ピックアップブログ記事

目の前に来たキャッシュレスの時代

2018.08.21 ピックアップ 外から見る日本、見られる日本人

過去に何度か取り上げた話題ですが、この傾向が加速して日本が一気にキャッシュレス社会に向かっていく可能性が出てきました。

日本のキャッシュレスは世界に比べ、遅れているとされます。クレジットカードの使用については過去、小売店側が少額の決済を嫌がったこと、手数料が高いことなどから消費者に現金払いを強いていた気がします。特に家電量販店などでは支払いが現金ではなくカードだと割引率が低くなるため、わざわざ銀行でキャッシュをごっそり引き出していたわけです。

販売側にも悩ましい問題はありました。私のカナダの事業では顧客とはクレジットカード決済が主流ですが、そのカード手数料の高さには辟易としています。Visa,MCでは私の場合、基本が約1.7%台なのですが、そこに様々なフィーが上乗せされ、最終仕上がりは月平均2.1-2.2%ぐらいまで跳ね上がります。

頭に来るのはプラチナカードやリワードプログラムが充実しているカードホールダーの手数料は通常よりはるかに高いのです。顧客のポイント分を販売側が払っているような仕組みなのです。また、Amexの費用はVisa,MCに比べずっと高く、我々としてはあまり扱いたくないカードの一つです。

一方、デビットカードですと手数料はいくら引き落としても同じ金額で極めて安い手数料です。個人的にはデビットカードにシフトしたいぐらいですが、「信用機能」がないため、追加請求が発生した時に対応できないことが問題です。ホテルなどもクレジットカードを求めるのはそこでしょう。

よって業種によってはクレジットカードは今後も存続すると思いますが、いわゆる少額決済や単発決済はデビットカード、ICカード、それに今後普及するであろうQRコード決済の時代になることは時間の問題と考えてよいと思います。

この背中を押すのが政府ではないか、と考えています。政府のメリットは大きいでしょう。一つは紙幣を流通させるコストが急減し、偽札対策も緩和されます。また2020年のオリンピックに向けて外国人の利便性を高めることもあります。

が、最大のメリットは税務当局だと思います。小売店側からすればすべて電子記録が残るため、「ざる勘定」が出来ません。逆に顧客からすれば支出履歴が残ってしまうという不便さがあり、後で何かあって調べられたら分かってしまう可能性が高いという透明性が出ます。

逆に日本はキャッシュ故の不透明な支出を許してきた、とも言えます。ではキャッシュがなくなったら困るビジネスは何でしょうか?縁日や屋台、一部の飲食店、個人商店、アダルト系、反社会的グループ関連のビジネスなどは困るでしょう。公衆浴場ではお年寄り対策としてIC系カードではないと難しいかもしれません。

一方、小口カード決済を早急に普及すべき業界はタクシー、ファーストフード系が思いつきます。例えばラーメン店などで初めに自販機でチケットを購入するのは顧客サービスの観点からして「いかしていない」と思います。座ってメニューみて注文してQRコード決済にした方がずっと気楽です。

いまだに現金至上主義のような方もいらっしゃいますが、個人的にはもう勘弁、と思っています。私はカナダのビジネスで現金扱いが一切なくなり、業務効率性は大きく改善しました。

使う方も受け取る方も「習うより慣れよ」だと思います。

では今日はこのぐらいで。

ご感想はこちら

プロフィール

岡本裕明
岡本裕明

バンクーバーと東京で不動産事業を展開しています。カナダ在住25年、外から見る日本や世界の様子をブログを通じて8年間毎日欠かさず発信。ユニークな視点で経済、政治、社会、日本人論を攻めます。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載