離婚し、2人の子どもを育てながらコンサルタントへ

2021.02.10 WEDGE Infinity
(emma/gettyimages)

 今回は、経営コンサルティング会社・アイコンテンツ代表取締役社長の吉野太佳子さんに取材を試みた。

 吉野さんは京都芸術短期大学(現:京都芸術大学)を卒業後、大手不動産会社、商社系ブランディング会社を経て入社した大手製造企業のグループのIT会社で経営やマネジメントに目覚める。「女性は、男性を支える役割」であった前職までと異なり、大手製造企業では男性と同じように、仕事に対して期待と責任を与えられた。

 この驚きと感謝の思いをきっかけにマネジメントや経営に魅力を感じるようになる。会社員をしながらシングルマザーとして2人の子どもを育てる一方、勉強を7年間続け、難関と言われる中小企業診断士の試験に合格した。

 経営コンサルタントとして2015年に独立し、2年後に株式会社アイコンテンツを設立。中小企業を中心にIT・デジタルの戦略支援などを行う一方で、国をはじめとする公的機関の中小企業経営相談も担当する。2018年には明治大学経営学研究科経営学専攻を修了(MBA)し、明治大学経営学部特別講師、ハリウッド大学院大学講師を務める。

 吉野さんにとっての「使えない上司・使えない部下」とは…。

「全員経営」の影響を受け、私も経営に関わってみたい

 現在の会社を創業したのは、勤めていた大手製造企業での影響がとても大きかったと思います。

 そこは大手製造企業のグループであるIT会社で、従業員が数百人いました。2003年に中途採用により入社したのですが、初めて「経営」といった言葉に触れました。その会社や親会社の大手製造企業では役員や管理職を始めとする従業員が「全員経営」という言葉を使い実践していました。性別や役職、在籍期間、配属部署や職種に関係なく、全員が経営に関わる意識を持ち、仕事に取り組んでいました。

 それまで勤務してきた会社では、経営を意識することなく、与えられた仕事をこなす、いずれも一般職(非管理職)であり、自分の役割は男性上司の補佐をするものと考えていましたし、実際にそうした役割が多かったのです。

 「全員経営」の影響を受け、経営への意識が芽生え、経営に関わってみたいと思うようになりました。中小企業を経営していた父親の影響もあるのかもしれません。小学生の頃、父は自宅で金融機関とのやり取りを話す機会がありました。その内容は今も覚えています。

 会社に入ると同時に、いわゆる逆出向のようなスタイルで親会社に勤務するようになりました。私のこれ以前の大手企業の勤務経験や前職でのIT、デジタルに関する仕事の経験から、情報化担当として全社IT推進プロジェクトに携わりました。

 この職場では、女性であることで不愉快な思いをしたり、ハンディを感じたのは1度もありません。むしろ、会社全体で女性社員にとても配慮する風土がありました。それ以前に勤務した会社ではなかったことです。

 例えば、プリンターの用紙がなくなった時に倉庫に用紙を取りに行こうとした時です。男性の部長が「それは私の仕事ですから、あなたにさせるわけにいかない」と話し、本当にびっくりしたことを今も記憶しています。

 そして所属したチームの上司(課長、男性)に初めてお会いした時、ずいぶんと期待されていることを実感しました。「期待される」ことは社会人になって初めての経験でしたから、とても印象に残っています。なぜ、こんなに期待をしてくれるんだろうと不思議に思ったほどです。

 上司は日頃から「いろんなタイプの人がいるから、組織は強くなる」と話しており、人材の「適材適所」という言葉を使っていました。こんな頃から、経営やマネジメントのことをもっと知りたいと強く思うようになったのです。