが、貯金だったり、投資だったり、転職だったり、はたまた結婚だったり、自然と明確になってくるんですよね。

なお、お金を相談したプロには顧問になってもらって、アフターフォローなどしてもらいながら定期的に相談を続けるのが理想です。
ですが、お金もそれなりにかかるので、ベースの表ができたら、あとは自分で勉強しながらカスタマイズしていっても問題ないと思います。やりたいことによって相談先も変えていく必要がありますからね。たとえば、不動産投資を始めたい、と思ったら不動産に強い人に相談した方が良いですし。私は年に数回スポットで相談するくらいで事足りています。

まとめ

・ざっくり家計簿をつけて、固定費を書き出す
・必要じゃない固定費は削る
・FPさんに相談して、ファイナンシャルプランを作る

 

ご感想はこちら

プロフィール

末岐碧衣
末岐碧衣

コミュ障で友達0人のシステムエンジニア。早稲田大学理工学部卒業。新卒でITコンサルティング企業に入社したものの、コミュ障が爆発し、人間関係が崩壊する。うつにより休職した後は、コミュ障の自覚を持ち、チームプレイを避けて一人でできる仕事に専念するようになる。2015年フリーランスとして独立。一度も営業せず、独立前の年収3倍を達成。

出版をご希望の方へ