ピックアップブログ記事

アイオワ実験~生産性が最も上がるリーダーとは!?~

こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「アイオワ実験」について考えてみたいと思います。「アイオワ実験」とは・・・・・・アメリカの心理学者のレヴィンが行った実験で、どのようなタイプのリーダーが優れているかを調べたものです。

リーダーのタイプは、
1.専制的リーダーシップ
2.自由放任的リーダーシップ
3.民主的リーダーシップ
の3タイプです。

実験の結果は次のとおりです。
1.専制的リーダーシップ
全てのことをリーダーが決め、構成員は指示されないと動かない状態である。短期的な成果を上げるには効果的であるが、長期的には構成員の反感を買い生産性は低下していく。

2.自由放任的リーダーシップ
リーダーは、構成員に対して何も指示を出さないため、生産性は全く上がらない状態となる。

3.民主的リーダーシップ
リーダーは、構成員に関係することを構成員の合議により決めさせ、構成員の自主性、創造性を高めようとする。組織としての一体感が増し、高い生産性が得られる状態となる。

実験の結果、民主的リーダーシップの時が最も構成員の意欲が上がり、生産性も高くなることが分かりました。

経営者は社員の生産性を向上させることを常に考えていなければなりません。そのためには、自らが民主的リーダーシップを発揮できるように意識する必要があります。経営者が民主的リーダーシップを発揮し、社員の生産性を向上させることができれば、いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

ご感想はこちら

プロフィール

池田至郎(税理士・中小企業診断士)
池田至郎(税理士・中小企業診断士)

税理士・中小企業診断士・行政書士をしています。
夢に向かって挑戦する経営者の皆様をサポートすることが使命であると考えています。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載