上司1年目は“仕組み”を使え!

「仕事は、遊べ!」上司1年目は、ゲームの仕掛けを使え

2021.12.02 公式 上司1年目は“仕組み”を使え! 第15回
Getty Images

あなたの部下は、仕事に行くのが苦痛?
それとも、楽しみ?

「今日の仕事は、楽しみですか。」

先日、そんなキャッチコピーをつけた通勤時間の品川駅の広告が大炎上しました。疲れた顔をして仕事に向かう大勢のサラリーマンたちに、仕事は楽しみかと尋ねるその広告が、痛烈な皮肉であり、無神経であり、「働く人の気持ちがわかっていない」「仕事が苦痛でしかたがない人に冷や水を浴びせるようなキャッチだ」等の批判がネットであふれたのです。

その結果、翌日には掲載取り消しにまで発展したこの出来事。SNSで巻き起こったその騒動を見ながら私は、仕事が苦痛でたまらない人がこんなにもたくさんいるのか、とその反応の大きさに驚きました。

一方で、仕事中毒のような人もいます。何日でも何時間でも熱中して取り組み続け、毎日、ワクワクしながら出勤する人もいます。皆さんはどちらのタイプでしょうか? そして、あなたの部下はどうでしょうか。

「苦しい」「嫌だ」と押し付けられた作業に苦痛を感じながらこなす仕事よりも、中毒のようにハマって自ら行動する仕事のほうが、生産性も高く、アウトプットの質が高くなるであろうことは言うまでもありません。

どうすれば、仕事を楽しめる部下にできるのでしょうか。今回は、仕事にハマる仕組みをご紹介します。キーワードはずばり、「ゲーム化」です。

ゲーミフィケーションで、仕事にのめりこむ

皆さんはゲームは好きですか? ファミコンやプレステなどの家庭用ゲーム機にハマった経験はないでしょうか。最近ではスマホゲームも流行っていますね。スポーツも立派なゲームですし、競馬やパチンコなどのギャンブルもゲームです。ゲームには、人をのめり込ませ、夢中にさせる「仕掛け」があります。

例えば、アプリのゲームとして人気の魚釣りゲーム。スマホさえあれば、誰でも無料で始めることができます。海に釣り糸を垂らして簡単な操作で魚を釣り上げる、ただそれだけのゲームなのですが、ちょっとした暇つぶしのつもりで始めたら、気付けば何分も何時間もそのゲームに費やし、ついには釣竿や船を買うために課金してしまったりします。

最初は簡単に釣れます。すると、小さなご褒美が手に入ります。それは、ゲームの中での魚だったり、ポイントだったり、アイテムだったり、コインだったりします。徐々に難易度が上がって、どの漁場を選ぶのか、どの船に乗るのか、どの釣竿を使うのか、どの餌を釣るのか、だんだんと戦略的にゲームを攻略する必要が出てきます。

どんな魚を釣り、どの程度収集できたのか、釣りの技術はどのくらいなのか、全ては数値化され、ランキング化されます。自分が魚釣りゲームの世界の中でどのくらいのレベルなのかがわかるので、その順位を上げようというモチベーションも働きます。

そして、「このレアな魚を釣りたい」「この種類の魚を揃えたい」「それを釣るためのこの釣竿がどうしてもほしい」「このアイテムを手に入れたい」といったゲーム内で実現したい欲求がどんどん湧き上がってきて、一度100円でも課金してしまうと、お金で手に入るならとみるみる課金してしまうのです。そうしてネットゲームに大金を投じてしまう人たちを「ネトゲ廃人」と呼んで社会問題にもなりました。

スマホの画面上の魚やアイテムを手に入れたところで、リアルな世界でお金に変わったりするわけではありません。にもかかわらず、ゲームの世界にのめり込み、お金をもらうどころか、支払ってまで取り組む状態にユーザーを持っていってしまうのです。

ゲームはなぜそこまで人をのめり込ませるのか。これには、巧妙に設計された「仕掛け」があります。そしてそれは、ビジネスの世界にも応用可能です。ゲームの世界で使われている仕掛けを他の分野に応用することを、「ゲーミフィケーション」と言います。簡単に言えば、ゲーム化することです。いつもの仕事も、ゲームの要素を取り入れることさえできれば、全く違った熱量を部下に与えることが可能なのです。

ご感想はこちら

プロフィール

高野俊一
高野俊一

組織開発コンサルタント。
1978年生まれ。日本最大規模のコンサルティング会社にて組織開発に13年関わり、
300名を超えるコンサルタントの中で最優秀者に贈られる「コンサルタント・オブ・ザ・イヤー」を獲得。
これまでに年200回、トータル2000社を超える企業の組織開発研修の企画・講師を経験。
指導してきたビジネスリーダーは累計2万人を超える。
2012年、組織開発専門のコンサルティング会社「株式会社チームD」を設立、現代表。
部下に仕事を任せ、1人ひとりが目標に燃える「最強のチーム作り」技術に定評がある。
2019年より、アルファポリスサイト上にてビジネス連載「その仕事、誰かに任せなさい」をスタート。
累計100万PVを記録する反響を呼び、このほど改題を経て出版化。

著書

その仕事、部下に任せなさい。

その仕事、部下に任せなさい。

通算100万PVオーバーを記録した、アルファポリス・ビジネスのビジネスWeb連載の書籍化。「部下に仕事を任せられないリーダー」をテーマに、いかに...
出版をご希望の方へ